【次回展覧会予告】若き激情の画家 小野幸吉

  • 【次回展覧会予告】若き激情の画家 小野幸吉
  • 【次回展覧会予告】若き激情の画家 小野幸吉

2017年1月7日(土)~ 2月20日(月)

夭折の画家・小野幸吉の大回顧展を開催します。

現存する作品は50点ほどと言われており、そのうち約40点を本間美術館で保管・収蔵しています。

当館でしか開催できないであろう小野幸吉展は必見です!

 

 

小野幸吉は、明治42年(1909)酒田に生まれました

幼少より病弱でしたが、16歳の頃から絵に熱中し酒田中学(現酒田東高校)を中退して上京。そこで太平洋画会研究所や川端画学校、一九三〇年協会研究所などで本格的に絵を学びます。

小野の作品は、一九三〇年協会展(独立展の前身)、槐樹社展、国際美術展、第26回二科展にそれぞれ入選し、20歳頃にはすでに高い評価を受けていました。

 

本展では、病状が悪化しながらも描ききった代表作であり絶筆の「ランプのある静物(A)」をはじめ、持病であった鼻血を嫌い、自身の鼻を塗りつぶして描いた「ガウンを着た自画像」や身近な風景など、どれも若き激情の画家の等身大の姿が映し出されているようです。

鋭い感性から生み出される、痛いほど鮮烈な美をご覧ください。

 

 

2016.12.18:homma-m:[コンテンツ]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 89件
昨日 85件
合計 388,541件