HOME > 【ケイコでマナブ】

野点茶会初日

  • 野点茶会初日
野点茶会初日

********

長井白つつじ公園にて本日10時より16時まで
2010.05.15:いちまた:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

本日、茶の湯 大寄!


昨日、手前の特別稽古を師匠とそのお嬢さんにつけて頂く。母も別部屋で手前担当の為、自宅で連日それの自主練習。
私もさせてもらった夜。大分親子で自信がついた。茶道を習い10数年、私としては茶会の準備で、ここまでの努めたのは初めて。やっと自分の恵まれた環境を痛感す。
初めて通す袴で昨日稽古で、本番に望む。
本日、10時から長井、はぎ苑にて開場。
2010.04.25:いちまた:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

シラフで構成のスンマセン、写真入りもです。。

  • シラフで構成のスンマセン、写真入りもです。。
着物で日記⑮=畳むという和み= 
朝、大雪!!
山形市での茶の湯の会合に、間に合うのかと愕然。

幸いにも、代車を借りていた それはスタットレスだった。

夏タイヤに交換の自家用なら、初参加の会合に不参加の連絡をしなければならい所だった・・・。(乗車前、雪かきも大いにして・・・・。。)

国指定文化財でもある文翔館での会議は、やはり県レベルの会合だからの幸いと感じた。地方公務員重役勇退や財界の諸先輩の面々。一介の呉服屋なれど、茶の湯をほんの少しだけ志すから添える有難い縁。帰り際の駐車場にても、貴重な経営論まで先輩にご指導頂いた!

::::::::::::::::::::::::::::::::

少しの時間、素の自分を取り戻したく、馴染みのシャンソンカフェに寄る。直前、店舗に廻ろうと決めていた有名時計店で、以前ブログにも記すスウォッチのバンドを探す。
結構前に仕入れたこと判る、そのバンドが程に。店員さんに聞けば、今あるだけのものをサイズがあれば取り付けるだけだと。バンド愚か、同社の存続さえ今危ぶまれていたようなこと思い出した。
カジュアルで洒落、低価格の同社も存続は難儀。難しい時代だ。
着物に調和したいから、革調のものがほしいと思っていたが・・・・・
合うのは一種類。写真のそのまんまの、透けるプラスティッキーなバンド。

でもそれはそれで、カジュアル感の絶妙にチープシックの本領発揮。このバンドは捨てがたいと思った。
今日卸した網代柄の財布(京都・くろちく製)と共に、撮影し面白いミスマッチを楽しんで自分の気分をそのカフェで取り戻した所だった。
(時計、財布友に母の進呈のものにて本当に有難く、後日礼を再度発した。)

今後、先輩方と茶会でご一緒する機会があろうから、今の茶の湯の幼稚な実力の私だから少しは心改めようと、長くご指導頂く地元の茶道教授に夕方ながら前向きにそれをご教授頂いた。
夜から、ほぼ休まず着替えて消防団。一次会で済ませて、手の感触に調和はしなかった化繊袴を帰宅して畳む。着物などより少しだけ畳みは難儀な袴なれど、毎日それを畳む、和みの素敵と実感できて・・・・。
2010.04.18:いちまた:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

百聞は一見にしかず

今週、茶道系の発会式及びパーティー。
着物着用にて参ずる。
着物屋なのに着物で難儀していた。
ジモエリア内でしか、茶道行事に参加してなかった仇・・・。

素直にその先生に聞いたが、男子は茶道入門者、特にジモでは少ないから明確に至る回答とまではいかぬは当たり前。
(同業で以前聞いた方に又連絡は、腰は引けていた。)

ミクシィのコミュで質問も、私の当日の役所を明確に話す訳でもないから、見識者からの予想していた着物種類とは全く予期せぬ回答に袋小路に陥った。

前日、パーティーメインで御参加に和装のコーディネイト指南を頼まれていたので、逆に素直に自分のイデタチを御助言頂く・・・・。
発会式の前の呈茶はお運び役と裾の貼り付けの私だから、普段のお茶会のイデタチでベターのお答えに、安堵だった。

当日、呈茶の役所で男子のイデタチも様々。
ジモ茶道におけるTPOははっきり自信を持って明確となるのだった!

発会式+パーティーにも及第の私のイデタチに、着物誂えを早まらず良かったと・・・・


茶道界の頂点の方々がご来賓として・・・・イデタチ男子は全て洋装に、茶道要人の着物とは仕事着でしかないと落胆は残念に思った。
2010.03.10:amaiseikat:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

優雅な時間だったけれど・・・・

  • 優雅な時間だったけれど・・・・
本日、弊店定休で茶事に呼ばれた。
昨日も疲れて、着物の準備は行ってない。
今朝、また気分が面白くなかったが、まずは散歩と思ってブログ歩きながら行ったりして・・・・・・気分も戻り、車内にて音楽、映画ソフトのちと整理。
素敵なドヌーブの『昼顔』をチラ見しながらだった。

イブサンローランのオートクチュールを纏う彼女が高級娼婦へと変化(へんげ)する大魅力のストーリー、気品とエロティズムが行き交う映画に私、車中で幸せを感じた・・・・。

『昼顔』に上質を感じたから昼からの茶事に俄然前向きになった。
店に行き、着る襦袢を探しあてて自宅に。
自室にてバッハのLPを聴きながら着装。

帯を忘れるも春色だからと思い急場で、袴下帯を草地の染め帯に差し替え。

優雅な4時間弱の茶事。
いつも大車輪な時間と戦っているから、最近この茶道と向き合う時間が入門から一番有意義と思えてきている。

先日、業界で有名着物随筆家に叱られたのだが・・・・ここぞという時の着物が私はいいと体感した。
特別な茶事という時間にピッタリの絹着物。
神聖という言葉は適当でないかもしれぬが・・・・それを召すことで気分が素敵になる。そういう時に着物に特に召したい。いつも着物でいる必要は着物屋だからといってもサラサラないと私は思う・・・・。

旦那衆のご夫人に、その春色の袴下帯と羽織の暈し裏地を褒められた。
正直嬉しかった。



桃の節句の続きで、手巻き寿司を家族で夕食までは良かったが、食前のラムレーズンチョコが宜しくなかったのか、少し前まで腹痛は酷かった。

優雅な時間も忘れかけていたけれど・・・・だいぶ今は回復。
今日を日記に綴った。
2010.03.03:amaiseikat:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]
今日 31件
昨日 327件
合計 1,326,397件