HOME > 記事一覧

面接では、相手に自分を知ってもらう努力をする

  • 面接では、相手に自分を知ってもらう努力をする

「面接ってどんなもの?」と聞かれたら、なんと答えますか?

人によっては、「試されている」「スキルを見られている」などと、面接は「企業から評価される場」という風に捉える方も多いかもしれません。もちろん、その一面はありますが、それだけ、でもありません。



面接とは、お見合いのようなもの

そう、面接は「お見合い」なんです。

お見合いって、相性はどうか?一生(転職の場合は、長く)付き合える人なのかどうか?を探っていって、両者がそう思えた時に縁が結ばれますよね。
働く会社を決めるときは、採用企業からどう見られるか・一方的に評価されるだけではなくて、自分が相手をどうみるか・どう評価するかも大切ですから、面接は、お見合いのようなもの、と言えるのです。

例えば、結婚相手を見つけるお見合いの場で、相手にとても気に入ってもらっても、自分が相手をよく知らないまま結婚して、結婚生活が始まってからこんなはずじゃなかった、、、と後悔してしまうかもしれないのと同じように、転職活動での面接の場で企業からすごく良く評価されても、自分が企業のことをよく分かっていなければ、入社したあとに後悔してしまう可能性が高くなります。


自分を知ってもらう努力をする

面接の場で、末長いお付き合いする可能性を探っていくために大切なのは、相手に自分を知ってもらう努力をすること。
面接で聞かれそうなことをリストアップし回答を準備するというのが模範解答としてありますが、それだけでは足りません。企業も面接のプロではありませんので、何を聞けば良いのか実は迷っています。(時々面接に同席しますが、自社の説明がメインになっている面接もあります。)これでは、お互いに理解が進みませんので、なかなか決めれませんよね。

そこで、こちらからも自分について説明をしてあげる事が必要です。質問にダラダラと応えるのはNGですが、質問の応え+αを話してあげると相手の理解がより進みます。例えば、仕事で苦労した点を聞かれた場合、苦労した内容だけを話すのではなく、その時はどんなチームでどんな苦労や失敗をし、結果どんなリカバリーをしたのか等の情報も+αで伝えれば、相手側も、「苦労話だけを聞いて終わった」という感想にはならず、自分に対しての理解が進んでいくはずです。

皆さん想像してみて下さい・・・。
自分が採用担当者だったらどんな相手だったら採用しますか?
頭の良い人でしょうか?それとも元気の良い人でしょうか?
企業によって選考基準は様々ですが、最終的には「一緒に働きたい」と思えるかどうかに行き着きます。どんなに仕事が出来そうでも、一緒に居たくない人は採用しないという判断をする人は多いと思います。

逆に、面接の結果、「採用・入社」というご縁があった時は、「一緒に働きたい」と思ってもらえたということ。

そんな良縁に恵まれるために、「面接はお見合い」というそんな気持ちで相手に接して、相手をよく知り、自分をよく知ってもらうよう努力しましょう。
【人材コンサルタント 吉田博紀】

2018.09.05:ジンジャーズ:[お知らせ]

UIターンを推し進めるために必要な「覚悟」

  • UIターンを推し進めるために必要な「覚悟」

山形へのUターン、「決断」するにはなかなか勇気が必要ですよね。実は、私も東京からのUターン転職組なので、とても気持ちがわかります。

今回は、「そろそろ、山形に戻ろうかなと考えるけど、決めきれていない」方に向けて、私の山形へのUターンの経験談を通して感じた、Uターンするために必要なものについてお伝えします。



Uターンの決意を推し進めるためには、「生活を見積もること」が必要

私は、30歳くらいのときに一度自分の将来やキャリアを見直すタイミングに「この先どうしようか?」とか「どこで自分は死ぬのかな」といったことを考えてみたら、親の顔が浮かんできたり、家とかお墓とかどうすんだろ、と思ったり…それで、東京から山形に戻ってくることに決めました。

