共感型名刺デザインプロデュース

  • 共感型名刺デザインプロデュース

あなたにとって名刺ってどんなイメージですか?

就職すると大半の人が手にする会社から支給され、
そこには会社名と役職、名前、連絡先が記入されたカード。
営業先でそのカードを挨拶代わりに手渡ししたすことで、
あなたの所在と連絡先を伝えるためのツール。
一般的な名刺の概念はそんなところかもしれません。

そんな名刺の可能性を想像したことはあるでしょうか?

ある印刷会社の統計によると
日本国内で名刺は1日に約3,000枚、
そして年間では約100億枚の消費量があるとのこと。


いったい1日に何千枚、年間で何億枚の名刺が
たいした役目も果たせずにデスクの引き出しの奥へ、
ゴミ箱の中へと消費されていくのでしょうか。

毎日何千枚も消費される名刺の内容が
ただあなたの所在を記した紙なのならば
とてももったいなことだと思うのです。

自分の名刺に助けてもらうという考え方

実はわたしは人付き合いが苦手で、
周りからは近寄りがたいと思われていました。

学生時代はそれでもいいかもしれませんが、
社会に出て個人でビジネスを始めるとそうも言ってられません。

そこでわたしは名刺に助けてもらうことにしました。
そのおかげで無理に頑張らなくとも名刺交換するだけで
今は自然に自分のままで振る舞える様になりました。

自然と会話のキャッチボールが続くから楽で、
名刺が褒められるのでうれしく自己承認欲求が満たされて、
後日お仕事につながるお客様も増えてきました。


名刺にあなたの必要なエッセンスをつめこんで

想像してみてください。

もしあなたが渡した名刺で、
つながりたい方と自然とつながれて会話が弾み、
いづれお仕事につながる増えたとしたら。


その名刺はもうあなたの頼れる分身です。

名刺づくりに正解はありません

名刺をつくるということは、
あなた自身を棚卸しして内観する必要があります。
この行程を飛ばすと名刺にどんな内容をいれたらよいのか、
まったくわからなくなってしまう場合もあります。

プロフィールを細かく入れたり、
写真や模様でイメージを伝えたり、
ロゴマークで自分を表現したりと。

学校の試験ではないので、
絶対的な正解もなければ間違いもない。
みんなひとりひとり違うんです。

名刺に関する情報を集めて実践したり、
誰かの名刺をマネしてみても「なにかちがう」「しっくりこない」
という感情が湧くのはそのせいなんです。

共感型名刺のコンセプト

あなたが初めて名刺を作ろうと考えているのであれば、

・自分の専門分野で困っている人を助けたい
・自分のビジネスを立ち上げて稼ぎたい
・独自のサービスを展開して社会に貢献したい


こんな風に考えてませんか?
個人事業主や起業家を含めた経営者、
カウンセラー、コンサルタントや
士業を生業にする方から会社勤めの方にとって
名刺はその人そのものであり分身でもあります。

その名刺にあなただけのきらめきをいっぱいに詰め込んで
たくさんの仲間やお客様、未来の可能性や豊かさとつながるイメージ。
名刺の可能性を最大限に引き出すということは、
あなた自身の可能性を最大限に引き出すということ。
それが共感型名刺のコンセプトです。

共感型名刺作成の流れ

 

料金:33,000円(税込)
料金にカウンセリング・デザイン作成・
名刺100枚印刷代金が含まれます。
変形名刺・型抜き・箔押しなどの特殊加工・
オリジナルロゴデザイン作成・写真撮影を
ご希望の場合は別途料金かかりますのでご相談ください。

1.名刺カウンセリング
対面にてカウンセリングをさせていただきます。
遠方の場合はMessenger、LINEの動画通話でも承ります。
時間は60~90分間。
※カウンセリングのみの場合はここで終了となります。
カウンセリング料金は5,500円(税込)

2.名刺デザイン制作
カウンセリングでうかがった内容からオーダーメイドで
名刺を作成します。(制作期間は3~10日程度)


3.名刺デザインのご確認
メールなどで作成した名刺デザインをPDFファイルにて
お送りします。内容をご確認いただきながら
ブラッシュアップしていきます。

4.完成~印刷~納品
10~14日程度で仕上がり。納品となります。
手渡しもしくは郵送での納品となります。(送料無料)

共感型名刺に関するご予約お問合せはコチラから

 

2019.09.27:assort:[共感型名刺]