芳賀鉄工所

芳賀鉄工所
ログイン

「雨水タンク」のサムネイル「「致芳小学校の一年生」」のサムネイル「「アングル」」のサムネイル「タラップ(はしご)」のサムネイル「「フラットバー(平鋼)」」のサムネイル
    
  先日、ピザ窯扉を製作させて戴いたD様から早速!!
 初焼きピザを頂戴しました。
 生地から手作り・・・とても丁寧に作られており
 自家製野菜も入り、チーズたっぷり とろけるぅ〜
 とっても美味しく戴きました>@<
 
  ピザ窯の扉を製作させて戴き、お客様の趣味に
 少しでもお手伝いさせて戴けて幸せです。
先日ピザ釜の扉を製作させて頂きました。



施主様が着工日より27日かけて作り上げたピザ釜は

1つ1つ耐火レンガをアーチ状に積み上げられて

とても素敵な仕上がりでした。




デザインは「こんな風にと」雑誌を見せていただき

早速、寸法取りから、、、、

お客様のニーズ、そしてイメージ通りの製品に表現できるか力を尽くしました。



耐火塗料もしっかりと。







そして設置完成!!






取付後のお客様の笑顔がとても印象的でした。

長井市在住のD様邸ではピザを囲んでたくさんの笑顔が溢れることでしょう♪

なんとこちらもお客様の手作り!





