10/26 まるごと長井給食(22日)取材を受けました。

23日の学習発表会では多くの皆さんにYouTube配信で子ども達の発表の様子をご覧いただきましてありがとうございました。配信は1週間しておりますので、繰り返しご覧いただけます。見逃した方はこれからでもどうぞご覧ください。前日の22日、長井市の給食は【地産地消の日】として「まるごと長井給食」でした。メニューはごはん、鯉のやわらか煮、菊花入りひたし、芋煮でした。鯉は家庭でもなかなか食べなくなってきており、見た目からも子どもたちの反応はもうひとつでしたが、食べてみるとおいしいと表情が変わります。骨も丁寧にとってあり、食べやすくなっています。芋煮はもっちりとした里芋とたくさんの牛肉で子ども達も大喜びです。山形県人のDNAに組み込まれているのかもしれないと思ったほどです。この様子は、長井市の公式ホームページ内のフェイスブックでも紹介されていますのでご覧ください。

【給食だより 長井の給食「虹のかけはし」10月号より】この「まるごと長井給食」は、長井市食育推進計画の取り組みのひとつとして行われたもので、可能な限り長井市で育てられた、または製造された食材を使用する給食です。約2100食分の食材を長井のものだけでそろえるのは難しく、日常的にできるものではないそうです。ですからこの機会をとらえて、地産地消の大切さや意義などを子ども達に伝えたいと考えます。のこさず、もう一口食べたいですね。

2021.10.26 09:21:chihoushou:[致芳小ブログ]