レース鳩モール|管理人の鳩ブログ

レース鳩モール|管理人の鳩ブログ
ログイン

お晩でございます。

今日は、三日振りの「ブログ」で「舎外」も同じように三日振りに外に出てもらいました。

土曜日曜の二日間は「疲労回復デー」とセッテングで、その週の「舎外」での「筋肉疲労」「精神的疲労」を抜く目的で「飲水器」には、金曜日に沖縄から届いた100%「黒糖」をお湯で融かして「水道水」と石油ストーブで温まった「お湯」をいれて「ぬるま湯」状態で与えました。

餌は、善玉菌・酪酸菌等の培養液を媒体にして、乳酸菌他の善玉菌を含む粉末を餌に塗して与えたので、日曜日の午後には鳩くんの疲労感を感じなり「羽ばたき」をする鳩くんが何羽か眼に入るようになりました。

昨日から「舎外」再開をもくろみましたが、天は味方してくれなくて朝から「強い雪模様」で起きて直ぐに諦めて、今週は3回の「舎外」確保は難しいのでは?と思っていて、今日も難しいと諦めていました。

でも今朝起きると一面曇り空でしたが意外と明るかったので「舎外は出来るのでは?」と少し思っていると、朝食を食べ終わる頃には「太陽くん」がボャーと「薄日」を差すようになったので「100%舎外OKだ?」と思って急いで朝の家事手伝いを終わらせて9時過ぎに外に向いました。

選手から流石「大寒」で寒くなって体に寒さを直ぐに感じるように成ってきましたが、幸いの事に氷点下にはならなくて「飲水器」が凍らないのが何よりです。昨年は毎日のように凍った「飲水器」に「お湯」を掛けて融かしてからの管理スタートだったので、今年はまだ楽です。

それでも寒いので、先ずは石油ストーブを点けて体を暖めながらの管理スタートです。選手鳩舎に向って鳩くんの状態を確認すると「疲労感」を感じなくて「展望台」へ棒で追ってあげるとスムーズ鳩くんは移動してくれました。

管理人は「サッシ戸」を閉めて「棒」で前扉を開けて上げると先を急いで外に出て行ったので、続いて奥も開けて上げるとこちらも出遅れては大変?と思っているのか、後を追うように出て行きました。--そとに出て確認すると全部飛び出してくれました。

今日は「ブログ」を書こうと思っていたので「舎外風景」を載せようと思って「カメラ」片手で、歩いて「田んぼ」の畦道に向って行くと「R7号線」の向こうに行ったり、引き返して来たりしていたので、横一線で飛んでいる所の撮影に成功したので投稿します。

今日も飛び具合は合格と思いながら家に戻って来て後は鳩くん任せの「舎外」にして、管理人は他の鳩くんの朝の給餌を始めて終わらせる頃には「太陽クン」が時より顔をだ出すようになって、西の空にも青空が見えるのでまだ眼の写真を撮っていない鳩くんの撮影をしようと準備を始めました。

嫁さんに「太陽クンが顔を出したら手伝って?」とお願いしてから、該当鳩くんを「18羽」をバスケットに詰め込んできてから全体写真撮影を始めて、丁度終わった頃に成ると「薄日」が差し始めたので嫁さんに手伝ってもらって眼の撮影を始めました。

今日の選手鳩くんは、一羽だけ下りていましたがその他の鳩くんはまだ飛んでいて、眼の撮影が終わる頃にやっと鳩舎に下りて来た音が聞こえたので、見上げると一回では下りられなくて2度3度と下りて来て全鳩くん下りてくれました。

管理人は撮影を終わらせてから時計を見ると「11時50分」だったので、今日も「2時間半」は飛んでくれた?と思って驚いていました。3日振りと言うのに「久し振り感」が無くて自然体でこれだけ飛べるのは?何かプラスαが働いているのか?と勝手な想像をしていました。

鳩くんはまだ屋根にいるので、何かに驚いて又飛びだしたら大変?と思って用意してあった「餌1550g」を持って階段を上がりながら口笛で呼び込んで鳩舎に着くと大凡の鳩くんは入っていたので「餌箱」に入れて上げると鳩くんは一生懸命食べてくれました。

食べ終わるのを確認しないで下りて来て、外に出てから階段を下り始めると屋根から鳩くんの足音が聞えるので「迷い込み鳩くんでもいるのかなー?」と思いながら下りて確認すると「BCくん」が怪我をしてパニック状態でウロウロ状態で入る所が分からないようです。

確実に鳩くんが把握できないので「迷い込み鳩くん」も考えられましたが、さすが「積雪」が有る時期には「迷い込み鳩くん」はじっとしているので、考えにくいので暫く見ていると、種鳩舎の展望台の金網の上に移動したので見に行くと管理人の鳩くんで黄色の私製環を挿入していたので「魚津223K」帰還鳩でガッカリでした。

そのままにして家に戻って来ました。午後14時過ぎから「発送鳩くん」を用意し終わってから選手鳩舎に見に行くと、それらしい鳩くんはいないので外に確認に向って、道路から見回しても鳩くんの姿は確認でき無いので、もう一度鳩舎で確認しようと戻り始めました。

歩きながら見回していると、何と車の下からヒョコヒョコと歩いて出て来たのが眼に入りましたが、管理人の顔を見て車の下に戻ってしまいましたが、首に大きな怪我をしているのがわかりました。

このまま放置しても入舎出来ないと思って「大きいほうき」を取って来て車の下から追って出てもらって、少しづつ「雪」の壁の方へ追い込んで捕まえると「首」の周辺を怪我をしていましたが、羽根には異常がないので明日落ち着いてから「縫合」して上げて療養してもらえば選手鳩くんとして復帰できそうなので一安心です。---秋レースからの復帰となります。

とは言え、やはり冬場の「舎外」の厳しさが身に染みてくるので、当事者の鳩くんたちは管理人所では無いのでは?と思うので今週も様子を見ながら「3回」にこだわらずに「舎外」をしようと思いました。

それでは、今日はこの辺で「グットラック」です。

2016.02.02:hato:count(396):[メモ/コンテンツ]
copyright hato
powered by samidare
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。
powered by samidare