手作りの釜で焼いた温かい美味しいピザのように

人が人を穏やかに優しく包んでくれますように (S)
昨年、秋に一枚の素敵なデザイン画を基にした

花材スタンドの製作依頼がありました。




生花の先生が花展で出展される為の花材スタンドとのことで

さっそくお客様と綿密な打ち合せ。


微妙な曲線が大事なこのスタンドは

どんな角度から見ても花が活きるように

適当に見えても実はバランス良く整ってるようです。




デザイン画とお客様のイメージに応えながら

何度も打合せを重ね完成した花材スタンドには

こんなに素敵なお花が飾られました。





ロートアイアン製フラワースタンド。

高さを変えて2種類作りました。

一つ一つ丁寧な手作りならではの曲線。

重い鉢植えを置いてもしっかりしているので少々な事でも倒れません。

「雨水タンク」の画像
廃棄処分されるドラム缶(≒200リットル)を利用した雨水タンクです。

屋根の軒樋を通じて雨水が溜まります。

この屋根面積は3m×3m(9平米 約4、5畳)。

とても感覚的ですが

普通の降水量で一晩経てば溢れるほど溜まります。

お花の水かけ、野菜の泥落とし、お子様の靴洗いなどなど、、、大活躍します。

身近で手軽なリサイクルです。
餃子を焼く鍋のご注文を頂きまして

作らせて頂きました。

ただの鉄板では火力に負けて

鉄板に変形が起きてしまいとても使いにくくなってしまうので

底の部分に補強をしています。

写真ではわかりにくいですが、しっかり蒸せるように蓋にも工夫がされてます。



さて、この餃子鍋の行き先は100周年で賑あうあやめ公園へ。

この鉄鍋で焼いた餃子はあやめ会館となりで発売中です。







あやめ公園で食べてもお家で食べても大変美味しい餃子です。
錆び止め塗装をします。



仕上げ塗装をします。



設置します。



完成です。

材料を切断します。



イラストを元に原寸図を作成して曲げます。



各パーツを溶接して組み立てていきます。



製作完了です。



残すは塗装と設置です。
様々な受注の形がありますが

このような1枚のイラストからはじまる時もあります。



材料はゴツゴツしてる丸い棒がいいとのご要望で

異形丸棒を選定しました。



お客様との十分な打ち合わせ後に製作に入ります。



タイヤの本数や置き場所に合わせて製作させて頂きました。

タイヤは交換時以外は置きっぱなし。

スペースを有効に使いたいですね。



先日、久しぶりに鉢植えを置く台のご注文を頂きました。



今回のお客様のご要望は

所有されてる盆栽が大きいので

高さを低くして2段になってる物を2つ欲しいとのことでした。

お客様の要望を満たすのはもちろんですが

盆栽を置いた時にすっきり見えるように

シンプルな形で作らせてもらいました。





こちらは以前作らせてもらったものです。



小さい鉢植えをたくさん置きたいとのご要望でしたので

少し高さを高くして鉢植えが映えるように作らせてもらいました。

左端に写ってるタイヤラックも作らせて頂いたのもです。
「「致芳小学校の一年生」」の画像
市内の小学校で入学式が終わりましたね。

当事業所の前の道路は通学路です。

場所が五十川の南から数えて2軒目なので

成田地区のほとんどの子供たちはこの通学路を歩いて行きます。

致芳小学校でも入学式が終わりました。

ピカピカの一年生が歩いてくのを見るとほのぼのとしますね。

こんな風景が間近に見れる芳賀鉄工所です。




「「アングル」」の画像
鉄にはいろいろな形や用途、材種があります。

そこで普段どんな形の鉄を使ってるかというこで

今日は「アングル」を紹介をします。

呼んで字のごとくではなく断面がL型の鉄のことです。

厚さは3mmから4.6.7.9.10......25mmまであります。

幅は25mmから25.30.40......200mmまであります。

L型の二辺が同じ寸法の「等辺アングル」

L型の二辺が違う寸法の「不等辺アングル」

と2種類ありますが、「等辺アングル」の方が多く使われてると思います。

長さは5.5mでほぼ流通しています。

使われ方として

身近なところでは 屋根の雪止めアングル といったところでしょうか。

看板を照らす照明のブラケットや製造機械等にも多く使われています。

体育館などの外壁側にある

床から天井までのX形に組まれた鉄骨(軸ブレース、筋かい)

にも多く使われています。

なかなか目に付きませんがとても便利な材料で

建築工事や金物工事に限らず多分野で使われています。

そのせいか「エルアングル」「ネコ」など

通称名で呼ばれることも多く

私が若い頃はお客様と話をさせて頂いても目を丸くすることがありましたが

時代と共に通称名で呼ぶ人も少なくなりました。

いろんな形の「プランターハンガー」がありますが

これは本当にオーソドックスなシンプルタイプ。



取り外しも簡単で!!お日様の動きに合わせて移動できるから嬉しい!!

大きさを変え4つオーダーしました。

プランターって土が入ると結構重いですよね。その点

これはしっかりしてて風が吹いてもビクリともしない優れもの!!



そろそろ♪春になるので何を植えようかワクワクです。

今年は雪解けが早いので

お花屋さんに色とりどりお花が並ぶのも早いでしょうね〜。
「タラップ(はしご)」の画像
今年は暖冬で降雪が少ないまま冬が終わりそうですが、

屋根の雪下ろし作業などに活躍するのがタラップ(はしご)ですね。

雪がない季節はそのままはしごを掛けても屋根に昇れると思いますが

降雪時ははしごの足元が安定せず

昇れても雪で屋根の状況がわからず大変危険です。

当事業所で製作、取り付けさせて頂くタラップは

丸く曲がってる両側の部分を丸パイプ、

昇る部分を異形丸棒(滑り止めの役割)を使用してます。

建物に応じた長さで(1階の屋根から2階の屋根までの長さ)

オーダーメイドさせて頂くので個体差がなく昇降しやすいと思います。

1階の屋根にタラップの足元を固定し

2階の屋根にタラップの上部分を固定します。

タラップ自体がしっかりと固定されてますので

安全に昇り降りできます。

万が一足が滑ってもタラップに掴まることができますし

命綱(安全帯)をかけることもできます。

屋根に昇ること自体が危険なことと思われますが

雪下ろしだけではなく思いがけず屋根に昇ることがあると思います。

普段見えないところだけに屋根に昇る時は

安全に昇りたいですね。
powered by samidare
powered by samidare