HOME >

生きもの彫刻をめぐる

  • 生きもの彫刻をめぐる
  • 生きもの彫刻をめぐる
  • 生きもの彫刻をめぐる
  • 生きもの彫刻をめぐる

天気の良い日に巡ってみてはいかがですか?

「一藤」「南陽印刷」です。

「一藤」の梟は伊達政宗の兜、三日月型前立てをイメージしているそうですよ。

凛々しい。爪の猛禽類感が半端ないですね。

「南陽印刷」の小鳥は読書中。(フロイトとか読んでいたらどうしよう…)

2020.06.01:aka-you:

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。