【転職成功物語14】決め手は行動力。苦労が報われたIさん。 

Iさんと初めてお会いしたのは2月初旬。
酒田市内がすごい地吹雪で、これが初体験だった私は「これがうわさの庄内地吹雪ですね!」と見知らぬ人に話しかけたら、「こんなのは、酒田だって年に2~3日だぁ」と教えていただいた寒い日でした。

待合せ場所でお会いしたIさんはとても元気。
お若いのにきちんと転職に向き合って情報を集めていて、良い意味で「周りの人を利用するのが上手な人だなぁ~」という印象でした。

Iさんは、離婚されて、かつ小さなお子さん2人をしっかり守っていかなければならないお母さん。
現実は、お子さんの守っていくために自ずと「最低限の必要収入」「労働時間の制約」という妥協できない必須条件をクリアしなければなりません。
前職では、アットホームな会社で、総務・経理・営業・WEB構築・販促など幅広い業務をこなしてきたので、ある程度幅広く目指すターゲットは設定できるものの、やはり苦労することになりました。

結果的に、私どもからのご紹介は実りませんでしたが、持ち前の根気強い行動力で見事就職が叶いました。

しかも、すべての条件を満たしているので圧巻です!
Iさんおめでとう!頑張ってください!

以下原文そのまま掲載します。

--------------------
山形から離れて12年。就職・結婚・出産・離婚を経験し山形に帰ってきました。インターネット上では、転職サイトが多数ありこんなに求人があるなら山形へ帰っても大丈夫だろうと高をくくっていましたが甘かったです。関東近郊や都市部の求人が多く地元の求人はめったに見つかりません。そんな中、山形県の人材紹介会社キャリアクリエイト様のページに行き着き登録しました。その時の私は、「いつまでも親に迷惑かけれないしどこでもいいから早く就職して生活基盤を整えたい」と焦っていました。初対面の佐藤さまよりいただいた言葉は、最終的に定年まで尽くしたいと思える会社との出会いへ導いてくれました。

「求人のある会社に自分を合わせるのではなく、自分のやりたい仕事が出来る会社を探しましょう!絶対ありますから!大丈夫ですから!」

早く職に就き安定した生活を送ることが離婚して子供を養わなくてはならない私には必須でしたが、何年か後に無理がたたり再度就職活動をしなければならないのはそれこそ本末転倒ではないかと目の覚める思いでした。この時やっぱりやりたい仕事を探そうと心に決めました。

2月からハローワークとキャリアクリエイト様を基盤に就職活動を開始し第1希望の会社に2次面接で不採用となりショックを受け就職活動を自粛中。さらには大震災の到来。その後ハローワークをメインに就職活動するものの何十社も書類選考すら通らずの日々・・・。自分の人間性すら否定されているような気持ちになりました。佐藤様に紹介いただいた会社様も子供がいるがために条件が合わず不採用に。就職活動の苦しい時期でした。佐藤様には「また次頑張ろう!」と何度も励ましていただきました。

私は明るい性格が功をなしてか面接まで持ち込むことができればある程度自分を表現できると思っています。ですから書類選考すら通らないハローワークからの応募を減らし『会社社長へ直接履歴書を送る就職活動の方法』へと切り替え何とか面接の機会を頂こうと作戦を変更しました。
送付する履歴書、職務経歴書、お手紙、自己紹介文と佐藤様にアドバイスいただき週2通を目標に出し続けました。初めは、いきなり履歴書を送って非常識な人と思われないか、お叱りの電話が折り返しあるのではないかと不安でした。幸い面倒見のいい社長様達とお話しする機会を得て採用には至りませんでしたが大変良い経験になりました。

7月に入り久しぶりに佐藤様よりご連絡いただき「他社の転職サイトへ地元の求人が出ているから」と情報をいただき即応募しました。結局、役員面接で仕事内容や環境に折り合いがつかずご辞退させていただきました。これからどうしようかと考える日々・・・。
数日後、ご辞退した会社より再度ご連絡いただき、別の仕事でも人が欲しいから一度その部署の人達と軽い気持ちでいいので面談してみませんかというお誘いをいただきました。もちろん即OK!フットワーク軽いところをアピールしつつ再訪問しました。部署の人達は馬が合うというか年代も同じくらいで仕事内容や今後の展開がやりたかった職種と合致し盛り上がりました。最後には、出来れば来てほしいという嬉しいお言葉を頂戴しました。
12年ぶりにUターンして知り合いがいない中、頑張って人間関係つくりに励みました。採用にいたったのは運が良かっただけなのかもしれません。これから仕事していくうえでもいろいろな人と縁を持てるように持ち前の明るさでネットワークを広げていきたいと思っています。

キャリアクリエイトの佐藤様には本当に自分のことのように親身になっていただきました。感謝しかありません。新しい就職先では一生懸命働き、今度は求人を提供する側で少しでも恩返しができる機会があればと思います。本当にありがとうございました。
2011.09.14:原田幸雄:[転職成功物語]