そこで心配になるのは、やはりお金のこと。

都会に比べて、給与のベースが格段に低いです。相場を聞いてみたら、職種や業種にもよるりますが、私は3分の1くらいになる計算でした。
妻にしてみたら、結婚してすぐに年収激減なんて詐欺のような話だったのではないかと思います。

それでも、いま私はこうやって山形で働いているわけですが、Uターン前に「給与が下がっても大丈夫」という覚悟できたのは、「ライフプラン表を作って将来のキャッシュフローを想定出来た」からです。

入社時に提示された初年度の給与から月毎の手取りを計算し、そこから月々の生活費や貯金を計算し、ライフプランに基づいていつ何を買う必要があるか、予想して書きました。
Uターン当時は子どもはいませんでしたが、将来仮に子どもを授かった場合の計算もして、生活するイメージがきちんと持てたことがとても大きかったですね。
一応、60歳までのシニュレーションはして、さらには、仮に病気になったり、帰ってから自分が急に死んでしまった場合も想定しました。
生命保険、医療保険も見直ししました。勉強したことはもう忘れてしまったけれど、保険や税金は少しでも知っておいたほうが良いなと感じました。(学校でファイナンシャルプランを教えるべきですよね)

こうやって「生活を見積もる」ことを行ったことで、普通のつつましい暮らしの目処がたったことと、最悪、急に死んでしまっても家族は安泰だという変な安心感が、私のUターンの決意を確固たるものにできたと思います。



「生活を見積もること」で、Uターン転職の「決意」が「覚悟」になる

覚悟とは、辞書で調べると「悪い事態(に多大の努力がいるの)を予測して心の準備をすること。」と出てきます。

「Uターンしよう!」と気持ちを新たに決意しても、なかなか腹が決まらない人も多いと思います。
そんな方は、まずは生活を見積もってみましょう。
Uターンしようかどうかフワフワしている人は、この「生活を見積もる」がなかなか出来ていないように思います。

書き方としては、厳密に計算する必要はありません。
親と同居?アパート暮らし?車は何台持つ?子供は保育園に入れる?など、暮らしをイメージしてかかる費用をざっくり紙に書き出して計算してみるのです。何か特殊な知識が必要なものではありません。(でも、計画は常に変わるものだし、くらいの心の余裕を持ってくださいね)

お金の問題が自分の中で解決できていれば、転職する際に「給料上げるから転職しないでくれ」という慰留にあったとしても気持ちが揺らぐことはないのではないかと思います。(実際は「田舎に帰るなら仕方ない」と一切慰留されなかったのですが。)

足元の生活がざっくりと見えているか見えていないかで覚悟の度合いはずいぶん違うものです。
【コンサルタント 佐藤大輔】

2018.09.05:ジンジャーズ:[お知らせ]

【転職成功物語】”求人がない”からといって諦めない。年収アップを果たした50代部長

「転職成功物語」はその名の通り、
弊社コンサルタントが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。

 

人材コンサルタントの吉田博紀です。

今回は、私が転職をお手伝いをさせて頂いた方の
ストーリーをお伝えします。

--------------------------------------------

関西に本社を置き、製造拠点を山形県に置くあるメーカーは、
定年を迎えた現在の経理部長が退職するにあたり、社外から人材を迎えることを決断しました。

採用は、地元にゆかりがある人を採用したいと、地元山形志向。

地場では大手に属する規模を持つ企業の部長ポジションをハローワークで募集することは出来ないと考え、
人材紹介会社のみを使用して、人材募集を行なっていました。

使用する人材紹介会社はありがたいことに、当社のみ。
その理由は、地元金融機関と当社が連携していたからです。


企業からのニーズを受け、私たちからは、
事業会社で経理・経営企画など管理系の部署で活躍していた50代前半のAさんをご紹介させて頂きました。

企業側の求人ニーズがまとまっている求人票では、原価計算のスキルが求められていました。
しかし、Aさんは原価計算は未経験。

形式的に求人票の募集内容を見ての応募だったら、応募対象外になるところですが、
Aさんの経験をヒアリングすると、経理の細かい実務や会社で必要とされる経営分析などはやってきていました。

