HOME > 情報提供

山形エクセレントデザイン2017募集開始について

県内で作られた優れたデザインの製品を選定・顕彰する「山形エクセレントデザイン」は、平成9年から隔年で実施し、今回で10回目となります。
7月3日(月)より募集を開始しましたのでお知らせいたします。



前回(2015)は、エコハウスの集合住宅で新しい住まい方を提案した「COLONCORPO」、
地域に伝わる上質な素材と食文化を未来へ伝える「いなごふりかけ」、石膏ボードで耐火性を高めた木製の柱「COOL WOOD」、ニット技術を活かした軽くてシワになりにくい「リネンタオル」など、様々な分野から選ばれました。

これって対象になるのかな? 選ばれたらどんなメリットがあるの? など、ご不明な点は下記事務局までお気軽にお問合せ下さい!
たくさんのご応募をお待ちしております!

【募集対象】
過去5年以内に、県内で企画・開発・生産され、販売されている又は平成29年12月までに販売予定の製品及び商品。〈BtoB(法人顧客)製品を含みます。過去選外品をリニューアルした製品の再応募も可能です。〉

【応募資格】
●応募製品を開発・製造した県内企業及び個人とします。
●当該製品の企画・開発が県内で行われたものであれば、製品にかかわるデザイナーの所在については問いません。
●複数の企業で構成されたグループによる製品の場合、県外企業との共同開発による製品でも構いません。

【応募手数料】
無料

【募集期間】
平成29年7月3日(月)~平成29年9月8日(金)

【問合せ・申込先】
山形デザインコンペティション実行委員会事務局
山形県工業技術センター 企画調整部連携支援室(月本・大場・木川)
〒990-2473 山形市松栄2-2-1
TEL:023-644-3222  FAX:023-644-3228
E-mail :yxdesign@yrit.pref.yamagata.jp

◇詳しくは「山形エクセレントデザイン」ホームページをご覧ください。
2017.07.03:cluster:[情報提供]

「第21回 買いまっせ!売れ筋商品発掘市」の開催について

【趣 旨】
百貨店、スーパー、通販、専門店などの大手小売業等のバイヤーがブースを構え、そこに、全国の中小製造業・卸売業が直接売り込みをかける商談会「買いまっせ!売れ筋商品発掘市」を開催し、中小企業と大手小売業等との新規取引・販路開拓、商談のチャンスを提供する。商談分野は、食品・食材(一次産品含む)、住・生活雑貨、衣料、家具、地域特産品など。

【主 催】
大阪商工会議所

【協 力】
近畿百貨店協会、日本チェーンストア協会関西支部、一般社団法人新日本スーパーマーケット協会、一般社団法人大阪外食産業協会、一般社団法人日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会、公益社団法人日本通信販売協会、大阪信用金庫、大阪シティ信用金庫、日本政策金融公庫、大阪外国企業誘致センター(O-BIC)

【開催日】
平成29年11月9日(木)10時~13時 / 14時~17時

【開催場所】
大阪府立体育会館(大阪市浪速区難波中3‐4‐36)
→会場へのアクセス(http://www.furitutaiikukaikan.jp/access)

【買い手企業】
百貨店、スーパー、通販、専門店など大手流通業60~70社

【売り手企業】
百貨店、スーパー、通販、ホームセンター、生協などへの販路開拓を希望する中小製造業、卸売業、農林水産業など1,350名

◇詳しくは大阪商工会議所ホームページをご覧ください。


2017.05.19:cluster:[情報提供]

食産業王国やまがた推進事業について

食品製造業者を対象としたプロジェクトを募集します。

県では、県産農林水産物の利用拡大に取組む食品製造業者に対し、
「食品加工設備等の整備」を支援します。

【ご利用いただける事業者】
◇食品製造業者 (新たに食品製造業に取り組む方を含みます。)
 ※農林漁業者等の6次産業化の取組については対象外です。

【対象となるプロジェクト】
◇県産農林水産物の利用拡大のために行う食品加工設備・施設の整備及びこれに付随して行う事前の調査・検討

【プロジェクトの要件(主なもの)】
◇国庫補助事業や他の県単事業を活用して実施しないこと
◇事業費200万円以上のプロジェクトであること
◇次の5つの要件すべてを計画期間内(3カ年)に満たす目標を設定すること
 ① 農林水産業を起点とした産出額が増加すること
 ② 県産農産物の使用量(重量又は価格)が現在より増加すること
 ③ 県産農産物の使用割合を増加すること(ア、イのいずれか1つを満たすこと)
  ア 県産農産物の使用割合(重量又は価格)を現在より概ね10ポイント以上増加すること
  イ 新たに整備する施設・整備で使用する県産農林水産物の使用割合(重量又は価格)を概ね 50%以上とすること
 ④ 農林漁業者との契約取引を拡大すること
 ⑤ 1.5名(375日)以上の雇用を拡大すること

