『華麗』はNHK杯のミキティーと南座の〔顔見世〕の知らせ。明日は又→歌舞伎関連、【いちまた蔵】で♪

NHK杯のミキティーのショートプログラム。結果2位だが美しき安定感。大人の女性になった彼女が魅せる。演技前のコメントが
『セクシーに舞いたい♪』だからスゴイ!しかしそこには清楚さ、見え隠れ。。
セクシーを意識すると清楚さが増すのか・・。
彼女、美しき銀板の日本女性である・・ちがいない。

変わって、京都:南座、恒例の顔見世『大歌舞伎』。再度 観れることあるのかTVにて開催の迫る様子。ほんと華やかナリ。。
『華麗というにはあまりにも優美』、ミキティーと顔見世だ!

 歌舞伎関連で明日から【いちまた蔵】でレアな個展アリ!
(坂東)三津五郎の監修による衣装展だ。
大歌舞伎の正統後継者の一人として・・・衣装監修において興味深きは
 彼が日舞の坂東流の後継者でもある。(たぶん玉三郎もこの派に属すると思う。)
日本舞踊の王道をも継承していく逸材だから(勿、歌舞伎も) 衣装(着物)に対しての眼力も並々ならぬものだと。

 来たれ【いちまた蔵】へ、レアな個展になること必須!(月曜:3日まで。)

小柄で華奢。何度も彼を歌舞伎座で観たけれど、勘三郎ほどのグローバルさに大いなる親しみはないけれど、立役、女形とのきっちり、しっとりこなしてくれる。どこか堅く、でも安定感もピカ一だった。(八十助の頃だったけど・・。)

掛けてみたい。『大和屋、十代目』と、久々に!!

お客様の三津五郎(監修)衣装個展の声!

楽しんで行かれた御来店の方多く、馴染みのお客様には御無沙汰の『いちまた歌舞伎ツアー』の要望の複数の声!
 お客様は同じ大和屋一門だが、やはり三津五郎より玉三郎が観たいとのこと。。でも、わたしは好きですよ。『10代目。。』
2007.12.01:いちまたスタッフ斉藤直也:[編集/削除]

銀盤の王女も・・・

  • 銀盤の王女も・・・
まさか、重ねての転倒・・・
カルメンの名曲にのせては往年のカタリーナ・Vをも彷彿も・・。
激情の炎の衣裳も
銀盤を燃え上がらすまでは至らず。・・・残念、和製銀盤のソフィア・Rよ。
2007.12.02:和製銀盤のソフィア・R応援隊ヨリ:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 303件
昨日 301件
合計 1,532,930件