HOME > 求人インフォメーション

Vol.2 入社後に活躍するために必要なステップ

  • Vol.2 入社後に活躍するために必要なステップ

2016年初場所は琴奨菊が14勝1敗で見事優勝しましたね。
日本出身力士としては10年ぶりとか。

琴奨菊の陰に隠れて目立たなかった白鵬ですが、新たな境地を拓かんと「後の先」に取り組んでいるようですね。14日目の稀勢の里戦ではすっかり失敗してしまいましたが。

これは「空手の攻撃法の一つで、相手の攻撃を防御して反撃に転じるとき、防御と攻撃が一連の動作となるような攻撃法。」なんだそうです。

さて、転職後の活躍も「後の先」で行きましょう、というお話です。

 

転職でいう「後の先」とは、その会社の見極め

 

実績のある人、力のある人ほど、面接のときに企業の方からいろんな期待を語られます。

「うちは◯◯ができていないんだ。是非、取り組んで欲しい。」
「ぜんぜん改善が進んでいないので、経験を活かしてガンガン仕事を改善して欲しい。」
「いままでの経験を、若手に是非伝えて欲しい」

などなど。

しかし、いざ、その気になって、スタートすると・・・。

・誰も言うことを聞いてくれない。
・挙げ句の果ては社長にチクリ。
・最悪、退職を余儀なくされる。

なんてことが本当におこります。

こうならないために、少しずつ段階を踏みながら、実力を発揮していくことが大切です。

まずは、会社のことをよく見る。

一人ひとりの人はどうか、集団としての風土はどうか、意思決定のキーマンは誰か。
仕事の流れはどうか。
どこから仕入れて、どこに販売しているのか。
現場の方々が課題と思っていることは何か。
そして、経営者と現場のズレはなにか。
などなど。

任せられた仕事を覚えながら、気になることをどんどんメモしておくことが大事です。
(この段階で人に話しちゃいけませんよ)

 

その会社でのやり方で成果を出す

 

次に、まずは「その会社でのやり方」で是非成果を出してください。
2~3回成功したら、頼られるようになります。

その時こそチャンス!

今まで書き溜めた気になることを一つひとつ手を付けていくのです。
しかも、現場の人が楽になる、直ぐ実績でそうな、小さいことから。

これを繰り返していくと、周りから受け入れられます。
しかも、上からは信用がついてきます。
 

いよいよ本番

 

そうしたらいよいよ本番。
本質的な問題について、改善を提案していきましょう。
この頃には、あなたを支持してくれる同僚ができているはずです。
一人ではなく、仲間と一緒に提案していくことが大切ですね。


転職の際の「後の先」、ぜひ試してみてください。

2016.02.25:原田幸雄:[求人インフォメーション]

まみがさきMGセミナー■3月18日(金)~19日(土)

 
まみがさきMGセミナーを下記日程で開催いたします。
 

<セミナー概要>
●プログラム: マネジメントゲーム 第1期~第5期
●日 時: 【1日目】2016年3月18日(金)午前10時-午後7時00分
【2日目】2016年3月19日(土)午前10時-午後5時00分
●場所: あこや会館
(山形市松波2丁目8-1)
●定員: 先着18名
●講師: 佐藤 大輔
株式会社キャリアクリエイト
●参加費: 32,400円(税込)
※資料、2日間の昼食代含む

 

 


◎詳細・お申込みは下記ページを御覧ください。
http://www.career-create.co.jp/notes/info/seminar/mamigasaki-mg.html

 

 

2016.02.25:原田幸雄:[求人インフォメーション]

【転職成功物語22】うちの会社に合う人、と言われたのが忘れられない

「転職成功物語」はその名の通り、
キャリアクリエイトが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。

《関連記事》
【転職成功物語21】リーダーに抜擢して頂き大きなプロジェクトも
【転職成功物語20】『生きた採用情報』があります
【転職成功物語19】工場閉鎖40代失業からの再就職、2社から内定を受け、決断     
【転職成功物語18】Uターンを急ぐのを一旦やめました
【転職成功物語17】年明けいただいた嬉しいメール


今回は、30代のGさんの転職成功ストーリーです。

Gさんは、高校を卒業して入社以来15年、ただ一途に総務・経理職を担当してきた方。
明るく、気配りが出来る責任感の強い方で、業種柄、ただでさえ物理的に休日が取りにくいなかでも、繁忙期には休日出勤を申し出て担当外の仕事を手伝うなど、文字どおり「縁の下の力持ち」として皆に頼りにされながら働いていらっしゃいました。

