白鷹町観光協会

白鷹町観光協会
ログイン


鮎まつり会場に高所作業車がやってきます!

「高所作業車 乗車体験」は今年のお祭りの目玉として。

この機会に祭り会場や最上川を上から見下ろしてみませんか?

約12m(建物の3階程度)の高さまで上昇し、また違った鮎まつりをお楽しみいただけます。

※ 当日の天候、風によっては安全優先のため低い位置での体験になる場合もございます。


平成29年9月16日(土)、18日(月・祝)
両日とも終日 体験いただけます。

体験料は無料です。

※ 写真は昨年の白鷹町産業フェアで撮影したものです。



毎年、大人気!「ちびっこ魚のつかみどり」

ニジマスや金魚をつかみどりするこのイベント。

毎回多くのお子さんが参加してくれます!

今年は下記日程の2回です。

平成29年9月16日(土)15:00〜
9月18日(月・祝)10:00〜

※参加対象者は小学生以下に限ります。

捕まえた魚を入れる袋とずぶ濡れになりますので着替えをご用意してご参加ください。

参加料は無料です!

さぁ今年も鮎まつりに集合だ!



「第41回 白鷹鮎まつり」

今年のステージイベントは、平成28年に開催された「全日本こころの歌謡選手権大会」でこころ歌大使に選出された3名をお迎えして、ライブショーをお届けします。

同大会主催の一般社団法人 心を伝える歌の木を植えよう会代表で白鷹町の観光交流大使でもある田勢康弘さんもお越し頂きます。

皆さんぜひ聴きにいらっしゃってください♪


≪こころ歌ライブin白鷹鮎まつり≫

平成29年9月16日(土)

(part1)12:00〜 (part2)14:00〜

道の駅白鷹ヤナ公園あゆ茶屋(白鷹鮎まつり会場)



お待たせいたしました!

「第41回 白鷹鮎まつり」

今年は9月16日(土)・17日(日)・18日(月・祝)の3日間

道の駅白鷹ヤナ公園を会場に行われます!

イベントの中身については随時ご報告いたします!



夏と冬の中山にある棚田の風景を比較

冬場はもこもこの雪と青空とのコントラストが美しいですね。

夏場は緑が生い茂り緑の濃さがはっきりわかります。

見渡す限り山。とにかく山に囲まれています。

田舎風景はずっとあってほしいものですね。

 

"20170727_112840872.jpg"   "20170727_112843273.jpg"

 

"DSC_0653.JPG"   "DSC_0657.JPG"

 



2017.07.28:コメント(0):[メモ/新着情報]

紅花まつり写真コンテスト

1.応募作品 「第23回白鷹紅花まつり」当日を含む、紅花開花期間中の作品。

      テーマ:「白鷹の紅花のある風景」(白鷹の紅花の雰囲気がよく出ているもの)

2.サイズ 4つ切り版または4つ切りワイド版・A3サイズに限ります。

3.賞について グランプリ1点(賞金20,000円) 特選1点(賞金10,000円) 入選2点(賞金5,000円)

4.審査  白鷹町観光協会に一任します。

5.発表  審査後本人宛に通知します。

6 表彰 9月の「第41回白鷹鮎まつり」会場にて表彰いたします。

7 応募先 〒992-0831 白鷹町荒砥甲1296-1 白鷹町観光協会「白鷹紅花まつり実行委員会事務局」

8.応募締切 平成29年8月31日

9 その他  応募はひとり3点までとし、作品の裏面に下記の応募票を

     ダウンロードし、貼り付けてください。

     なお、応募作品及び入選作品の著作権は白鷹町観光協会所有となります。

     作品はお返しいたしませんのでご了承ください。

 

応募票はこちらをダウンロードしてください。

23benikon.compressed.pdf



本日をもちまして今シーズンの紅花 花摘み猫の手隊の募集を終了させていただきます。

お陰様で大紅花畑の花摘みが明日で終了致します。

暑い中ご協力して頂きました皆様大変ありがとうございました。

また来シーズン宜しくお願い致します。

 



田んぼアートが見頃を迎えております。

今年のテーマは「おかいこ姫を慕って寄ってきた亀におにぎりを与えている場面」

白鷹町の地域活性化グループ「蚕桑駅前夢プロジェクト」の方々が中心となり、地元の子供たちと一緒になって1本1本丁寧に植えていきました。

場所はこちら

田植えの記事



7月も後半に差し掛かりました。

町内の紅花の様子です。

咲き始めが早かった荒砥・十王地区では花の摘み取りが進んでおります。

広野・畔藤 周辺は満開を少し過ぎたもののまだまだ楽しめます。

萩野・滝野・中山の咲き始めるのが遅かった地区では、最盛期を迎えており、

同時に花の摘み取りも行われていました。

これから紅花畑をご覧になる方は

道の駅白鷹ヤナ公園、白鷹町営スキー場のは入り口 中山の紅花畑

広野 ファミリーマート横の紅花畑、畔藤 下杉沢の紅花畑

このあたりがおすすめです。

"DSC_8200-min.JPG"

"DSC_8222-min.JPG"

"DSC_8226-min.JPG"



久しぶりに雨が降って、昨日までの暑さが少し落ち着いたように思いますね。

さて、昨年、一昨年と「紅花colors」のイベントで行われた、劇団IMによる花はくれないが 今年は東北芸術工科大学 水上能楽堂にて行われます。回を重ねるごとにバージョンアップするこの詩劇は何度見ても素晴らしい!!もちろん初めての方も感動できる作品となっております。

東北に由縁する人々が時空を超えて紡ぎあげる紅花幻夢の物語。軸となるストーリーもさることながら光、音、すべてが素晴らしい演出で作り上げられています。また、劇中には寒中染めされた様々な紅花色が登場するようです。

小さいお子様からお楽しみいただけます。どうぞ、お誘いあわせの上お越しください。

日時:2017年7月15日(土) 開場18:30 開演19:00

場所:東北芸術工科大学 水上能楽堂(山形市上桜田3-4-5)

入場料:2000円 ※4歳以上チケット必要

チケットやお問合せについて:白鷹町観光協会 86-0086

 



山手の方の地区の紅花はまだ開花前〜咲き始めというような状況です。

畑一面に咲いている十王地区では花摘みが活発になってきました。

毎年、十王八卦地区の大紅花畑では、「花摘み猫の手隊」と称し、

紅花の摘み取り体験を実施しております。

摘んでもらった紅花は1kg1000円で買い取りさせていただきます。

チクチクとトゲがありますので長袖での作業をおすすめします。

詳しくは白鷹町観光協会までお問い合わせください。

■料金500円(長靴・手袋・はけごレンタル料)

■お問合せ 白鷹町観光協会 ☎0238−86−0086



「第23回 白鷹紅花まつり」が7月8日・9日に無事開催し終えることができました。

今年は両日共にとても良く晴れ、猛暑の中での紅花まつりでしたが、たくさんのお客様に足を運んで頂きました。

ご来場いただきました方々、そしてこのfacebookにてまつりの様子をご覧になられた方々も本当にありがとうございました。

白鷹町の紅花はこれからが本番。

一面に咲き誇る紅花畑が町を彩ります。