HOME > 音楽ドップリこん

ダブル・エンジェル

  • ダブル・エンジェル
少し前、ボウイのEP盤を記したが、左側は記念すべき氷室ックの1STシングルで勿論、解散初めての!
ボウイの最終アルバムでもシングルカットまでは及ばぬも、アルバム4割に近いぐらい氷室が曲を書いていた。それがどれも悪くない佳曲なのだ。
アップの1stシングル『エンジェル』も、その勢い十分に完成されたロックチューンに仕上がっている。同封されたシングルには、写真と同等のシール付きの振る舞いも魅力。
しかし、回を重ねるごとに彼の曲は悪くないのだが、だんだん、どれも同じく聴こえてしまうようになるのは・・・・俺だけだろうか??
(そんでもって数年前ボウイ時代の曲の封印を解除して、氷室は唄う・・・当たり前の行為だ、やぱっり。)

同じ頃、不振のどん底を喘いでいたアメリカンハードロックのキング『エアロスミス』はボン・ジョヴィのプロデューサーなどを配して最後の大勝負でなんとか、アルバム『パーマネント・ヴァケーション』を(大)ヒットさせた。
その2NDシングルが同じく『エンジュル』。
黒い溝鼠の荒さを捨て、明るさへ持ち込まれた当時の売れるハードロック達。
そして、今曲に、溝鼠さは天使なんだから微塵もない。
そんで、あれよあれよと、ビルボード3位とエアロ当時の最高位楽曲となった。(以前は『ウォーク ヂス ウェイ』の6位)
2012.11.14:いちまた:コメント(2):[音楽ドップリこん]

わがままジュリエット

  • わがままジュリエット
流石に氷室ックは今では聴かぬ。けれどロックが好きでも、矢沢の永ちゃんのキャロルやYes my Loveの黄金期は少しリアルタイムに外れる45歳の俺だ。
BOФWYが大ブレイクした80年代後半、大ヒットシングルのB・BLUEの氷室京介のステージングのカッコよさにドギモを抜かした。本家のデビット・ボウイのそれを模範とはしていたが、登時の流行の英米ポップスのカッコよさに全く負けてなく、佐野元春はどうでもよくなった。
当時はまだEP(シングル)盤が存在し、後追いした、傑作バラッドが「わがままジュリエット」だ。(アップ写真)
同時期のスマッシュヒットの「ホンキートンキークレイジー」も所有している。
どちらもレア物の部類だと思う。
そしてかなりの佳曲だ♪
2012.11.13:いちまた:コメント(0):[音楽ドップリこん]

『木枯らしに抱かれて』を脱がせて

  • 『木枯らしに抱かれて』を脱がせて
隣組の相談会で久しぶりに酔ってパソコンに向かう。
夕方FM-NHKで小泉今日子の名曲『木枯らしに抱かれて』が流れた。

節柄ピタッリ、オジサンも胸キュンした。そんでもって酔った勢いで彼女の絶品ジャケ買い、『素敵なラブリーボーイ』を日記にアップ。木枯らしを、大いに男のスケベ根性で脱がせた感じだ。
今曲は酔って名前が浮かばぬが、過去に別のアイドルがスマッシュヒットした曲。(そのシングルも所有しているのだが・・・・。)キョンキョンも同じくヒット!
増してや別ジャケの水着編も存在する。(いつかの機会に。)
又、ジャケを広げればほぼ全身のビキニのポスターになり、当時の勢いもあって大当たり当然のシングルだった。

よく最近も年齢詐称する芸能人がいるが、彼女場合は身長で156センチが後になって153センチであったことを公表している。

今も宇宙船に乗り、先輩の松田聖子とフジフィルムの化粧品CMに出る。
けれど聖子の整形が凄いのかは知らぬが、キョンキョンの目元下の皺が、かなり気になる。化粧品CMということあるのに、CGを使わないのだろうか。

少し疑問である・・・・。。
2012.11.11:いちまた:コメント(1):[音楽ドップリこん]

凄いぞEP(シングル)盤!!

  • 凄いぞEP(シングル)盤!!
最近体重の高止まりが又、健康診断でも気になった。
以前ブログで挙げたNHKのテレビ体操は風邪がだいぶ改善し、継続はしているが10分そこそこでは・・・・

NHK(D-2)の方で、好きな音楽3分で体重減的な番組を見た。それは3セットを1日やると効果大のようだ。
3分でいいので、好きなパンクのシングル盤1曲で終了なので都合が良い。

ヤフオクで買った、ジャンク紛いのプレーヤーが最近絶好調で、それでシングルを掛けて健康ダンスをしている♪

写真は名前だけSEX PISTOLSのポールとジョーンズで作ったもの。とっくにジョニー・ロットンは抜けている。
しかし、ガンズ&ローゼズのカバーアルバムに今曲が入っていて、素敵さを知り、オリジナル盤をどこの中古屋で発見、とんでも高くはなかった気がする。

勿論、私のお宝シングルの1枚だ。

そんでもって貯めていたシングル盤を改めて見れば、70年代を中心にした珠玉のPOPSがズラリ!!

これから、時折それらコレクションを紹介していくよ♪
2012.11.10:いちまた:コメント(0):[音楽ドップリこん]

ロックの大枝動かず

先月ロック雑誌に大々的にデヴィット・ボウイの名盤『ジギースターダスト・・・』40周年の企画が各紙に!

読み応え満載も、昨年来日の復活エアロスミスや、まだまだやれるストーンズに比べ、とうのボウイは何のアクションもない。

ダンシャリでもないが、普通なら買うはずの俺も手元から雑誌を放した。

長きに渡り舞台の一線にいたボウイも動かなくてよいと思う。又ロックもジャズのように定番化してしまったジャンルに他ならないとよく思う。

しかし、美しく正確無比に計算ずくの男のロックは今日の夕方、大いに俺に必要になった。
天邪鬼のように『ジギースターダスト・・・』の次回作『アラジンセイン』を掛けた。

悪くないやはり。
2012.06.17:amaiseikat:コメント(3):[音楽ドップリこん]
今日 75件
昨日 165件
合計 1,203,703件