最初にお会いしたファストフード店。
店員さんが、Gさんのお知り合い(ママ友さん?)だったようで、
おっきな声で、
「◯さん、こんにちは〜〜!!」
「あら〜〜!」
と、ご挨拶し、お互いを信頼しきった素晴らしい笑顔で手を振り合っている姿に、
職場で活躍する姿がイメージできる方でした」

そんな彼女は、様々な職場環境の変化があったのは間違いありませんが上司の心無い一言で転職を決意し、見事、意に適った職場に巡り逢いました。

以下、同じような想いをしている方に少しでもお役に立つのなら、、とご自身の気持ちを振り返ってくれたメールです。





「あなたの仕事は、社労士さんや税理士さんに頼めばいい仕事だから。」

上司から言われ 絶対転職をしよう。
と決めました。

無知な高卒の私を雇ってくださった社長、奥様に少しでも恩返ししたい思いで働いていましたので、
上司からの言葉は全て否定された気がして非常に残念でした。

しかし、次を見つけて辞めようと思い、在職しながら転職活動をしました。

最初に受けた企業の面接は、すごく良い雰囲気だったと思いましたが、一次面接で落ちてしまいました。
残念でしたが、縁がなかったんだな。
と気持ちを切り替えて次の機会を待ちました。

次にいただいた面接の時は緊急入院をする事になり、一旦面接は白紙に。
また、ダメかなぁ。
と思いましたが、退院後しばらくして面接していただけることに!

一次面接、二次面接とスムーズに話が進み、二次面接の時には出社日まで決まりました。

キャリアクリエイトの佐藤さんは、うちの会社に合う人を紹介してくれるので、とても信頼している。
と、面接先の社長さんが言っていたのが忘れられません。

きっと、佐藤さんあっての転職成功だったと思います。
本当に感謝しております。

この気持ちを忘れる事なく、次の職場で精一杯働かせていただこうと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

Gさん、頑張って下さい!

実は、Gさんは1件目の面接でもとても高評価だったのですが、ご縁がない結果となりました。

「比較的」という言葉があります。
たまたま求人が企図するスキームに「比較的」他者が適していただけ。

転職はご縁です。
1回落ちたからって、人間性を否定されたわけじゃないので、落ち込まずいきましょう。

私たちは、企業との相性を大事にしてご紹介させていただいております。
持てる能力を発揮して働けるかどうかは、環境次第だと思っているからです。
(稀に、自分が働きやすい環境に変えてしまう方もいらっしゃいますけど。。)

私からも、企業の雰囲気などをお伝えさせていただきます。

皆さんがどんなことを大切にして働いていきたいか、お聞かせください。
(佐藤広一)
2016.01.26:原田幸雄:[求人インフォメーション]

【転職成功物語21】リーダーに抜擢して頂き大きなプロジェクトも

「転職成功物語」はその名の通り、
キャリアクリエイトが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。

【関連記事】
【転職成功物語20】『生きた採用情報』があります
【転職成功物語19】工場閉鎖40代失業からの再就職、2社から内定を受け、決断
【転職成功物語18】Uターンを急ぐのを一旦やめました
【転職成功物語17】年明けいただいた嬉しいメール


今回は、30代のFさんから、年の瀬に、本当に嬉しい内容のご連絡を頂戴しました。

Fさんは、大手企業で店舗運営や経営企画などを経験後に退職し訳あって未経験分野である職人の世界に飛び込みました。
数年経験した後、やはり以前経験していたことを活かして仕事をしたいと考え再び転職する決意を固めご相談にいらっしゃいました。

キャリアカウンセリング後にご経験を活かせそうな会社を数社ご紹介し、ブランクもあったので厳しい評価も予想されましたが、持ち前の誠実なお人柄でご縁を掴み取られ、現職とご縁が結ばれた方です。



(原文ママ・個人や企業を特定する文言は伏せています。)

A社をご紹介頂き、半年ですね。
とても充実した有意義な時間を過ごしております。
本当にA社に入社できて良かったです。感謝でいっぱいです。
充実しすぎて、もっともっと長く働いている様な感覚です。

