HOME > 三女

とある朝の

  • とある朝の
車の窓についた水滴を、
てっきり車が頑張って汗をかいていると思っていた娘3です。

お姉ちゃんから、
それは雪が溶けたやつなんだよーと教えられても、
がんとして譲りませんでした(笑)

そんな、とある朝の物語。通勤のBGMには最適です。
hizuki:[三女]

ハグ

  • ハグ
愛情を、伝えようにも、
気持ちに、言葉が追っつかないので、

とりあえずハグ。ハグ誤魔化しの術。

君らが寝た後で、そんな気持ちを、
何とかかんとか、言葉にするのです。

このポストが、いつか君らに届くのか、
届かないとは、思うけれども。
hizuki:[三女]

お出かけ

  • お出かけ
おし、みんな出かけるぞー。
つったら末っ子がコレで来た。

おっと、まじかー。
hizuki:[三女]

姉ちゃんの手

  • 姉ちゃんの手
手袋よりも、姉ちゃんの手の方が、あったかいやな。

いつか、いつでもいいけど、思い出せ。
hizuki:[三女]

クリエイティビティ

  • クリエイティビティ
一瞬だけ目を離してしまった事を後悔するよりも、

一瞬で日常を遊びに変える
お前らのクリエイティビティを讃えようじゃないか。
hizuki:[三女]