HOME > ●イベントのお知らせはコチラです

着物魅力ブログ:山形県の着物ニストに朗報です♪ウワサの着物文化検定:本年11/18(日)山形(市)会場決定です!!

世は検定大々ブーム!!
本日の読売ではボウFM曲にてロック検定開催の記事!
俺も受けようカナ。

趣味の話しはここまでで本道の
国認可団体の権威のある!!着物文化検定。
私も東京会場で受験。結構難しく、前もっての対策本での勉学に励まずば
現時点での最高階級の合格も危ぶまれたかも。(県内では17名合格です。)

この度私が青年部会長を勤める親会の東北呉服専門店会の小池会長の尽力で
着物文化検定:本年11/18(日)山形(市)会場決定です!!

仙台でなく山形に決定は
山形での着物シーンの盛り上がりは見逃せないのでは?!
晴れて、私も
着物文化検定の主催関係者として
当日は頑張ります。
1mata.com東北呉服専門店会青年部会長:斉藤直也

写真は長井の白つつじ公園。
花咲の名残が密かな:長井のデートスポットです。
ゆかたにて集い小洒落てゴザッテオゴエナッシ。


着物文化検定の
サイトはこちらです。

小池会長経営の素敵で一生懸命な着物店『からくさや』はこちらです♪

いちまたオシャレブログ:これら皮靴の成熟度に自信♪

着物の特選の魅力を知るお客様が新宿屋ブランド革靴の前個展に続き御来店。
おしゃれの『特選』を深く御理解の方にも、満足頂く。
大いにこのブランドに強く自信です。

私目も複数購入までといきませんが
趣味の腕時計を見るよう、『テジュー(小トカゲ)』に『オーストリッチ』に『マッドクロコ』などなど。
動物素材は靴も時計のバンドも多い。
生きた素材だったものだから
MONOにこだわる方は(私も)愛着を持ち長く付き合うことになろう。

新宿屋ブランド:『夏』革靴個展2日目の模様でした。

靴個展は明日10日(火)まで
1mata.comいちまた店主代理:斉藤直也

コダワリ靴も大好きな着物屋です。新宿屋ブランド:夏の皮靴個展、初日の模様♪

  • コダワリ靴も大好きな着物屋です。新宿屋ブランド:夏の皮靴個展、初日の模様♪
初日の様子を少々。

大挙御来店と行きませんがぼちぼちと・・。

前回秋・冬物の折も御来店のお客様が再度。
やはり履きやすいのでとの有り難い御意見で早くの縁起のいい『店開け』のお客様。夏物も大変、御興味を。

又、別お客様は初来店。スペシャルバイザーのススメで片方の足だけ調整後あまりも履きやすさに複数購入。

やはり拘り靴に限っては『外国ブランドの出来合い靴』には負けない絶対の自信があります♪

明日10日(火)まで『いちまた店頭』にて個展開催。

詳しくは:いちまたブログのコンテンツ欄〈個展・催しのお知らせ〉からどうぞ!


男は腕時計に靴など小物に拘る。ならば淑女も拘ってみては、『いちまた夏の皮靴:個展開催』。

  • 男は腕時計に靴など小物に拘る。ならば淑女も拘ってみては、『いちまた夏の皮靴:個展開催』。
お蔭様を持ちまして昨日無事終了致しました。いちまた店主代理:斉藤直也
〈ダイジェスト編です。〉神戸が誇る、皮靴ブランドの最右翼、
『新宿屋』ブランド。一見も価値アリです。いちまた店内にて10日(火)まで。

☆コダワリの最大点は『舶来ブランド靴との大きな違いです』。
プレタポルテ(出来合い)品に限れば、どうしても
悲しいかな、日本人は【幅広足】が多い。(私も!!)
いくら舶来(外国)ブランドのいい物、購入も長く履ききれない事多いです。ハイ。
(女性に多い外反母趾の方も新宿屋スペシャルバイザーに気軽のご相談を。)

新宿屋のは、その点い~です。やっぱり履きやすいのです。(女将も当然入ります。)
フィッテイングをお気軽にどうぞ♪

男は腕時計に靴など小物に拘る。ならば淑女も拘ってみては、『いちまた夏の皮靴:個展開催』。

  • 男は腕時計に靴など小物に拘る。ならば淑女も拘ってみては、『いちまた夏の皮靴:個展開催』。
神戸が誇る、皮靴ブランドの最右翼、
『新宿屋』ブランド。一見も価値アリです。いちまた店内にて10日(火)まで。

☆コダワリの最大点は『舶来ブランド靴との大きな違いです』。
プレタポルテ(出来合い)品に限れば、どうしても
悲しいかな、日本人は【幅広足】が多い。(私も!!)
いくら舶来(外国)ブランドのいい物、購入も長く履ききれない事多いです。ハイ。
(女性に多い外反母趾の方も新宿屋スペシャルバイザーに気軽のご相談を。)

新宿屋のは、その点い~です。やっぱり履きやすいのです。(女将も当然入ります。)
フィッテイングをお気軽にどうぞ♪

※ もしの御購入以後の補修、調整も全部お任せ下さい。
『いちまた』に総てご連絡下さい。
新宿屋【東北・北信越担当統括員】とは5年以上のお付き合い。
今、個展にも常勤体制にてご安心下さい。
私は思い出したくない『冬』の秋以降の革靴の対処もその統括員はバッチリ視野に入れます。
理由→新潟出身の雪国育ちだからです!

※ 表題のように紳士からの視線にも好対応です♪
理由→『紳士の拘りは足元から』と言うように彼ら、それに拘っているからこそ
女性の足元にも自然の目がいく。
紳士の目は厳しいですぞ。淑女の皆様。
(新宿屋の拘り品なら、その点も安堵です。)

※ ※やはり拘り系の店主、女将、私だから、皆、靴が大好き(草履もね。。)
お客様の支持が続く限りこのブランドと共に継続の所存です。

Imata.comいちまた店主代理:斉藤直也
今日 264件
昨日 815件
合計 1,534,307件