HOME > □ FPの家|進行中の現場

中山町 T邸 足元が大事です。

  • 中山町 T邸 足元が大事です。
中山町は、地震情報を見てもわかるように、あまり地盤の良いところではありません。こんなことを書くと中山町の方に怒られそうですが、実際、地盤調査を行い、10m弱の杭を100本近く入れています。その上にベタ基礎。地盤改良しているのですからベタ基礎まで必要ではないのかもしれませんが、施工の手間や金額もさほどかわりませんので、ベタ基礎を採用しております。
この現場に限らず、現在は全棟ベタ基礎を採用しています。珍しいかもしれませんが、当社では自社で基礎も打ちます。なので最近では珍しくなった木の型枠。
少し脱線しましたが、どんなにきれいな建物を建てても、足元がしっかりしていないと、家が傾いたり、戸が開かなくなったりしてしまいます。家に限らず足元を固めるのは大事なことです。
ちなみに奥に見えている施工中の建物は車庫です。

FPの価値 山形 斎藤工務店

FPパネル 入れてます

  • FPパネル 入れてます


山形市 S邸 建て方

柱や梁を建てこむのと同時に「FPパネル」を壁に入れていきます。
銀色に見えるのが「FPパネル」です。窓以外の壁・床にはこのFPパネルが入りますので隙間風どころか、虫一匹も入れません。このパネルの内部はウレタンがぎっしり詰まっていますので、断熱性もばっちり。このパネルが冬はもちろん、夏の暑さもシャットダウンしてくれます。

FPの価値 山形 斎藤工務店

長期優良住宅 地盤改良

  • 長期優良住宅 地盤改良
東根市 I邸の地盤改良がおわりました。今回はH型コンクリート杭の施工でした。地盤がそれほど悪くなかったので2mの杭でしたが、それでも硬い層にあたり、杭が最後まで入らなかったところが多かったようです。住宅が完成した後に不同沈下によって家が傾いたりしないようにする為ですので、杭を打った上にしっかりと基礎を造って施工していきます。
この住宅は長期優良住宅のH22年度「木のいえ整備促進事業」に申請している住宅で100万円の補助を受けます。また太陽光発電設備(4.39kW)も設置します。まさにエコ住宅となっておりますので見学会開催の折にはぜひお越しください。日程は決まり次第お知らせしたいと思っています。

FPの家 山形 斎藤工務店

着工しました 山形市 S邸

  • 着工しました 山形市 S邸
解体が終わり更地になった山形市S邸です。ゴールデンウィーク明けより、本格的な工事に入ります。地盤改良工事、基礎工事、建て方、FPパネル建込、屋根板金、サッシ取付、外壁、木工事、内装、設備、外構と進んでいきます。夏の終わりには入居予定ですのでその頃に見学会も開催したいと思います。
このところ不況の影響で住宅着工戸数も伸び悩んでおりますが、こんなときこそ経済対策や環境対策のために国や県、市町村から出されている補助金や減税を利用して、環境にもやさしく、高耐久、そしてなにより快適な「FPの家」をお勧めしたいと思います。数々の補助金の適用条件に標準仕様で対応できる数少ない工法ですのでご検討ください。

FPの家 山形 斎藤工務店

お寺の屋根を葺き替えています

  • お寺の屋根を葺き替えています
300年以上前に建立されたお寺の屋根を葺き替えています。60年ほど前に葺き替えた銅板の屋根ですが、傷みがはげしくなってきたために改修することとなりました。

現場を訪れてすぐに、「ゴロゴロ」と雷鳴が轟き、なんと雹が降ってきました。



写真ではわかりずらいかもしれませんが、コケの上に見える小石のような物体が雹です。山形市内では結構広範囲にふったようですので見た方も多いかもしれません。4月24日土曜日のお昼ちょっと前でした。

なんだか最近の異常気象を感じさせる出来事でした。

FPの家 山形 斎藤工務店