どんでん平ゆり園

こんにちは、どんでん平ゆり園です。
3月に入り園内の雪はどんどん消えています。

例年から考えると今年は本当に雪が少なかったです。

樹木の「きゅうか」は冬を迎えての「休暇」ではなく、「球果」のお話です。
ゆり園には背の高い、生きた化石メタセコイアが植えてあるのですが、驚いたことに「実」がついているのを見つけたのです!

ころんとした丸い姿・・・花粉シーズンにテレビで見かける杉花粉の実にも似ているような・・・。
遠目にそんなことを想像しながら調べてみると、メタセコイアの和名は「曙杉」。
とっても親戚でした!

とはいえゆり園のメタセコイアはすでに黒くなっています。
同じような球果であるモミジバフウのように次世代の種を送り出し役目を終えたようです。
2016.03.08:donden:[メモ/園内情報]