HOME > 記事一覧

社長の世代交代問題

今朝(3月11日)の山形新聞の記事によると、山形県内企業の社長の平均年齢が60歳を超えて、社長交代率も4年連続で4%を下回っていることから、県内企業の多くが「後継者問題」に直面しているという実態が帝国データバンクの調査によって明らかになったそうです。

県内企業の社長の57%以上が60歳以上とのこと。 全国的な社長の平均年齢が何歳なのか気になって調べてみると、全国平均は58.9歳(2013年)、こちらも過去最高、交代率も低下しており、全国的にも後継者難に直面しているようです。

 「後継者がいない」「若手がいない」という声を聞きますが、裏を返せば「後継者を作ってこなかった」「若手を育ててこなかった」という社長の責任です。 身体が言うことを聞かなくなって、判断が鈍くなってから急に世代交代するのでは遅いのではないでしょうか。しっかり準備し、十分に後継者を育てることが必要です。

 とは言え、これまで社長が培った経営哲学を、経営戦略を、【誰に】【どうやって】伝えていくか。これが難しいから、なかなか社長交代が進まないのでしょう。

 どうしたらいいのか?

 後継者候補に、一度実際に社長をやらせてみればいいのです!社長をやらせながら育てればいいのです。

 「バカなことを言うな。そんなことをして事業に失敗したら大変だ。」
ごもっとも。
 本当の経営をいきなり任せるわけにはいきません。ちょっと試しに社長をやらせてみて、失敗してしまったら大変なことになります。一つの意思決定のミスが大きな損害に繋がることもあります。


 じゃあどうするか?そんな社長の後継者育成に役立つのが「MG」なのです。

MGでは、参加者一人一人が社長になって実際の会社経営をシミュレートします。試しに社長をやることができる機会なんて、そうそう無いはずです。

まず2日間、社長をやってみるところから始める後継者育成を。


 ※MGは、ソフトバンクの孫正義社長が実際に学び、自身の後継者育成のために立ち上げたことで有名な「ソフトバンクアカデミア」でも取り入れている教育手法です。ここ山形でも学ぶことが出来る数少ないチャンスです。  

2/23 ヤマガタ・ユアターンサミットに参加してきました!

  • 2/23 ヤマガタ・ユアターンサミットに参加してきました!

2/23(日)、ヤマガタ未来LABさん主催の「ヤマガタ・ユアターンサミット」に協賛企業として参加させていただきました。 

具体的にUターンを考えていらっしゃる方、帰ろうかどうしようか悩んでいる方、山形に帰らないけど山形に関わり続けたい方など、山形との繋がりを大切に考えていらっしゃる方々が多数ご参加されていました。 

キャリアクリエイトは転職相談コーナーを担当し、山形での転職活動についてや企業の状況についてお話する機会を頂くとともに、参加者の方と一緒になってワークショップにも参加させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。 

進学や就職で親元から遠く離れた人は、「生まれ故郷とどう関わっていくか」は考えずにはいられないテーマではないでしょうか。 

「故郷は遠くにありて思うもの」解釈が分かれる詩の一節ですが、離れていても心の片隅に必ずあるのが故郷なのかな、なんてことを、ふと思いました。 

絶対に帰って来たほうが良いとは言えません。帰らないほうが良いとも言いません。「何を大切にしたいか」によって、故郷とどう関わるかは変わってくるでしょう。

 それぞれが自分なりの故郷「山形」との関わり方を考える、とても良いイベントでした。(佐藤大輔)

ヤマガタ未来LAB
ユアターンサミット

研修実施後のコメントを考える

「講義はとてもわかりやすく、勉強になりました。ありがとうございました。」

 研修実施後のアンケートの結果、このような感想があったとします。
参加者全員がこう書いていました。 

どう思いますか?

 受講者満足度100%で良かったなと思いますか? 
研修実施して良かったなと思いますか? 

  では、研修の「効果」は出ると思いますか? 

 「わかりやすくて勉強になりました」というコメントばかりが集まる研修は、危険ではないかな、と思います。

この結果を見て「研修をやった甲斐がありました」と満足する講師は、プロではありません。

  それはなぜか? 

是非一度「まみがさきMG」に参加してみてください。

http://office.career-create.co.jp/mamigasaki-mg/

新年にあたり

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年は、私にとってはUターン転職をして“世界が変わった”ような1年でした。

その割には例年になく穏やかな年末年始を過ごすことができました。

あんまり「お正月気分」も無かったような・・・

「さぁお正月だ!実家に帰ってゴロゴロするぞ!!」という気持ちの切り替えもなかったからかもしれないですね。

帰省ラッシュ、Uターンラッシュの影響を全く受けない暮らしになったせいかもしれません。

 

まずは平穏無事に1年を過ごせたことに感謝し、2014年はより一層しっかり土地に根を張って頑張っていこうと思います。

芝エビとバナメイエビの価値

今年も残すところ後わずかですね。
個人的にも”転職”を通して、社会的にも食品の誤表記(偽装?)が大きな話題となって改めて「価値」というものを考えた1年だったなと思います。

 芝エビ と同等の味が出せる バナメイエビ
車海老 と同等の味が出せる ブラックタイガー
自家製パン くらいフワフワで美味しい 工場パン
フレッシュジュース と変わらないくらいフレッシュな 容器詰めジュース

 という見方をすれば、バナメイエビやブラックタイガーの価値が上がったような気になります。

一方で、「本物の芝エビ」「本物の車海老」「本物の自家製パン」「今絞ったジュース」の価値も更に上がったようで、車海老の平均単価が一気に上がったというニュースも出ていました。

 下がったのは企業の信用だけかもしれません。 

「美味しい」に価値を感じるのか、「本物」に価値を感じるのか、「価格」に価値を感じるのか、「正直」に価値を感じるのか・・・ 私自身も、転職をする最終決断の肝は「何に価値を感じるか」でした。

 自分にとって価値あるものは何か?相手にとって価値あるものとは何か?

新しい1年を迎えるにあたって改めて考えたいと思います。