梅津樹子/チェンバロリサイタルVol.6(私、クリスマス使用の着物にて!)
『クリスマスを宵に』と題し。
私は彼女の長年の、ファンで雪の時期ではありますが、定番になった山形市の素敵な画廊のリサイタルへ、毎年伺っています。(今回は親友と共に。)
この度は、スカルラッティの演奏に、気持ちが惹かれました。伊国生まれで葡国、西国の王様に仕えたその生き方のように、ラテン的、そして哀愁をも帯び、後の葡国の民謡、ファドの原形に聞こえたのは、私だけでしょうか?
樹子さんのいで立ちも、葡国的で可憐に満ちていました。
後半は、大バッハ。流石の大御所のバロックの父の楽曲は素晴らしく、樹子さんの演奏も重厚の極地でした!
△コロナ禍の折、観客制限などの感染対策が行き届いていました。
◎勿論、弊社『いちまた』滝風イオンメディックを館内に使用頂い事で、より感染予防になられたと、確信しております。
#梅津樹子
#チェンバロ
#いちまた
#滝風イオンメディック
2020.12.30:いちまた:[●イベントのお知らせはコチラです]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 469件
昨日 235件
合計 1,278,069件