8/4(木)#533 大雨による避難所開設、そして先ほど終了(閉鎖)

空が引き裂かれるような轟音、一面を一瞬でまばゆく照らす稲光、ワイパーも効かない程に打ち付ける大雨、線状降水帯と呼ばれる同じ地点に執拗に降り続く雨・大雨・豪雨、何度も何度も鳴り響くスマホからの警告音。3日の午後から置賜地方は何十年に一度の降水量に襲われました。警戒レベルの見直しから初めて発令された警戒レベル5(最上位)の「緊急安全確保」、それがまさか山形県置賜地方になるとは想像もしていませんでした。「長井市全域避難」致芳小学校も午後8時から避難所になりました。最上川の堤防が決壊する恐れは、この致芳地域にとって最大の恐怖でしかありません。夜になって続々と地域の方々が避難してこられました。不安で言葉も少なくなります。私たち教職員にできることは、地域の方や子供たちに「知っている顔」を見せて、「知っている声」を聞かせて、少しでも安心してもらうことだと思います。命を守る手伝いもそうですが、それが一番の学校の務めであると感じました。4日(今日)の午後1時15分に最上川が安全な水位まで下がり、警戒レベル4「避難指示」も解除になり、避難所も閉鎖しました。飯豊町、小国町の被害がまだまだ大きく、油断できません。新潟県や石川県などでも同じように大雨が降って災害が起きています。これ以上、雨が降りませんように、どうかどうかもう被害が増えないことを祈ります。

2022.08.04 14:34:chihoushou:[致芳小ブログ]