HOME > 音楽ドップリこん

謝罪致します。中島みゆき対ローリングストーンズ

中島みゆき大好きの先輩に改めて御指摘頂いて、議論の場がスナックだったこと。それを、きっちり覚えていたと確信しての日記でした。しかし、両アーティストを比べて日記にする事が無意味と御意見頂き、全くその通りと大いに反省しております。

本当に申し訳なく済みませんでした。

反省した後、別々に両アーティストを考えてみました。
中島みゆき の歌唱だけに絞っても、不出世だと思える。あの歌唱はオリジンで誰の影響を受けたのか、私はわからない。

ローリングストーンズが好きな私は、面白い話題を知っている。今年公開のジェームス ブラウンの伝記映画のプロデュースにミックもつらねるというのだ。
二人共、60年代R&Bに大いに染まり、そこから白人のロックをストーンズはつくり、JBは、ファンクを発明する。
ミックのしゃがれに軽快なダンス

JBのケタタマシイ歌唱にノリノリのダンス

どうやらストーンズとJBを比較するのが正解だったようだ。

再度、本当に申し訳ありませんでした。
2015.03.02:amaiseikat:コメント(0):[音楽ドップリこん]

中島みゆき対ローリングストーンズ

マッサンの主題歌で元気爆発。最近の彼女はNHK贔屓され、素直に受け入れる。紅白での肌艶の良さは特殊フィルターか、富士フィルムの化粧品のお陰か?
艶はあっても皺が10センチも肌に割り込んでいるミック ジャガーとは大違いだ。
15年も前か、中島みゆき狂いの先輩が70年代80年代90年代00年代彼女はオリコン1位を取っていると、大威張りだった。
ビルボードで流石のストーンズも、その年代 全部は無理かなと思える。彼が、彼女とストーンズを比較しているのが、本当に首を傾げる。日本を代表する歌姫と、世界的に偉大なロックバントでいいではないか。
男勝りというかあの大らかな歌唱が、全く私の肌には合わない。加えてヤレアジなしゃがれ声ロックが、大いに元気づけてくれる。
2015.02.10:amaiseikat:コメント(0):[音楽ドップリこん]

アルバム8枚超~丁度いい

  • アルバム8枚超~丁度いい
最近二年以上経た、カーステにはじめて、iPhoneを取り付けYouTubeで聴いている。
ハノイロックスの2009年のLIVEだ。
二時間以上三十曲を越す内容。
しかし、知らぬ曲は一曲もない。たぶんアルバム八枚で現在は解散。その時は、残念に思ったが、脂が乗りきっての解散は丁度良かったのかもしれない。

iPhoneから送信
2015.01.17:いちまた:コメント(0):[音楽ドップリこん]

癒し

  • 癒し
営業が続き、ロードの辛さか。しかし、西へ。数分で山際。トンデモ大山林が登場!心は癒しモードに激変。昼食は山崎ショップで購入。久々以前のお客様に回ろうかと、そこは朝日連峰の参道口だった。やはり森林浴なのだ。気持ちの爽やかさが違う。

夕方先輩に誘われ、地元プロサックス奏者と有名ドラマーのジャズディオ。オーネットコールマンのフリージャズなどタイトでかなりイカス‼︎

抑えは行きつけのスナックカウンター。大手自動車会社販売エースの同級生と遭遇。勉強と思い出他、話しは弾む。

自宅帰ってNHK-FM。クールジャパンな70年代後半から80年代のポピュラーソング。YMO ピンクレディー ゴダイゴと聴いてるとこ。その頃の歴史もわかりおもしろい。一風堂出た!

最近音楽鑑賞貪欲。苦手な火曜ルーシーケントの90年代から現在のポピュラーソング。
マイケルの新作も、マニックス ストリート プリーチャーズ明日に向かって打ての挿入歌 雨・・・のカバーまで聴けた。

最後はラウドネスだった‼︎全米70位代は日本ロックバンド最高位 ROCK IN THE NIGHT
。90位代と勘違いをしてた。この司会 マークフリードマン。元メガデスのギターだと最後気づく。

とにかく森林浴、そしていつも音楽鑑賞で得している。
2014.06.25:いちまた:コメント(0):[音楽ドップリこん]

CD買いか

  • CD買いか
ボカロの千本桜見た、YouTubeで。
読売でも詳しく解説。折しも営業回りで少し 邦楽の一時 が流れた。風流な節回しに優雅を感じれて、それは詩吟だった。言われないと長唄だとして聴いていたかも。しかし、邦楽鑑賞には貪欲な俺。(又、営業先のお客様のお嫁さんが音楽教諭を辞め、オペラ主体で大学院に通っていると聞き、正直苦手かなぁと思ったが読売のオペラ記事も読めた。)
アルバム全体を聴かねば分からぬがロックだ。洋楽器はリズム中心、打楽器は太鼓の和洋。LIVEではソロバトルが凄いとのこと。
一番の印象はボーカルに寄り添うようにしが身つき終始奏でる尺八は、絶対はずせない。曲間のソロは琴が先で津軽三味線、ロックを新鮮に。ボーカルの安定感はやはり詩吟からと思う。明らかに、民謡、演歌とは異なる気がする。衣裳の和服を肉付けアレンジ宜しい。
大手エイベックスの戦略。日本でブレイクし、度仏へ。クールジャパンが凄いことになりそうだ。
2014.06.23:いちまた:コメント(0):[音楽ドップリこん]
今日 568件
昨日 788件
合計 1,112,353件