【補助内容】
補助率:1/3以内
事業費200万円以上のプロジェクトであること
 ※事業費が5,000万円を超える場合は、5,000万円の1/3が補助金の限度額となります。
◇自己負担額については、低利融資制度(山形県商工業振興資金)を御利用いただけます。
 ※融資に際しては金融機関の審査があります。まずは金融機関に御相談ください。

【応募期間】
平成29年4月19日(水)~5月31日(水)(県6次産業推進課 必着)

【事前指導等】
応募にあたっては、プロジェクト計画について、事前にやまがた食産業クラスター協議会等による指導・助言を受けることが必要になります。
平成29年5月24日(水)まで、やまがた食産業クラスター協議会に相談ください。期日までに相談がない場合は、県への応募ができない場合があります。

【応募の流れ】


【応募に必要な書類】
◇プロジェクト計画(実施要領別記様式第1号)
◇事業実施計画(実施要領別記様式第3号)及びその添付資料
◇その他計画の詳細が分かる資料等
 ※記載されているもののほか、対象事業者やプロジェクト等の要件を定めています。県ホー
ムページに実施要領等を掲載しています。
詳細はこちらから⇒山形県ホームページ

【相談窓口】
山形県農林水産部6次産業推進課 新事業創出担当
住所:山形市松波2-8-1(県庁9階) TEL:023-630-3192

▽プロジェクト計画についての助言・指導を受ける場合の相談はこちらまで
やまがた食産業クラスター協議会
住所:山形市緑町1-9-30(緑町会館3階) TEL:023-679-5081
2017.04.20:cluster:[情報提供]

クラウドファンディングサービス「山形サポート」の開設と資金募集案件について(案内)

 
 この度、山形県と山形新聞社ほか3社が締結した「クラウドファンディングを活用した地方創生に関する連携協定」に基づき、クラウドファンディングサービス「山形サポート」を開設しました。同サービスの活用による資金調達を検討される方(事業者)を支援いたします。
 つきましては、クラウドファンディングの活用に関心のある方(事業者)は、下記「山形サポート」または山形県庁商工労働観光部中小企業振興課にお問い合わせください。

≪問合せ先≫
◇「山形サポート」
  ホームページ:URL:http://yamagata-np.jp/yamasapo/

◇山形県庁商工労働観光部中小企業振興課
  電話:023-630-3950

▽チラシ(PDF)


※クラウドファンディングとは ・・・
 群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、インターネットを介して不特定多数の個人から事業実施に必要な資金を調達する仕組み

※クラウドファンディングの活用促進に係る連携協定 ・・・
 平成28年12月16日、山形県、株式会社山形新聞社、株式会社荘内銀行、株式会社山形銀行、株式会社きらやか銀行、READYFOR株式会社の5者により県内企業や県民等の創意工夫による多様なプロジェクトについて、クラウドファンディングを活用した資金調達を支援し、地域経済活性化ややまがた創生につなげることを目的にした連携協定

2017.01.30:cluster:[情報提供]

「新商品開発に係る消費者求評会」事業者募集のお知らせ

この度、米粉や米加工技術(ライスミルク、ゲル、ネピュレ、米粉餡)等を用いた新商品の試作や既存商品の改良を行う事業者様に対して消費者モニターからの商品の開発・改良のアドバイスを得るための消費者求評会を開催します。
つきましては、試作品を出品していただける事業者様を募集します。

内容:①消費者求評会の開催
    ②講師からのアドバイス(希望者)
対象:米粉や米加工技術を用いた商品開発・改良を行う企業・団体・個人 
募集期間:~平成28年12月28日
費用:無料(ただし10人分程度の試食商品の提供をお願いします。)
※消費者求評会の日時・場所は後日決定

お問い合わせは事務局(山形県農林水産部6次産業推進課:023-630-3192)
またはお問い合わせフォーム(http://yamagata-komeko.jp/contact/)よりお願いします。

皆様の御参加をお待ちしています!

▼やまがた米っ粉クラブホームページ
2016.10.03:cluster:[情報提供]