求人票で求められている原価計算が未経験でも、
その企業で本質的に求められるであろうスキルは持ち合わせていると感じたため、
その企業でAさんは活躍出来るのではないかと感じ、紹介することを決断。

書類選考時に、企業側に「原価計算以外のスキルが高いこと」、
「Aさんは仕事きっちりする人なので、未経験の分野も覚えながらやっていけるのではないか?」
という、私たちが面談で感じたことを、企業に伝えました。

企業側は、Aさんのスキルを高く評価し、
(落ち込んでいた前職の給与よりも高い)前々職の給与を考慮して、年収を提示して下さりました。

 

Aさんは、その企業に入社し、現在は総務部長として採用・経理を全部任されています。

--------------------------------------------

今回のAさんのご紹介は、
山形県に本社を置く人材紹介会社だからこそ出来たケースだったのではないかなと思います。

ご本人の代わりとなって、企業に提案をしていくのが、人材紹介会社の腕の見せ所とも言えます。

近くにいてAさんの人柄やポテンシャルと企業の内情を、近くで見て理解できていたことが、今回の成功に繋がりました。


”求人がない”からといって諦めない、これが一番大切ですね。

--------------------------------------------

35歳転職限界説も、労働人口の減少により、近頃は段々となくなりつつあります。

転職のお手伝いをさせて頂いた人のうち、
50代の方が占める割合は全体の6%(2014~2016年の実績)ですが、
これからの時代は、徐々に増えていくのではないか、と感じています。
 

「求人票で求められている条件が、自分の経験・スキルにマッチしない」
「自分のスキル・経験では、募集要項を満たす求人がない」などの思いを持ちながら転職活動をされていらっしゃる方は、ぜひ一度ご相談頂ければと思います。

 

2018.09.05:ジンジャーズ:[お知らせ]

【転職成功物語】関係性構築している企業に”予約” 

「転職成功物語」はその名の通り、
弊社コンサルタントが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。
 

ーーーーーーーーーー

人材コンサルタントの佐藤広一です。


山形出身で、東京で英語力を活かして通訳や外資系企業で秘書などを行ってきたJさん。
この方の強みだと感じたのは、英語(TOEIC 945)はもちろん、その馬力を活かした海外との交渉力・調整力。

職務経歴をヒアリングしていく中で、推進力を持って仕事をしているのが想像できました。

また、転職回数が多くて初めて携わる仕事が多い中でも、理解不足な業務分野は、自主的に休日も使って外部講座などで勉強して、職務対応してきたという、自主的に学ぶ姿勢や力、吸収力を感じました。

ネックとなるのは転職回数の多さでしたが、外資系なら夫々の職場で結果を出してきたことを評価してくれるんじゃないかなと思い、山形県内の外資系企業に連絡して求人ニーズを確認。

山形県内の外資系企業からは、「現時点でオープンになっている求人はない」という返答でしたが、Jさんはその外資系企業での秘書・外部との交渉を伴う業務が出来る力があると感じていたので、「きっとやれる方がいるんです」と伝え、英語での交渉・調整などを行う秘書業務などでの求人が出てきたら教えてください、と人事担当の方に図々しくも「予約」をさせて頂きました。

それから半年後、その外資系企業から、なんと人材を探してほしいという連絡があったのです。
その求人は必ずしもJさんの経験とマッチするポジションの求人ではありませんでしたが、「佐藤さんがおしゃっていたJさんの特徴である「交渉力」がポイントの求人です」とのこと。

Jさんの最大の強みである交渉力・調整力を説明し、そうしたスキルが求められるポジションの案件に対して「予約」をしていたことが功を奏したのです。

選考の結果採用され、現在もサプライチェーンマネジメント部門で物流管理の仕事で活躍されています。


このケースは「絶対山形にUターンしたい」という本人の要望・覚悟をとても強く感じたことが、求人が顕在化してなくとも、将来可能性がある企業に「予約」という形でアプローチする原動力となりました。
もちろん、企業との間で「予約」などということができる、「関係性構築」の努力は日々行っています。

熱意と覚悟のある方々には、我々コンサルタントも覚悟を持って(戦術を駆使して)全力でサポートさせていただきます。

2018.09.05:ジンジャーズ:[お知らせ]

銀行員からキャリアチェンジ出来ますか?

