HOME > 【ケイコでマナブ】

〈お稽古事ごと初め〉にて天然の音楽が沁みる

  • 〈お稽古事ごと初め〉にて天然の音楽が沁みる
kimonoの彩り、追加写真のUP


昨日、お習いしておる
茶道のお稽古ごと初め。
所謂、初釜である。

師匠の貴重な お手前にて
お濃茶を頂く。

又 来年もこの機会に恵まれるよう、せつに願う。
茶道にて言われる
一期一会の気持ちが大事であるとしても・・・。

〈熱した釜が、蒸気の音色を醸す・・〉

【いちまたNEWS】次回、好評のお客様モデルの御期待!!
『見返りの美』に御注目下さい♪


2008.01.07:amaiseikat:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

ようやく涼やか、秋本番♪【残暑の茶会に着物の優雅さを観た。】

  • ようやく涼やか、秋本番♪【残暑の茶会に着物の優雅さを観た。】
先週日曜の茶会の記事の総括も含め、着物の魅力を再確認でした。

とんでも暑さの空間、私、
ウソツキ襦袢着用
+袴着用の為、着物の前身頃先を帯下挿入などの対策施すも、さいたる効果なし。。
(末広も場所を観て活用・・。)

諸先輩も同じも、拘った着物取り合わせの方、複数。
加えこれだけ多くのそれらの方、集まれば
【優雅】この上ない♪
正直、着ての暑さは凄いのだが
よく言う『目の保養』に充分に値するのだ。

私は着物の魅力を『着心地』以上に『優雅さ』に求める大きな再確認と成りえた会となった。

【追】茶会での私の手前は最悪の極み
* 茶せん、が寝っ転がる
* 布巾の地面への落下
* 水さしの蓋の閉め忘れ・・・と散々。
∵ 流石に普段が忙しいとはいえ、多くのお客様を向かえ失礼であるし、同じく師匠の恥ともなる。本番前だけは、最低限、稽古を重ねること誓った。

≪文中の写真は、水屋にて本番への対策を練る自社中の面々。≫




『お早うございす。』
朝から応援クリック、お願い致します!→

明日(10/9)のお茶会に向けて・・。【長井:丸万旅館にて】

  • 明日(10/9)のお茶会に向けて・・。【長井:丸万旅館にて】
久方ぶりへの それへの出席。
加え お茶のカシュアルな空間でながら、お手前もあたっている。
稽古不足もいがめず、茶道先生の稽古場に仕事の御用で一昨日訪問も、
先輩方より
『お手前不安な人が今日、駆け込んでくる・・』と冷やかされる。。

 それで私は、お稽古する訳でもなく、忙しい着物屋自営はブッツケ本番でお手前に挑むことになる。

 サボタ~ジュしながらお習いして10年以上。。
 いいか、悪いか【心臓に毛が生えている・・】私だった。。

【追】着物の仕度も全然してない
          ・・・トホホな状態です。。

【人気ブロランまさかの!60位代突入】応援クリック是非に→
2007.09.08:amaiseikat:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

【中庸の美】着物購入術は茶道教授に学べ♪

  • 【中庸の美】着物購入術は茶道教授に学べ♪
自前での和装シーンが多く、節に即した清楚な着こなし第一とする茶道の先生様方。
大変、着物購入でも学ぶ点多い。
* 回数が多いので高額品が多くないなは当然、抜けておしゃれの先生でもその範疇の内ということもシバシバ。
◎ 要は『中庸の美』の魅力とも通じてくる。
・ ほどほど額の着物で、と取り合わせにも大いに楽しみを持つ。→バランス感覚が素晴らしい訳です。(総合芸術を教授だから狭義のバランスが【着物】ということに・・。)

☆ ☆取り合わせ(アレンジ)とバランス感を大いに楽しみ、
・ とにかく安くなんくちゃダメでなく
・ 特選品でなくて大いに結構な訳だし・・!

≪追≫下段UP写真はプジョー405SRI:『中庸の美』 のメーカーの称号がもっとも似合っていた頃の最末期モデル。内装の嫌味のないシンプルさも好感です。今なら、まだ手に入るか・・ギリギリ。。
≪追2≫お茶の先生の着こなしは清楚の尽きる方、多い。
よって、【派手でないとダメ派】の方が少し新しい方向性がほしい場合、いい参考にも!

 再度、挑戦!応援クリック宜しくお願いします→
2007.09.04:amaiseikat:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

≪写真up完了≫クラシコを知る、そして着物のアレンジと。〔シーン例:叙勲パーティー〕

  • ≪写真up完了≫クラシコを知る、そして着物のアレンジと。〔シーン例:叙勲パーティー〕
クラシコといえば着物。日本の伝統衣装だから当然。
だが今の着物のトレンドはファッションにふるからクラシコはいい?とはならない。
当然、着物は加えてのアンティークブームだからである。
 ならば着物の着こなしは、古典に注目し大いにファッションと捉える。
奥が深いです。。ホント。
また着物はアレンジ(取り合わせ)が命だったりする。
だから、それを大いに楽しみ、時にはシーンによって大胆なアレンジを利かせる♪
オシャレの大きな枝だ。

::::::::::::::::::::::::

昨日8/25秋、突入直前
お世話頂いている、清楚な(私、大ファンの)茶道の先生に着物アレンジアドバイスを仰ぎたいと連絡ある。
叙勲パーティーのお呼ばれとのこと。
お茶で重宝な絽の付け下げ着物での着用に固まったが・・。
紋が入っていなかったので、先生の定紋で文様と同色の陰紋を急ぎで手配。
帯は絽の袋帯2種で迷ったが晴れやか地色の方をオススメした。
 理由は、多いお茶のシ-ンなら地味な光悦垣に萩で清楚が先生の取り合わせの好みも
晴れのパーティーで少々のイメチェンの楽しみと、呼んで頂く主催に敬意を含めての選定で明るい地色の帯に。

:::::

でも自分の確固たるスタイルを持っている先生、今日気温が下がっていれば、地味目の方の帯に差し替えるセンスの女性なのである。

1mata.comいちまたスタッフ斉藤直也

上段up写真は11/18(日)きもの文化検定、東北ブロック〔山大:小白川キャンパス〕の関係打ち合わせのの場、先輩の展示会場の清楚な日本庭園。


クリック願♪→
2007.08.26:amaiseikat:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]
今日 11件
昨日 113件
合計 1,227,850件