【転職成功物語29】「今の自分に自信を持つことが大事」~自分の強みを知る。

「転職成功物語」はその名の通り、
キャリアクリエイトが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。

 

代表の原田です。

東京からのUターン転職をサポートさせて頂いたHさんより、これまでのストーリーを伺いました。
 

--------------------------------------------

大学入学以来10年間ほど住んでいた関東を離れ、地元である山形に戻ることを決めました。


理由はいくつかありますが、家庭の事情によりいずれは山形に帰らなければいけなくなったというのが大きなウェイトを占めています。

本当に帰らなければいけなくなるまでは給与が高い関東でできるだけ稼いでおく、というのも一つの考え方だと思います。

しかし切羽詰まった状況では満足できない仕事につかざるを得ないかもしれないし、年齢を重ねるにつれ転職自体が難しくなるかもしれません。

帰った後の生活を考えれば、余裕がある早いうちに生活の基盤を山形に移すほうがいいと決断しました。

そういうわけで転職先を見つける前にUターンを決めてしまい、転職活動は退職時期を会社に伝えてから始めました。

 

いざ情報収集してみると、希望職種そのものが山形にはかなり少ないという状況が判明しました。

最初に登録した某大手転職エージェントには「山形には紹介できる案件がない」「仙台に通うことを検討してはどうですか?」と言われ当てにならず。

自分で求人を探してもスキル・給与の両面でなかなか条件が合わず、企業探しにかなり苦戦していました。

 

そんな中、たまたまキャリアクリエイトさんのセミナーが近い日程にあったので参加し、面談の上でお願いすることにしました。

やはり私の経歴にぴったり合う求人はないとのことでしたが、いくつか紹介していただけました。
中には、自分で探したもののスキル面がマッチせず諦めた企業も含まれていました。
「必須とされているスキルがないのですが大丈夫でしょうか?」とお伺いすると、その点は先方にお話しいただいており問題ないとのこと。

案件がないと突き放すことなく可能性を探っていただけて本当に良かったです。

また、私は一時期メンタルダウンで休職していた事実を黙っておこうとしていたのですが、それはいけないと諭していただきました。

当時はマイナス点を覆すほどの魅力が自分にあるとは思えなかったので、黙っていることが許されないのであれば転職は無理だと本気で思っておりました。

 

しかし最終的には思っていた以上に条件が良い企業に内定をいただくことができ、私が間違っていたんだと実感した次第です。

今の自分に自信を持つことが大事だと教えていただき感謝しています。

この度は本当にありがとうございました。

 

この先もいろいろな事情で山形に帰ることにした方々が安心して生活を始められるよう、キャリアクリエイトの皆様のご活躍をお祈りしております。

--------------------------------------------

人は自分が当たり前にできることは強みと認識できない動物のようです。
 

Hさんは、勉強することがごく自然に出来る方。でも、自然とできちゃうから強みだとは認識できない。

ご紹介したところは技術的レベルが高いIT系の企業で求人票を見ただけではスキルマッチングしませんでした。

紹介にあたって、そこはなんの躊躇もありませんでした。

多少の苦労はするだろうけど、いつの間にか自然と技術的なことは見つけてしまうでしょう!
 

今度お会いする時に、Hさんがどんな表情でどんなことを話しされるのか、いまから楽しみです。

 

《関連記事》
【転職成功物語28】”求人がない”からといって諦めない。年収アップを果たした50代部長
【転職成功物語27】関係性構築している企業に”予約” 
【転職成功物語26】「潜在的な求人情報」にアクセスする行動力が大切
【転職成功物語25】無視できない母の様な、人材紹介会社です
【転職成功物語24】妥協・後悔が一切なく仕事を見つけることができました
 
2018.01.22:[お知らせ]