無添加住宅 〜自然に一番近い家〜

無添加住宅 〜自然に一番近い家〜
ログイン

「無添加住宅イーズ実例現場見学会 in 寿町 11月17日(土)・18日(日)」のサムネイル「建築基準法をクリアした健康住宅が、私たちの身体を蝕んでいる?」のサムネイル「無添加住宅 実例現場見学会 in山形市七日町」のサムネイル「無添加住宅 実例現場見学会 in山形市七日町」のサムネイル「無添加住宅 実例現場見学会 in山形市七日町」のサムネイル
新型インフルエンザが蔓延し、感染者が全国で300人を超え、関西だけでなく関東でも感染者が出てきました。

そんな中、「無添加住宅オリジナルしっくい」に、インフルエンザウイルスの感染力を低減させる作用があることがNPO法人バイオメディカルサイエンス研究会 習志野実験室にて確認できました。



実は今回のきっかけは、鳥インフルエンザの発生した養鶏場に石灰が撒かれたというニュースを見て、同じ成分でできた無添加住宅オリジナルしっくいで検査したところ、今回の結果が得られたというものです。

今回の検査で使用したウイルスの種類はA香港型(H3N2)ですが、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)もウイルスに対する効果(直接作用)は同じであるとウイルス学の研究者の間では常識と言われています。(BMSA習志野実験室)
強制力があるのは建築基準法の規制の対象になっているホルムアルデヒドの濃度(0.08ppm以下)と防蟻剤などに使用されるクロルピリホスの使用禁止だけなのです。

建材メーカーやハウスメーカーからすれば、これは好都合と思っているに違いありません。

化学建材や接着剤の中にどんな有害成分が何種類含まれていようと、
それがホルムアルデヒド・クロルピリホス以外ならば何もないふりができるのですから。

いま日本中に「建築基準法をクリアした健康住宅」と高らかに謳われた家があふれていますが、私たちはこういう甘い規制のもとに作られた建材で建てられた住まいを知らないうちに買わされ、住んでいるということなのです。

いま健康であっても、いつシックハウス症候群や、化学物質過敏症を発症してもおかしくない。

そんな環境にいるということを、あらためて確認しておく必要がありませんか?

『無添加住宅』は何も余計なものを付け足さずに、国が定める指針値以下の限りなく0に近い測定結果を得ています。
寒河江に着工した無添加住宅の上棟式を行ないました。



最近上棟式を行なうケースがめっきり少なくなりましたが、
総勢50名を超える上棟は私たちもビックリです。

これから完成に向けて気を引き締めた一日でした。

「建築基準法をクリアした健康住宅が、私たちの身体を蝕んでいる?」の画像
日本の建築基準法における
シックハウス対策の実態をご存知でしょうか?

ホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類の化学物質のみが
規制されているだけなのです。

へぇ〜、そうなんだ・・・としか思わないあなた、
これが他人事ではすまされないようになるかもしれませんよ。

というのは、今問題になっているシックハウス症候群やもっと恐ろしい
化学物質過敏症にあなたがならないという保証はないからです。

自分の身体に溜まっていく化学物質は、
ある日突然に許容量を超えて不具合を引き起こすのです。

化学物質過敏症を発症すると、
たった1ppbという数字で化学物質に反応することもあります。

1ppbは10億分の1、例えればプールに角砂糖1個を
投げ入れたくらいの濃度です。

現在、厚生労働省はホルムアルデヒドも含め、
化学物質の室内濃度指針値を定めています。(上の表を参照ください。)

しかし恐ろしい化学物質は他にもいっぱいあります。
「無添加住宅 実例現場見学会 in山形市七日町」の画像
TOUCH&FEEL IT!
ふれて、感じる。

無添加住宅イーズease完成見学会
10月17日(土)・10月18日(日)
AM11:00〜PM 4:00
「無添加住宅 実例現場見学会 in山形市七日町」の画像
無添加住宅 easeイーズ
実例現場見学会

10月17日(土)・18日(日)
AM11:00 〜 PM 4:00〈雨天決行〉

漆くいの塗り壁と天然石、床、建具は無垢材を使用。
自然素材の家は高いという常識はまちがっています。

誰もが快適に暮らせる住まいを創ったら「食べられる家」ができました。

お車でご来場の際は、安全運転でお越し下さい。

2009.10.14:hashibax:[マップ/マップ]
powered by samidare