HOME > 主な工事実績

大蘇ダム浸透抑制対策建設工事 その2

  • 大蘇ダム浸透抑制対策建設工事 その2
こんにちは。こちらは昨日今日と晴れ間が続いて除雪日和でございます。

消雪の出ない駐車場でのドカ雪との戦いも一段落した事務員です。
腰痛は悪化しました。無理の利かない40歳です。よろしくおねがいします。

さて先日ご紹介した、遠く九州は熊本の
大野川上流農業水利事業 大蘇ダム浸透抑制対策建設工事 コンクリート吹付外工事
報告第2弾でございます。

現場代理人はご存じ奥山ススム氏。


先日、1月29・30日、管理部長嵐田と管理課長佐竹の2名で現場のパトロールを行って来たのです。
初っぱなから飛行機に間に合わなくなるなど半ば自業自得なアクシデントに見舞われながら、なかなかの珍道中だったようです。



まだ普通に雪があります。
熊本とは言え標高も高めの場所なので普通に寒いそうです。


この工事は、水が溜まらないダムをひとまずカラにして、水が浸透していってしまうのを抑制する処置を施す工事です。
事務員、1年目にして初めて知る工事内容と目的。



写真奥の方がダムの堤体の部分です。お分かり頂けるだろうか。



この写真の中央ほど、オレンジ色のパイプがつながっている場所で水をせき止めています。





このように、吹付をしたり特殊なシートを貼るなどして浸透を抑制します。


いずれ工事が完了すれば、ここは蕩々と水を湛えたダム湖になるはずの場所です。
機会があればぜひその光景を目にしてみたいものです。

それではまた。
2018.02.03:genba-r:コメント(0):[主な工事実績]

大蘇ダム浸透抑制対策建設工事

  • 大蘇ダム浸透抑制対策建設工事
非常に遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

昨年中は格別のお引き立てを賜りまして、
心より御礼申し上げます。

年明け早々、除雪作業で腰を痛めた事務員です。
あげく、我が住まいは地下水が枯渇し、急に消雪の水が出無くなる始末。

本年も倍旧のご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

戌年。

(我が実家のごん太ちゃん)


さて、昨年に続き、今年も奥山ススムさん班は休み明けそうそう九州は熊本、大蘇ダムへと旅だって行きました。

工事名:大野川上流農業水利事業 大蘇ダム浸透抑制対策工事 コンクリート吹付外工事
発注者:日本基礎技術株式会社 九州支店
場 所:熊本県阿蘇郡産山村地内

です。

まず、昨年ご紹介しそびれたの大蘇ダム工事現場の様子をご覧頂こうかと思います。

5月頃かな。


天気が良い。


吹付中。


(おそらく)全景。ひろい。




解説者不在につき、説明不足ご了承願います。


そして昨日、九州とか関東の方とか雪が大変だったそうですね。

ご多分に漏れず、昨日の大蘇ダムの現場もご覧のとおりです。


さ゛む゛い゛!!

南国っていうイメージがあるけど、普通に冬は寒いんだねー(あたりまえ)。


ところで、今年の3月、グループ会社の社員旅行が予定されておりまして、2箇所ある希望地の一方が九州なのです。
現場近くも通るようなので、見学できれば良いのになぁと思っておるところであります。


では、今年もこんな感じで山形緑化のお仕事を皆さんにご紹介できるよう、
ゆるーく更新してゆけるようそこそこ頑張ってゆきたいと思います。
よろしくおねがいします。
2018.01.23:genba-r:コメント(0):[主な工事実績]

大蘇ダム浸透抑制対策工事

  • 大蘇ダム浸透抑制対策工事
こんにちは。
この季節になると毎年、毎朝毎朝部屋のすぐそばの電柱で鳴くカッコウとキジバトの声に悩まされている事務員です。
地味にうるさい。

さて今回は、前回ちらっとご紹介した「大蘇ダム浸透抑制対策工事」の予告編です。

現場の下見に行ったのは、年明け間もない1月20日の事でした。

1月とは言え九州は熊本。
さぞ温暖な気候難だろうと思いましたが、標高が高く雪の心配があったため、
レンタカーは念のため4WDのスタッドレス装備車を予約。

そんな1月20日、熊本県大蘇ダムの現場の様子をご覧下さい。


車窓より。


普通に冬ですね。

寒々しい…






奥山ススムチームが実際現場に乗り込んだのは2月からです。

あれから3、4、5月、と4ヶ月間。

ようやく本日帰路に付くそうです。車で。九州熊本から。

くれぐれも気をつけて返ってきてください。
そして本工事の記事、更新してください。
2017.05.30:genba-r:コメント(0):[主な工事実績]

関寺法面対策工事その2。

  • 関寺法面対策工事その2。

先月27日(土曜日)、再びパトロールに行って参りました。


before。



after。



あらあら。雪もすっかり溶けました。
不思議と雪が積もっている方が広く感じます。

当社が請負った箇所は完成間近でした。

少し別角度から。



・・・?

おやおや



なんと梅の花が咲いているではありませんか。

そういえばもう2月の末。
雪も少なかったし、咲いていて不思議な時期でもないですね。


   ・・・ぼそっ(ついこの前年が明けたばっかりだと思ってたのに、
          気がついたらもう3月とか、あとひと月で新年度
          とか、年を経るごとに時間の経つのが早くなって
          もう気が滅入るわ。)


さて。パトロールの方ですが、この日現場の方はさして指導事項もなく、




書類の方はそれなりに、



この現場のパトロールは終了しました。


現場について内容がほとんど無い記事になってしまいました。ハンセイ

作業内容の説明や創意工夫の説明など、機会があればまとめて上げてみたいと思います。上げたいとは思っているのです。

ありがとうございました。

2016.03.05:genba-r:コメント(0):[主な工事実績]

平成26年度(明許)土砂災害対策事業(砂防自然災害防止急傾斜・補正)関寺法面対策工事

  • 平成26年度(明許)土砂災害対策事業(砂防自然災害防止急傾斜・補正)関寺法面対策工事
工事名 : 平成26年度(明許)土砂災害対策事業(砂防自然災害防止急傾斜・補正)関寺法面対策工事

発注者 : 山形県置賜総合支庁建設部

場 所 : 山形県西置賜郡白鷹町大字十王 地内

元請者 : 那須建設株式会社



白鷹町十王地区にあります置賜三十三観音第13番札所、「関寺観音(円光寺)」の裏山が、平成26年7月の豪雨災害によって崩壊し、流出した土砂により円光寺の本堂が全壊しました。

こちらはその崩壊した斜面の対策工事になります。

年末年始と雪がほとんど降らなかったおかげで法面清掃、昇降階段設置、ラス張り等を終え、平成28年1月23日これまた極端にいきなり冬らしくなったこの日は安全パトロールを行いました。

少し拡大。

右から二番目の人は何かいい事があったのか、朝っぱらからひときわテンション高らかに雪を放り投げていらっしゃいました。

除雪作業を行った後、この日は割付けを行う予定です。

急斜面。


「2点取りはしてあるか?」(OKです。)


「気をつけなさいよ~」

ちなみに真ん中にいるのは「滝野斜面対策工事」で一躍その名を轟かせた(轟いてない)奥山ススム氏です。

書類関係のチェックも怠りません。


それではまた、随時更新して参りたいと思います。
2016.01.25:genba-r:コメント(0):[主な工事実績]