Vol.3 UIターンを推し進めるために必要な「覚悟」

  • Vol.3 UIターンを推し進めるために必要な「覚悟」
山形へのUターン、「決断」するにはなかなか勇気が必要ですよね。実は、私も東京からのUターン転職組なので、とても気持ちがわかります。

今回は、「そろそろ、山形に戻ろうかなと考えるけど、決めきれていない」方に向けて、私の山形へのUターンの経験談を通して感じた、Uターンするために必要なものについてお伝えします。



Uターンの決意を推し進めるためには、「生活を見積もること」が必要

私は、30歳くらいのときに一度自分の将来やキャリアを見直すタイミングに「この先どうしようか?」とか「どこで自分は死ぬのかな」といったことを考えてみたら、親の顔が浮かんできたり、家とかお墓とかどうすんだろ、と思ったり…それで、東京から山形に戻ってくることに決めました。

そこで心配になるのは、やはりお金のこと。

都会に比べて、給与のベースが格段に低いです。相場を聞いてみたら、職種や業種にもよるりますが、私は3分の1くらいになる計算でした。
妻にしてみたら、結婚してすぐに年収激減なんて詐欺のような話だったのではないかと思います。

それでも、いま私はこうやって山形で働いているわけですが、Uターン前に「給与が下がっても大丈夫」という覚悟できたのは、「ライフプラン表を作って将来のキャッシュフローを想定出来た」からです。

入社時に提示された初年度の給与から月毎の手取りを計算し、そこから月々の生活費や貯金を計算し、ライフプランに基づいていつ何を買う必要があるか、予想して書きました。
Uターン当時は子どもはいませんでしたが、将来仮に子どもを授かった場合の計算もして、生活するイメージがきちんと持てたことがとても大きかったですね。
一応、60歳までのシニュレーションはして、さらには、仮に病気になったり、帰ってから自分が急に死んでしまった場合も想定しました。
生命保険、医療保険も見直ししました。勉強したことはもう忘れてしまったけれど、保険や税金は少しでも知っておいたほうが良いなと感じました。(学校でファイナンシャルプランを教えるべきですよね)

こうやって「生活を見積もる」ことを行ったことで、普通のつつましい暮らしの目処がたったことと、最悪、急に死んでしまっても家族は安泰だという変な安心感が、私のUターンの決意を確固たるものにできたと思います。



「生活を見積もること」で、Uターン転職の「決意」が「覚悟」になる

覚悟とは、辞書で調べると「悪い事態(に多大の努力がいるの)を予測して心の準備をすること。」と出てきます。

「Uターンしよう!」と気持ちを新たに決意しても、なかなか腹が決まらない人も多いと思います。
そんな方は、まずは生活を見積もってみましょう。
Uターンしようかどうかフワフワしている人は、この「生活を見積もる」がなかなか出来ていないように思います。

書き方としては、厳密に計算する必要はありません。
親と同居?アパート暮らし?車は何台持つ?子供は保育園に入れる?など、暮らしをイメージしてかかる費用をざっくり紙に書き出して計算してみるのです。何か特殊な知識が必要なものではありません。(でも、計画は常に変わるものだし、くらいの心の余裕を持ってくださいね)

お金の問題が自分の中で解決できていれば、転職する際に「給料上げるから転職しないでくれ」という慰留にあったとしても気持ちが揺らぐことはないのではないかと思います。(実際は「田舎に帰るなら仕方ない」と一切慰留されなかったのですが。)

足元の生活がざっくりと見えているか見えていないかで覚悟の度合いはずいぶん違うものです。
【コンサルタント 佐藤大輔】
2016.03.04:原田幸雄:[お知らせ]