HOME > コンテンツ

昔の子 「はしか」になれば 一人前

  • 昔の子 「はしか」になれば 一人前
写真と本文は、一切関係がない。
団塊の世代のつぶやき。
昔の子どもは「はしか」と「おたふく風邪」に罹ればいっちょまいだった。
予防注射など関係がなかった。

ところで今、「はしか」が全国的に話題になっている。
この事件(と、あえて言う)の流れ、最初からどうもおかしい。

今月上旬の第一報のニュース。
・・・・・新幹線で来県し、赤湯で降りた乗客が「はしか」を発症。
・・・・・関係筋は、その新幹線の乗客に注意を呼びかける。

第二報。
・・・・・その乗客は、置賜地方の自動車教習所に入校する予定だった。
そりゃわかる。

春休みに置賜地方の自動車学校で免許を取得する。
そんな大学生が多いのは、昔からの周知の事実。

・・・・・その自動車学校はどこ?
・・・・・泊まっていたのは、どこの民宿?
・・・・・新幹線を降りた途端に「はしか」を発症するはずがない?
・・・・・その学生は、赤湯からすぐに帰ったのか?
そう思った人は多いはずだ。
しかし、ここで情報は一旦途切れる。

その後、患者は全国に拡大。
診察した病院の医師も罹患していたことが判明。

そして、泊まっていたホテルも発表。
・・・・・ナンジャコリャ。
どこかの国の防衛相や、ナントカ学園と同じじゃないか。
あの大震災の、原発のメルトダウンと同じじゃないか。
情報隠し?
政治絡みの大きな力が働いていたのではなかったか?

【ここまでは東京の、長井出身の英さん。の友人の言葉である】
彼は、いつも長井を、ふるさとを心配してくれている。

【ここから先は、市長さんへのお願いである】
彼が言うには、このままでは、長井は「はしかの街」のイメージが出来てしまう。
来月の「さくら回廊」のイベント。
そして、道の駅のオープンにも影響を与えはしないか?

市長には、ここで一発決めて欲しい。
・・・・・これまでの経過。
・・・・・今後の見通し。
・・・・・最大限の対処をすること(していること)への決意。
記者会見か何かで発表してほしい。

多分、誰も言わないかもしれないから、敢えて言う。
文句があったら、受けて立つ!

ヒンシュクのバイヤー・・・・・「英さん。」

To Be Continue・・・・・






2017.03.27:hidesan:コメント(0):[コンテンツ]

とりあえず 集まりました キティちゃん

  • とりあえず 集まりました キティちゃん
キティちゃんのシールを40枚集める。
ハローキティの四角いお皿が必ずもらえる。
ローソンの、去年の12月からのキャンペーン。



こだわりの英さん。
なぜか、集まってしまった。



「いくつになっても目標を持つことが大切である」
まさに、その通り!
シール40枚・・・・・ささやかな目標達成!

ヒンシュクのバイヤー・・・・・「英さん。」

To Be Continue・・・・・



2017.03.27:hidesan:コメント(0):[コンテンツ]

「ゴールデンスランバ」という 献杯酒

  • 「ゴールデンスランバ」という 献杯酒
あの3・11から6年。
「ゴールデンスランバ」
という酒がある。
宮城県・気仙沼市の被災者の酒小売り店の発想。
福島県・浪江町で被災し、山形県・長井市で復活した酒蔵が造った。
原料米は福島県産。
そんな酒だ。



長井市の「鈴木酒造店長井蔵」
ここで3・11に行われた「影法師」のコンサート。
その時の「献杯酒」だ。



全国の有志の酒屋さんでも一緒に献杯してくれたようだ。
去年は少なくて、あっという間に無くなった。
しかし、今年は多目に作ったので、ある店にはまだある。



あの出来事を風化させないために。
風評被害を吹き飛ばすために。
そんな願いを込めた酒だ。



上は、友人からいただいた画像・・・・・池袋のパルコにあったとのこと。

トップは英さん。旧知の福島の「橘内酒店」より借用。

そして、鈴木酒造店長井蔵の看板3人娘。



おいしい酒は、いい女を醸す・・・・・?
ヒンシュクのバイヤー・・・・・「英さん。」

To Be Continue・・・・・
2017.03.22:hidesan:コメント(0):[コンテンツ]

見事です 山口さん家の おひなさま

  • 見事です 山口さん家の おひなさま
「長井市の隠れたる名所」
・・・・・と言ってもいいだろう。

長井市舟場、山口製作所の隣。
山口さん家の個人コレクションのおひな様。
今日、見に行ってきた。



江戸時代からのおひな様の数々。
素晴らしい!の一言。
細部までじっと見ていると、時を忘れる。



雪囲いした庭園も見事だった。
新緑の頃にもお邪魔したい。



2階で、お茶の接待もあった。
手作りの漬物や煮物、すごくおいしかった。
入場無料なのに恐縮。



「アカシヤ橋」の南を、うめやと反対側(クリーンセンターの方)に入る。
花回廊の幟が目印。



手作りの案内板にほっこりする。

昨日の山形新聞にも出ていた。
撮影は遠慮したが、写真は「あやめちゃん」の3月6日の記事に出ている。
http://oranda-ch.jp/kiji/?l=429296

公開は3月一杯。
皆さん、是非ご覧いただきたい。

語弊があるかもしれないが・・・・・
地元の人は、案外地元の良さを知らない。

もちろん、長井に限ったことではないが。

ヒンシュクのバイヤー・・・・・「英さん。」

暖かい春の陽射しの中、雛を愛でる・・・・・・の巻?

To Be Continue・・・・・

2017.03.20:hidesan:コメント(0):[コンテンツ]

天ぷらで いただきました 春の使者

  • 天ぷらで いただきました 春の使者
三寒四温?
このところの天気は、本当にメリハリがある。
英さん。家の裏庭。

というか、元は畑だった空き地なのだが。
気がつけば、春の使者が顔を出していた。



淡雪を溶かす





カタ雪を突き上げる



早速、天ぷらにしていただいた。



フキノトウ+チクワ+ソーセージ

春の味がした。

ヒンシュクのバイヤー・・・・・「英さん。」

もちろん、パートナーは、青菜が終わったので、正妻と大吟醸。

To Be Continue・・・・・
2017.03.18:hidesan:コメント(0):[コンテンツ]