HOME > 記事一覧

失明乗り越え自伝的小説を出版

  • 失明乗り越え自伝的小説を出版

「散りにし花は ~昭和二十八年、私だけの松川事件~」

 山形市 西村岑一さん

 

 

長井市出身で元山形工業高校長を務めた西村岑一さん(出版当時77)の

自伝的小説『散りにし花は~昭和二十八年、私だけの松川事件~』の出版を

お手伝いしました。 

 

西村さんは68歳で妻の宏子さんを亡くし、

一人暮らしになった後に網膜の障害で失明。

その悲しみとハンディを乗り越え、口述筆記で著わしたものです。

 

               

 

昭和28年、東北大学に入学した西村さんは、たまたま仙台高裁で

松川事件の公判を傍聴したことをきっかけに「松川事件研究会」を発足。

その経緯や自身の行動、学生時代の思い出などを小説の形をとってまとめました。

 

原稿は、西村さんのお話を録音し、それをもとにして文章に。

「大変だったが、作業中は張り合いがあり、生きがいになった。

多くの人に読んでもらえれば」と西村さん。

山形新聞で紹介され、教え子からも本を読んだと連絡があったそうです。

 

               

 

西村さんは、訪問の日をとても楽しみにしてくださっていました。

この本が、これからの西村さんの希望につながれば・・・と願っています。

 

◎「散りにし花は ~昭和二十八年、私だけの松川事件」

  B6判192頁  定価:本体1,700円+税 

2017.06.12:egaobon-net:[ワークス]

聞かせてください、伝えてください、あなたの人生。

 

平凡な一生だから…そう話す方にも、

一人ひとりに、その方だけの人生の足跡があり、それは十人十色。

あなたの知恵や人生経験、知識や技術は「宝もの」です。

その貴重な体験を「本」というカタチにして、

大切なご家族や身近な方たちに、人生の歩みを伝えてみませんか。

 

               

            

家族への想い、仕事への情熱、喜びや苦労、長年培った知恵や技術など  

伝えたいことがあるけれど、なかなか文章に書けない…

そんな方にはプロのライターが、じっくりお話をお聞きして、

あなたの思いを綴り伝えます。

2017.06.10:egaobon-net:[コンセプト]

はつらつシニアの情報誌「笑顔」No8

4.6MB - PDF ダウンロード

はつらつシニアの情報誌「笑顔」
2005年夏号_バックナンバーNo8

2017.06.10:egaobon-net:[あなたの笑顔、すてきです。]

はつらつシニアの情報誌「笑顔」No7

5MB - PDF ダウンロード

はつらつシニアの情報誌「笑顔」
2005年春号_バックナンバーNo7

2017.06.10:egaobon-net:[あなたの笑顔、すてきです。]

はつらつシニアの情報誌「笑顔」No6

4.6MB - PDF ダウンロード

はつらつシニアの情報誌「笑顔」
2004年冬号_バックナンバーNo6

2017.06.10:egaobon-net:[あなたの笑顔、すてきです。]