12月発表の人事で総合企画グループのリーダーに抜擢して頂き、社運を左右するような大きなプロジェクトもやらせて頂いています。
これに答える為にも、B社長やC専務のような素晴らしい上司の元、会社に貢献し末永く働いて行こうと思います。

転職を考えた時に、キャリアクリエイトに相談して本当に良かったです。
あの時の吉田さんが、自分の事のように常に一緒に考えて頂き、親身に対応して頂いたのが思い浮かびます。
キャリアクリエイトの皆様、本当にありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------------

持ち前のお人柄と、これまでのご経験とで、僅か半年で社運を掛けた事業のグループリーダーへ抜擢されたのではないでしょうか。

Fさんは私と会った時と、選考が進んでいる時、そして現職の現在で全くお人柄が変わらない方です。
この文章を読むだけで、ご本人の顔が思い浮かんできます。
新規プロジェクトの成功を心より祈念申し上げます。

自分のことで大変恐縮ですが、このようなお言葉を頂いて、本当に、とても嬉しく思います。

キャリアカウンセリング時には、どんな仕事をどのようにされていらっしゃり、次の仕事ではどんな姿がイメージ出来るのかをよく考えます。
Fさんは将来ご活躍されるだろうと思っていましたが、予想以上のハイペースでのご活躍でびっくりしています。

こんなご転職のサポートが沢山出来たらいいですね。(吉田博紀)

2016.01.18:原田幸雄:[求人インフォメーション]

【転職成功物語20】『生きた採用情報』があります

「転職成功物語」はその名の通り、
キャリアクリエイトが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。

【関連記事】
【転職成功物語19】工場閉鎖40代失業からの再就職、2社から内定を受け、決断
【転職成功物語18】Uターンを急ぐのを一旦やめました
【転職成功物語17】年明けいただいた嬉しいメール
【転職成功物語16】ひょっとして最年長?5年後に実現した転職



今回は、50代のAさんの転職成功物語です。
あきらめずに求職活動を続けることで希望が叶った事例です。

※原文ママ。

-------------------------------------------------------



私は現在52歳。昨年51歳のとき30年近く務めた会社を辞めました。
辞めるには辞めるなりの理由があった訳ですが、51歳という年齢からその後の再就職に大きな不安を持っていました。案の定、ハローワークに通いながら、50歳代での再就職の厳しさを痛感することとなりました。特に私の経験が一番活かせると考えていた総務、経理、管理関係の職種は求人も少なく、時がたつにつれ、とにかくどんな職種でもいいから採用してくれる会社があればそこに行こうと思うようになっていました。

そんなとき、ネットでキャリアクリエイト様の存在を知り、早速連絡をさせていただきました。
まず、面談を通して私のことを分かっていただいたうえで、A社の求人を紹介していただきました。残念ながらA社とは縁がなかったのですが、社長面接に至るまでのサポートには感謝しております。

その後、リクナビを通してB社に再就職することができたのですが、私が希望していた総務、経理、管理関係の仕事ではありませんでした。その頃には採用してくれるところならどこでもいいと思っていましたので、採用してくれた会社に感謝しながら働いておりました。





B社に就職してから8か月ほどたったころ、キャリアクリエイトの吉田様から連絡があり、総務、経理の求人があるが興味があるかとの問い合わせでした。
私のことを気にかけてくれ、また、私の希望を覚えていてくれたことに驚くとともに、こうして声をかけてくれたことが嬉しく、また、簡単に説明してくれた募集内容が私の希望にぴったりだったため、ためらわずに吉田様にお願いすることにしました。

その後、佐藤部長様、吉田様と面談し、相手企業に紹介していただき、待望の内定をいただくことができました。

キャリアクリエイト様にお願いしてよかった、心からそう思っています。キャリアクリエイト様には、生きた採用情報があります。私の希望を理解していただき、私に合った求人を紹介してくださいました。また、内定までに様々なサポートをしていただき、二人三脚で得た内定と思っています。

先日、B社を円満退社し、今はキャリアクリエイト様に感謝しながら、新しい会社の入社日を楽しみに待っているところです。
(50代男性)

----------------------------------------------------------------

これからの時代、Aさんのような方を求める企業が増えてきています。

新しい環境で、Aさんのこれまで広く深く培った経験を頂きたいと思います。

ご活躍が楽しみです!!(吉田博紀)

2015.12.08:原田幸雄:[求人インフォメーション]