速くても人間の肌のような弾力のある音色がチェンバロ

  • 速くても人間の肌のような弾力のある音色がチェンバロ
  • 速くても人間の肌のような弾力のある音色がチェンバロ
  • 速くても人間の肌のような弾力のある音色がチェンバロ
梅津樹子チェンバロリサイタル/クリスマスを待宵に
着物でバロックぴったりです(^_^)

若い頃、クラシックに誘ってくれたのも彼女のチェンバロリサイタルでした。
今回のバロック旅行は、w.バードの英国からネーデルランド。そして大好きバッハのオーストリア、休憩の美味しい手作りパンケーキにカフェ??で寛ぎ、大好き渡仏。j.デュフレとF.クープランの組曲。リサイタルの冊子も作曲者の曲、年代に解説。彼女が渡仏(パリ)した折の、クリスマス前のエッセイまで。
気品があり、素敵なリサイタルは山形市ギャラリー絵遊にて。キャパシティが40人弱の満員で、チェンバロでも狭い空間の贅沢感が清い、この価格でいいの?と彼女に済まないですので、又行きたいです。(私は勿論、着物でしたが前の女性が市松地紋 音符?柄の長羽織、洒落てました。)
帰りの山岳国道は嵐。怖いけれどFM、ベートーベンの田園に救われました。
年末は、日本は第九ですが、ユーロ圏はヘンデル、ドイツはバッハは知ってました?
バロック強しですね?

#梅津樹子 #いちまた
2017.12.18:いちまた:[音楽ドップリこん]

素敵な樹子さん

当日モスグリーン、レースのドレスでした。クリスマスカラーはシックで気品があり、新しく塗りこまれた金の唐草模様のチェンバロが調和していました。
2017.12.19:齋藤直也:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 122件
昨日 289件
合計 802,830件