HOME > イベントのお知らせ

[募集中]第4回テーマサロン「災害×地域活動 人と地域を助ける活動で大切なこと」

  • [募集中]第4回テーマサロン「災害×地域活動 人と地域を助ける活動で大切なこと」

みなさんこんにちは!
台風、豪雨……全国各地で甚大な災害が起きてしまいました。
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、安心できる日常を取り戻せますように。

じつは11月は2回のテーマサロンを予定しておりまして、
11月12日の「ママの地域活動お茶会」に続きまして
第4回目となるテーマサロンを開催いたします。

第4回テーマサロン  災害×地域活動
「人と地域を助ける活動で大切なこと」


テーマゲストは、東日本大震災をはじめ、数々の被災地で災害ボランティアセンターの運営に関わっておられる
「ウェザーハート災害福祉事務所」の千川原公彦さんです!





(チラシをクリックするとPDFファイルが開きます)

 

現在も宮城県の被災地に入り活動をされている千川原さん。
このサロンの開催も延期にしようかと迷っていたのですが、
快く「行きます」とおっしゃってくださいました。

災害の備えは個人でももちろん大切ですが、
個人の枠を超えて "地域"の中で何ができるのか、
みんなで話しあってみませんか?


みなさまのご参加をお待ちしています!!!

 

★★★申し込みをお待ちしております★★★

■参加対象:県内在住の40歳位までの方で、地域を元気にする活動をしている(する予定)方
・・・高校生、大学生の方も大歓迎です・・・

■定  員:先着8名(定員になり次第募集終了します)

■申し込み:以下よりお好きな方法でお申し込みください(参加の可否は返信にてお伝えいたします)
・Email…concierge@aisoho.jp
・電話……070-5621-7111(平日9~19時)
・Facebook、LINE、Twitterでも受け付けます
※氏名、年齢、住所、所属先(あれば)、職業(または学校)
連絡先(TEL) 、Emailアドレス をお伝えください。

■持ち物、料金:特にありません

 

 

2019.10.30:aisoho:コメント(0):[イベントのお知らせ]

補助金講座第1回目を開催しました

  • 補助金講座第1回目を開催しました

こんにちは!

めっきり涼しくなって

紅葉はまだかな~と山を眺めてしまう日々です。

山頂あたりはほんのり赤く見えるところもありますね。

 

台風により延期していました

「補助金・助成金

申請書の作り方とプレゼンテーションのコツ

~チャレンジの可能性を広げよう!~」

の第1回目を10月19日(土)に開催しました!

 

日程変更があったにもかかわらず、7名の方にご参加いただきました。

 

講師の笹渕美香さんの進行のもと、

まずは自分がやりたいことを掘り下げ、今日来た目的を明確にする時間。

補助金に興味のあった方、山形で活動する人との出会いを求めてきた方。

それぞれいろんな目的があって参加してくれました。

目的ややりたいことを紙に書いて、参加者同士で共有することで、その人が何をしたくて、何に困っているかが見えてきます。

 

また、様々な補助金を使って、多くの事業をされてきた吉野敏充さんから、

どんな事業にどんな補助金を申請したのかや、行った事業の詳しいことなどを伺いました。

 

後半は補助金とはどういうものなのか、具体的な説明でした。

一人で読むと頭がこんがらがってしまう資料も、皆で読んで、しかも解説もあると頭に入ってきます。

でも、実際に申請書を書いてみる、となると難しいですね……

みなさん、笹渕さんや吉野さんに質問をしながら、どういう風に書けばいいのか考えていました。

次回はいよいよプレゼンをしてみます!

どんな内容になるのか、とっても楽しみです(^^♪

2019.10.24:aisoho:コメント(0):[イベントのお知らせ]

第3回テーマサロン ママの地域活動お茶会 PartⅢ 参加者募集

  • 第3回テーマサロン ママの地域活動お茶会 PartⅢ 参加者募集

こんにちは!
12日に通過した台風19号はすさまじかったですね……

山形県でも被災したところがあるとのこと。
県内外でボランティア等をされる方もいるかと思います。
周囲や体調に気を付けて、活動してくださいね。

さて、
今年も3回目となりました
テーマサロンのお知らせです。

 

こんどのサロンはママ限定 heart


★第3回★
女性×子育て×地域活動
ママの地域活動お茶会 PartⅢ

日時:11月12日(火)10:00~12:00
会場:若者支援コンシェルジュ事務所

 

ゲスト
NPO法人明日のたね 代表理事
相談やファシリテーター時々講師

伊藤 和美 さん

昨年から開催している子育てママのためのテーマサロンは、今回で3回目を迎えます。
庄内地域の子育てポータルサイト「TOMONI」や地域の交流施設「長沼ともにひろば」を運営し地域密着型の子育て支援を展開する「NPO法人明日のたね」の代表、伊藤和美さんがゲストとして来場します!
いっしょに子育てと地域活動についておしゃべりしましょう。
これからの活動のヒントが見つかるかも……?

