追悼デヴット・ボウイ様

  • 追悼デヴット・ボウイ様
今年に入ってからか、ジギースターダストを聴いた。
一曲目"ファイヴ イアーズ"
叫ぶ彼の声は、異様に優しかった。
ソウル ラヴ 又優しく・・・
こんなにボウイのサックスはフューチャーされていたのだろうか?
優しいのに、圧巻する。
そして、次曲これからロンソンが奏でる圧巻のエレキと、地底から湧き上がるアコギ・・・

レコードコレクターズで彼は歌唱が素晴らしいというのに、あまり私は応じなかった。
しかし、死が迫る極に、やっと理解に及んでいた。

リードが数年前に無くなり現実になってきた。
でも、イギーやボウイは大丈夫。年上のジャガーがピンピンなのだから。(ラテン系の俳優、ドロン、ベルモンドの方を、心配していた。)

しかし、人は病いを患い、死ぬ。
ボウイはそれと一年半も戦い、安らかに死んだという。
皆がいう。
彼も宇宙人ではなく、なりやすい病い、癌で死ぬ人間だった。

しかし、少し解説したが彼は、ジギースターダスト(アルバム)を残した。二十世紀に一番の影響のあるロック作品を。
ロウ、
ステーション トゥー ステーションだってある。

ビートルズに消極的で、ストーンズを詳しく調べない俺の、一番の有名ロックアーティストは間違いなく貴方。
デヴット・ボウイなのだ。

巨星が逝く。しかし、実感ができない。こんなに長く側にいてくれたキングが亡くなるなんて、信じられない。
2016.01.11:いちまた:[音楽ドップリこん]

デヴィッド・ボウイは私の青春

そして、ドロン様と双璧する、私の中の神でございました。

誠に残念というほかはありません。
2016.01.16:Tony Arzenta:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 1件
昨日 495件
合計 447,884件