HOME > 【ケイコでマナブ】

美しい所ブログ(改)

  • 美しい所ブログ(改)
作日、NHK総合のニュースにて藤沢周平特集。
山形出身の至宝の小説家のそれを私目、恥ずかしながら読んでおりません。しかし藤沢作品の映画『蝉しぐれ』を見る機会に恵まれました。
同作品の最新映画『武士の一分』で妹は心から泣けたと!
前段のその特集、今話題(海老蔵との破局で同情票が入ったか)の女優?サトエリのゲストに元NHK松平アナと豪華な布陣に藤沢周平の実筆原稿に庄内の雪景色の風景かを織り交ぜて。
ただただ『美しい』としか感じえない、気持ちとなる。
藤沢作品の舞台は主に地元の庄内(山形県内)である。
私たちの地元を舞台した藤沢作品を通して特に今、多くの日本人は感動している。(私も以前に多く読んだ時代小説の巨人、司馬遼太郎はどこに飛んでいってしまったのだろうか?)
ここで記したいことは藤沢作品の仔細ではなく、(勿論、語れないのだが・・)
その作品を通して、この地元が『ただただ美しく』感じるのことだ。
私は昨今、疑問に感じているは特に今の長井の『地元のウリカタだ』。自然の食材他(それ自体は大変、結構なことだが!)を武器に『田舎くささ』でうっていることが多い。年配の男女をテレビに出しては長井弁を笑いにする始末。(私は稽古そっちのけ?で茶道をお習いして10年余になるが、その先生は長井の街中で生まれて80の歳はすぎるも、ずっと、お嬢様育ちの方。所謂長井の山の手育ちで『ほでやたんっだがっす~♪:そうだったのですか、の意』などなど、その長井弁といったら、北前船が庄内に就き最上川で、はるか上流この長井まで京文化伝わったということが諸に納得なのである。とても優しく気品に満ち美しい、お国訛りの敬語!)
『観光が地方の切り札』とは何年も前から口が酸っぱくなるくらい。しかしそのプロモーションがあまりに格好悪く美しくない。名残の【久保の桜】は日本一美しい桜と、毎年開花して想う。それは藤沢作品の庄内と同じ美しさだ。そこに田舎くささはなく。それでうること自体、見あたらないことだ。
この長井を『田舎くささ』でうる必要は一切ない。美しいものが沢山あるのだから。
1mata.comいちまた:斉藤直也
【追】知事、物入りの山形セレクションにフェラーリのデザイナー奥山氏の後押しのパリへの山形デザイン群の出展など大いに意欲的且つ、洒落感をも兼ね備えている。山形県も地方。しかし、そこに『田舎くささ』は皆無だ。大いにスマートに長井も見習ってゆきたい所だ。

2007.06.21:いちまた:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]

いちまた着物とおしゃれブログ:『お稽古』でおしゃれに差をつけて・・・♪

着物屋にとりまして本当に有難く、長いお付き合いをお稽古の先生とはさせて頂いております。
本日も長く面倒頂いているお茶の先生に又、寄せて頂き節感のあります上生菓子に取れたてのおひたしなどを頂き、先生の何がなくてもやはり『茶道』にいきつく晴れやかな話しに終始しました。
60は過ぎている方ですが『茶道』を御教授する立振舞からくるのでしょうか?とても清楚で気品があり魅力的な女性でもあります。おりしも今日ヤフオクで購入したブニュエル監督円熟の傑作、ドヌーブ主演の『昼顔』のレーザーディスクが届きました。前ブログでも記しましたが本年オスカーのプレゼンでのドヌーブは気品さを失わず私、歓喜しました。
 今日の先生もドヌーブの気品に引けを取りません。このように年を重ねるほど、清楚で気品を兼ね備える。特に『茶道』は総合芸術であり和装に関しても、その先生は江戸好みの侘び寂び感のあるシックな着こなし。
先取りしすぎますが、夏のお稽古で夏大島に洒落帯を締められ臨む姿は和の極み。
 カトリーヌ・ドヌーブを真っ青です!
先生の唯一?の悩みは『茶道』の生徒さんが中々増えないということ。私も紹介できなかったりで、こんな『茶道』を愛し魅力的な先生でも生徒さんが増えないのは地方の茶道も終焉か?
と嘆いた時、以前ありましたが、私は強く大丈夫です!!と今日も申しました。
 私40歳目前ですが、なんとかパソコン(携帯はついていけませんが・・)に追いつき、このブログ、ヤフオク、掲示板(仕事の着物写真館なども)大いに活用しています。
 いま、30より若ければ、もうそれらを必須のツールとして愛用いている訳です。
私ら世代にも多い何とかこなす、ではない世代なのです。
ですから彼女(男性も)らは私ら世代以上にカッコよさを求めてるはずです。デジタライズでは魅力は横並び。
自分の魅力を引き出すには『お稽古♪』イイカンジです。(クラシコにシフト。)
『今日、午後からドライブどう?』の彼氏の発しに
『これから、お茶の稽古なの。また誘ってネ』みたいな返しは気品がありおしゃれ。
彼氏も絶対悪い感じはせず、彼女のおしとやかさに【愛は増すばかり】でしょう?!
そんな魅力の先生に節の合間に御連絡を頂き、着物のコーディネイトを頼まれることは
着物屋としての最上の喜びなのです。

1mata.comいちまた 斉藤直也
2007.03.30:amaiseikat:コメント(0):[【ケイコでマナブ】]
今日 96件
昨日 788件
合計 1,151,208件