展示作品が「芸術新潮」で紹介されています。

  • 展示作品が「芸術新潮」で紹介されています。
  • 展示作品が「芸術新潮」で紹介されています。
  • 展示作品が「芸術新潮」で紹介されています。

美術愛好家なら一度は手に取ったこのあるであろう『芸術新潮』。
その4月25日発売の5月号「特集 若冲 水墨ニューウェイヴ」で、当館所蔵で現在展示中の≪円山応挙 虎皮写生図≫と≪長沢芦雪 四睡図≫が紹介されています。

 

≪円山応挙 虎皮写生図≫は「奇想4人衆、龍虎くらべ」のコーナーで、若冲・蕭白・応挙・芦雪の虎をくらべた際、応挙は虎を採寸していたという資料として、≪虎皮写生図≫の一部が紹介されています。
 

≪長沢芦雪 四睡図≫は「かわいい江戸の水墨画」のコーナーで、可愛らしくユーモアのある虎として紹介されいます。
 

 

この2点は現在開催中の「円山応挙と京都画壇」で展示中です。

 


5月10日までの展示となっておりますので、この機会にぜひ生でご覧ください!

 

 

 

 

2016.04.24:homma-m:[コンテンツ]

芸術新潮で拝見しました。

寅の掛け軸が好きなものです。おたずねします。ゴールデンウイークに是非伺いたいのですが車いすでの鑑賞も大丈夫でしょうか?
2016.04.29:淸藤重正:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 30件
昨日 101件
合計 401,741件