HOME > ●お見合い部『フィナンサ~ユ』

卵子の冷蔵保存における浦安市助成金の補助へ決定の動きについて

弊社も結婚相談部(フィナンサ〜ユ)を運営しているが、画期的な朗報と感じずにいられない。
弊部のお見合い形式の性格上、最低限の入部の方の情報開示の許可をもらっている。
今件を含めながら現状を探っていきたい。
弊部では30代前半の女性が多い。結果、子宝を授かったとしても1人というのは、かなり高い確立なのである。
その年代の女性は実際、子宝に感してどう思っているのだろうか?
複数恵まれたいと思っても、それは願望の域まではいっていないのではなかろうか。
冷凍保存の100万は高い金額だろうか。それが浦安市では30万ぐらいに検討中というのだから朗報に聞こえてしょうがない。過疎に悩む地方ならば、行政も心に留める話題なはずだ。

博愛の貫きと 新たなる出発

昨年の紹介から本年二月経過。結納の日時が決定した。本当に幸いなことだ。一般的には仲人として、結納まで努める役目は、諸理由で無し。
私が関わる二人の公の場は披露宴からとなろう。
私の重要な今件の役所はお開きとなったのである。男女そして両家に任せ、私はそれに沿うのが一番肝要である。

新たなるお見合いに向けての前に、伺う大切なお宅を今回も記す。私がお見合い相手のアドバイスに迷った時に、指南を頂く先輩の所だ。二人の結納日確定のお礼に。心からの感謝の弁を述べる為にだ。

この感謝という言葉、成就にこぎ着けた男女は、忘れてはいけない。この感謝の念を持ち合わせた時、結婚に到達しようとする男女が、本当の大人としてのスタートラインに立ったという事なのであるから。

吉報

それは意外に早く訪れました。
彼は凄くマメに会う回数を彼女と共に。アプローチに徹したのでした。
彼女もそれに応じデートを重ねたのです。
そして、彼がが彼女にプロポーズをし、受け入れたのです。

明日、彼の家に晩、呼ばれています。晴れやかな宴になるでしょう。

しかし二人にこれから私のアドバイスが必要な時が複数でてくると思っています。
今日、敬愛している先輩にプロポーズ成功と、私への助言のお礼に伺いました。私は新たに学び、彼に感謝で一杯です。

微笑み返し

本日、私が紹介した男女に招かれる形で会食をもうけてもらった。
男性より結婚前提にお付き合いする宣言がなされた。男女の相性も良かったのだろう。男性がこれまで、本当にリーダーシップを取ってくれた。
私は、婚約までのアドバイスなどをした。初婚をしようとする二人である。私は大切なことを、忘れていた。婚礼辞典を双方に贈ることだ。それには、結婚までの基本的なすすめ方が書いている。
いわば、結婚をふむまでの段の踏み方が書かれている。男女が結婚を考えているのだから、大きな参考書となろう。
少なからずの問題はあろう。けれど、女性の終始の微笑みに、まずは安堵している私だ。彼女も、弊社のホームページん見て、連絡をもらっている。

悩まずに、気軽に特に女性のご連絡を待っています。

いちまた婚礼部フィナンサーユ代表 斉藤直也

本日の結婚相談のご連絡

最近、HP より真剣な相談の方から、又もや連絡がありました。
私のワイフワーク
お二人の幸深き成就、そして複数人の子宝を願ってやみません。
近々、山形に上り結婚相談です。
今日 6件
昨日 100件
合計 896,789件