HOME > ●『お洒落』と『こだわり』を鍵として

革バンド=6=

  • 革バンド=6=
あ~
豪雪エリア大晦日、今幸福。

写真はアンティーク時計に一応、属するかなぁ。
左から、フランス製牛革?、フランス製小トカゲ革、日本製牛革有名メーカーバンド、日本製ワニ革無名ブランド。
高い金額は、ワニだが付け心地が悪い。
左2番目はフランスの高級ブランド、付け心地は最高だ。

別格でハイエンドの時計は出さぬが、ダチョウ革の純正。バックル機構が複雑で、革も傷みにくい。

革バンドの付け心地は、動物の種類ではなさそうだ。

この時期本来なら、除雪で これらは付けられぬ。
大晦日は左のブローバだった。
古き良きアメリカよ(^^)
妻には、新婚当時に同社の金無垢を。
使ったこと、最近トンと そういえば観ず。 "トホホ"

山形県南陽市市民文化会館

  • 山形県南陽市市民文化会館
巨額の箱物建設なども理由で、前市長は完敗。

けれど、その負の遺産が新文化会館だ。

巨大のなんと、木造による器は、好音響。
地元の文化と、このホールに来たい

経済的輸出

が、起こるはず。
加え、地元出身の創業の企業が、再上質のスタンウェインのピアノを寄贈している。

隣接の長井市に私は住むが、公共のハード設備の新設は、現状全くない。財政再建を至上としているから。

42歳のリボーンが加わった

  • 42歳のリボーンが加わった
  • 42歳のリボーンが加わった
特選呉服いちまた 取締役 齋藤直也より

以前も記したが、近くに腕利きの時計職人がいる。今回山形市のそれより役半分の値段で修理完了。山形市は保証は半年ぐらいか長くて。
こちらは、なんと一年。
ブランドはラドー。大学就職も考えた当時の代理店は、上野不忍池の酒田時計貿易。
日本人には古くからの親しみのラドー。ゴールデンホースにダイヤスター。本当に大好きだ。
汎用金属バンドが気に入らず、衝動買いで中心商店街の後輩の店へ。後輩は不在にて女将さんと、沢山あり緊張しながら思案。
奮発してラドーレッドのクロコダイルにした。
意外にも、その革バンドははじめて。価格が結構高いからかな。
本当にラドーとの生活は感慨深い。デリケートに使いたい42年もの41石がコレクションの仲間に(^_^)

時計職人

  • 時計職人
  • 時計職人
絶滅危惧種に時計職人があてはまると、日経流通新聞に。
私は高校入学時の、お祝いに父より貰った時計を使っている。時計は分解掃除一回と二度のメンテナンスで騙し騙し、使えるようなっている。
市内では、腕時計をメンテできる職人が二人しかいない。
その店が時計メンテナンスの広告を出した。
御店もかなりの自信があるのだろうと思う。

不動のオメガがある、値引きも、あるようだから今日行ってみよう?

写真が高校記念とSEIKOタイプ2。流石に、秋で革バンドのものに、卒業したい所だが、デイデイトが営業などで有難く、まだスティールバンドのものを使用中だ。
合わせて、ジョージ・ジェンセンのピンキーリング沿わせている。

素敵なバッグナンバーの表紙

  • 素敵なバッグナンバーの表紙
一層、夜涼みになるね。
今日 57件
昨日 228件
合計 861,090件