  • 銀行員からキャリアチェンジ出来ますか?

企業の寿命は年々短くなり、変化の多い時代。
ビジネスパーソンが「自分が納得できるキャリア=仕事を含めた人生」を実現するには、荒波のなかで生き抜く力が必要です。

そんな皆さんを応援したい!
この「キャリア相談」では、個人の方から普段よく寄せれる「今後のキャリアについて質問・相談」にジンジャーズの人材コンサルタントがお答えしていきます。
 



銀行員からキャリアチェンジ出来ますか?

大学卒業後、新卒で銀行に入行して以来、営業店3カ店経験の中で窓口営業係、得意先係、融資業務係を担当してきましたが、最近の銀行の業務多様化により、私が本来やりたかった中小企業の力になる業務に力を入れることが出来ない状況です。
30歳半ばとなって、マネジメント力も求められる年代に差し掛かっていますが、自分があまり納得していない業務を部下に押し付けることにも矛盾を感じています。

この際、思いきって転職して、キャリアチェンジを図ることも考えていますが、自分のキャリアを振り返ると何もかもが中途半端で、一般の事業会社で「これならできる!」と胸を張って言える、自信がある経験がありません。

私は、転職して仕事がありますか?
(34歳・銀行員)

 

 



私も以前銀行に勤めていましたので、貴方が感じていらっしゃること、とても共感できます。
転職を考えている金融業界の方は、同様のことで悩んでいらっしゃる方も多いです。

近頃は、求人倍率が高くなってきていますが、やはり「転職市場でのご自分の価値=自分が求められる仕事があるのか」が気になりますよね。

まずはご経験や学んでいらっしゃった事に対する市場のニーズをお伝えします。これまでのご経験や今後のご希望などの志向によってもちろん個人差はあるという前提でお聞き頂ければと思います。

【営業経験】
銀行などのように長期にわたって洗練されてきた営業システムの中で培った営業手法や営業管理手法は、 営業に課題を持つ一般事業会社では、是非自社に取り入れたいという高いニーズがあります。

【総務経験】
銀行時代に必ず勉強しなくてはならない税務・財務・法務などの知識は全て、企業の総務業務に不可欠な知識です。専門性が高いため、こちらも一般事業会社でノウハウを取り入れたいというニーズは高いです。

【経理・財務経験】
どのような企業でも、お金の流れ、すなわち金融の知識なしで会社経営はできません。事業のお金の流れや業績を管理する経理・財務管理業務はもとより、これをベースにした経営計画や銀行融資手続きに関わる資料作成などは専門的なスキルであり、この機能を求めたい地場企業は必ずあります。

これらの他にも様々な業種業界の方々とのコミュニケーションスキルなどなど、ご経験を細分化すれば貴方が自覚されていない魅力的な経験が沢山あるはずですよ。

次に「何もかも中途半端」とおっしゃいますが、仕事をする上で大事にされてきたことはありますか?
単なるスキル・経験だけでなく、自分を見つめ直すと転職をするべきか否かの答えも、おのずと見えて来るのではないかと思います。そのためには、ご相談の「私が本来やりたかった中小企業の力になる業務」や、「自分があまり納得していない業務を部下に押し付けることへの矛盾」のあたりに大事なものが隠れているかもしれませんね。

ご自分を見つめ直すというのは、「時間」も大切ですが「方法」もいろいろ試してみることが大切だと思っております。
その方法の一つとして、誰かにじっくり話しをしてみるということはとても有効です。

私が壁打ち相手になりますので、是非お気軽にご相談ください。
【人材コンサルタント 佐藤広一】

 

 

2018.09.05:ジンジャーズ:[お知らせ]