レース鳩モール|管理人の鳩ブログ

レース鳩モール|管理人の鳩ブログ
ログイン

お晩でございます。

9/4日の月曜日は、土日の二日間の休養開けで「猛禽くん」が心配でしたが、姿を現さなくて穏やかな「舎外」となり「釣竿」を振り回して一時間以上飛んで貰って、今秋は素晴らしいスタートを切れたと喜んでいましたが?

5日の火曜日も一時間以上飛んで貰おうと?意気込んで「舎外」を始めると、直ぐに「ハヤブサくん」が現れて「空中戦」が始まってしまい「30羽位」の鳩君は鳩舎の屋根に逃避して、その他の鳩くんは、何度もの「ハヤブサくん」の突撃に怖がって視界から消えてしまいましたが、捕まえられた鳩くんはいなかったので少し安心していました。

20分位すると大部分の鳩くんが戻って来て鳩舎の屋根に逃避完了しました。その後静けさも戻って来て鳩くんたちも落ち着いて来たので「30分位」休養してから、又「釣竿」で追って飛んで貰いましたが「30羽位」の鳩くんは遠征から戻って来て合流したので「ハヤブサくん」にも負けずに頑張っている鳩くんも居るのだナァー?と飛んでた鳩くんたちにエールを送っていました。

6日の水曜日の「舎外」も、飛び始めると直ぐに「ハヤブサくん」の出没で昨日と同様に好き勝手で集団に突っ込んで「空中戦」です。鳩くんが捕まえられた実績も無いのに?追いまわされて困ったものだと思っていましたが、この日は激しい突っ込みに逃げ場を失って「電線」を潜る低空になったと思ったら「電線」を通過した時に沢山の「羽根」が飛び散りました。完全にぶつかった鳩くんが居る?と感じました。

それでも、一度鳩舎の屋根に逃避すると静けさが戻って来たので、昨日と同じだと思いながら25分休養してもらってから「釣竿」を振って全鳩くん再び飛んで貰うと「ハヤブサくん」も再び姿を現して集団に突っ込んで来ました。

何度も挑戦していましたが、「どうせ捕れないのに?」と思って、何気なく見守っていると見守っている集団の後方から近づくと一瞬全体の動きが止まったように見えたと思ったら「ハヤブサくん」が鳩くんを両足で捕まえて集団の上に飛び出てきました。「アッ捕まえられた?」と管理人の心に動揺が走りました。---捕獲方法を会得されたら困る?と思いました。

やっと捕まえたので余程嬉しかったのか?巣への帰り道「ピーヒョロ〜ロ〜」「ピーヒョロ〜ロ〜」と二回も甲高い声で「雄叫び」を上げていました。自然とは恐ろしいもので、それを見ていた「カラスくん」も鳩くんを捕まえようと離れた鳩くんを追い始めましたが、捕まえる事は出来ません。

お昼頃に朝の「餌」を与えに行くと「止まり木」に「首から胸」を「電線」にぶつけて血だらけ鳩くんがいました。掴むと元気ですが「縫合」は出来ても完治は無理なので選手鳩くんとしては諦める事にしてケ―ジに入院してもらいました。

夜に成るともう一羽「大怪我」をした鳩くんがいて、この鳩くんもケージに入院してもらって、この日は合計「3羽」の鳩くんが選手鳩くん生命を断つ事に成ってしまいました。やっぱり「ハヤブサくん」は怖いと痛感させられました。

昨日の7日木曜日は当初「訓練スタート」を予定していましたが「雨」のために中止して「舎外」に切り替えましたが、前日に「ハヤブサくん」がタップリ食事をしているので出没は無いと思って気楽に「舎外」をして、何事も無く一時間以上飛んでくれましたが、まだ「2羽」集団に付けない鳩くんが居ましたが途中から何とか一緒に飛んでくれましたので一安心しました。

お昼の「天気予報」を見ると8日の金曜日は「雨後晴れ」で9時から「晴れマーク」なので訓練に行こうと思いました。午後からは、訓練に備えて在舎鳩くんを調べようと思いましたが、全部は調べるのは大変なので取りあえず「栗系or灰系B系」の鳩くんの脚環番号を調べて、残りの鳩くんを数えると合わせて「145羽」いました。

三週間前に「ワクチン接種」した時には「157羽」居たので「12羽」の鳩くんが居なくなっているので、[ハヤブサくん」に直接捕られなくても被害は多いのだと改めて思いました。

今日は、起きると予報通り「雨」で一面「雨雲」だったので大丈夫か?と思ってPCの「天気予報」を見ると、9時から「晴れマーク」で、雨雲の流れを見ると「11時30分」に雲が切れるのでゆっくり準備して「初訓練」に行く事にしました。

行く前にほかの鳩くんの給餌を済ませて、管理人も朝食を食べてから「詰め込み」を済ませて「9時50分頃」に出発しましたが、空は「雨」は止みましたがまだ「雲」は沢山残っていましたがお日様が顔を出していたので安心して目的地に向いました。

目的地は、「加治川10K」です。最初の訓練は「五十公野12K」と「加治川」の二つから時に応じて選択をしていますが、今年は「舎外不足」気味なので近い「加治川」を選択しました。

「10時08分」に到着して「15分休養」が目安なので「10時25分」に飛ばす事にして待っていました。「25分」に成ってから「バスケット」の紐をほどいて飛ばしたので実際は「10時28分」になりましたが休養時間が長く成るので意識的にやりました。

「バスケット」を開けて上げましたが馴れていない鳩くんたちは、外に出ても中々飛び立ちません。――その状態をカメラに収めましたのて掲載します。

それでも、一羽が飛び立つと続けて飛び立って「バスケット」の中の鳩くんも手で追いだすと素直に全鳩くんが飛び立ってくれました。この段階では、「バスケット」で休養中も落ち着いていて「今年の若鳩君は何かが違う?」と良い意味で喜んでいました。

飛び立った鳩くんたちを確認すると、何時もの「舎外」のように「2〜4羽」の鳩くんが集団に付けずにいましたが、しばらくすると一緒になってくれたので安心して「バスケット」を片づけて車に乗せてから鳩くんの行方を探すと少し離れた「加治川」の上流で鳩くんの集団に「ハヤブサくん」が突っ込んで居るのが見えました。

何度も何度も突っ込んでいて「空中戦」真っ只中で唖然とする管理人です。この場所で何十年間飛ばしていますが始めての事です。管理人は何も出来ないので帰路に着きましたが、確実に甚大な被害が発生すると思って帰って来ました。

帰って来て「バスケット」を下し終わる頃に「3羽」帰って来ましたが、覚悟をしていましたが「やっぱりバラバラか?」と思いながら鳩舎に向かうと「4羽」の鳩くんが先に帰っていました。

「ハヤブサくん」の攻撃から逃げるために集団から離れた鳩くんだと思って、集団で帰って来る鳩くんたちを待っていると「48羽」「18羽」と帰って来ましたが、その後は少数羽での帰還となりましたが、最終的に今日は「132羽」帰って来ました。

予定では、明日も訓練に行こうと考えていましたが今日のアクシデントで、明日中止して明後日の日曜日に「月岡20K」訓練に行こうと思っています。今日の夕方帰って来た鳩くんたちは疲れていないので、明日のAM帰り鳩くんも明後日の訓練には参加をさせようと考えています。

今日は良い経験をした。成長してくれ?と思っています。それでは、今日はこの辺で失礼いたします。
2017.09.08:hato:count(305):[メモ/コンテンツ]
copyright hato
powered by samidare
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。
powered by samidare