☆あんチャンのお部屋☆

☆あんチャンのお部屋☆
ログイン

 こんにちは。私は今、現役バリバリの専攻科生です。
 これから、専攻科について簡単に説明したいと思います。
 専攻科とは、山辺高校看護科を卒業した後に入る2年課程の学校です。
高校卒業して専攻科生になったと言っても、高校生と同じ時間に登校するし、あまり高校生時代の生活と変わりません。
 高校時代と違うのは2つくらいで、1つ目は一日の授業内容がほとんど看護の専門教科になることです。自分たちで授業をしたり、外部講師の授業が多くなります。
2つ目は、病院実習の内容です。高校のときは東北中央病院に1年生のときは3日間、2年生のときは3週間、3年生のときは戴帽式の後に6週間の実習をします.
高校の実習は基本的には看護師さんと一緒に受け持ちの患者さんのケアを行います。
しかし、一人の患者さんを受け持つのは高校と同じなのですが、専攻科の実習では、その受け持ちの患者さんの看護計画を立てたり、立てた看護計画に沿って看護を行うなど、本当の看護師さんのようなことをします。
専攻科の実習は本当にやりがいがあります。

先輩も優しい人ばっかりだし、先生もいい先生ばかりです。
普通の専門学校より、1年早く看護師になれるし、本当に看護師になりたいと思っている人にとっては、最高の環境だと思います。
みなさんぜひ専攻科に来てください。

2007.10.11:anchan:count(1,209):[メモ/看護]
copyright anchan
powered by samidare
community line
http://tukiyama.jp/yamanobe/2007/
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。
powered by samidare