 

★★★申し込みをお待ちしております★★★

■参加対象:県内在住の40歳位までの方で、地域を元気にする活動をしている(する予定)方
・・・高校生、大学生の方も大歓迎です・・・

■定  員:先着8名(定員になり次第募集終了します)

■申し込み:以下よりお好きな方法でお申し込みください(参加の可否は返信にてお伝えいたします)
・Email…concierge@aisoho.jp
・電話……070-5621-7111(平日9~19時)
・Facebook、LINE、Twitterでも受け付けます
※氏名、年齢、住所、所属先(あれば)、職業(または学校)
連絡先(TEL) をお伝えください。

■持ち物、料金:特にありません

チラシダウンロード

 

―――――――――――――――――――――――――――

若者支援コンシェルジュ事務局(AISOHO企業組合)

〒990-0832 山形県山形市城西町5丁目29-19
TEL 070-5621-7111(平日9~19時)
FAX 023-673-0703
WEB  https://www.aisoho.jp/concierge
LINE @wakamonoshienc
Facebook @wakamonoshienc

 

 

 

 

 

2019.10.17:aisoho:コメント(0):[イベントのお知らせ]

「阿部洋史ようやく山形でライブします!」へ行ってきました!

  • 「阿部洋史ようやく山形でライブします!」へ行ってきました!


9月20日(金)19時より
タップダンサー阿部洋史さんのライブが
Noisy Duck(ノイジーダック)で行われました。

阿部さんは現在、
東京で介護の仕事をしながらライブ活動をされています。

出身地である山形市でのライブは初めて。
思い入れの強いステージです。

隠れ家のようなNoisy Duck、
雰囲気のあるほの明かりの中でライブはスタート!

 

始めはゲスト
シンガーソングライター 浅岡秀隆さんのライブです。
1メートルくらいの距離で聴く歌と演奏は迫力満点!
パワフルなベースとドラムに負けない声量で
会場を盛り上げます。

手拍子をして体を揺らしたくなるような楽しい音楽と、素直な歌詞の曲でした。
すっきりとした張りのある声で、浅岡さんは8曲を歌いあげてくれました!

 

 

いよいよ本日の主役、阿部さんが登壇します。
今日のために作った木板のステージは、タップダンスのリズムをよく響かせていました。

軽快で力強い靴音にみんな耳を澄まします。

こんなに早く鳴らせるのか、と思うほどリズミカルに、タタッ、トタッ、と靴音が鳴って、それが音楽になっていました。

ゲストの女性タップダンサー高橋いほさんと、ピアニスト八木美恵子さんの伴奏も加わり、ダンスはより情熱的になります。
足だけでなく、手で体をたたいたり、手拍子をしたりと、まるで体全部が楽器であるかのよう。

「タップダンスってこういうものなんだ」
と感動しました。

最後に披露してくれたのは
パワフルなダンスとは打って変わって、
しっとりとした言葉とダンスのステージです。

「poetry×tap」と名付けた、阿部さんオリジナルのダンス。

ラップで情緒的な詩を読むポエトリーラップからインスピレーションを受け、タップダンスにアレンジしました。

声優を目指した経験を活かし、感情のこもった言葉をダンスにのせます。
のせる言葉は、自身の感情や想いです。

タップダンスを始めたきっかけについて
阿部さんはライブの冒頭でこうおっしゃっていました。
「タップダンスはステップでいろんなジャンルの音楽を作ることができる。そこが魅力なんです。」

集まった方は、出演者も、観客も、みんな楽しそうで、ライブ終わると、アンコールの声が響きました。阿部さんたちは2度もアンコールに応えてくれました。

かくいう私も、
初めて生で見るタップダンスはとても楽しく、そして感動しました。

 

次の日は、上山市のみゆき会病院でのパフォーマンス!
入院されている患者さんのほかにも、たくさんの人が訪れて、迫力のあるダンスと歌声に、アンコールのリクエストも飛び出すほど!
会場は拍手と歓声が鳴りやみませんでした。
短い時間でしたが、心が躍る素敵な時間を皆さんと過ごすことができました。

またぜひ、地元山形でライブをしてほしいですね。

阿部さんのことをもっと知りたい方はぜひこちらをご覧ください。

https://www.facebook.com/hiroshi.abe.50159

2019.09.25:aisoho:コメント(0):[イベントのお知らせ]

「補助金・助成金 申請書の作り方とプレゼンテーションのコツ」参加者募集

  • 「補助金・助成金 申請書の作り方とプレゼンテーションのコツ」参加者募集

9月に入って今年もあと残り僅か。

まだまだ先だと思っていた増税や雪の季節が迫ってきました。
やはり準備は大切です。

そこで、若者支援コンシェルジュ事務局では補助金申請を考えている方向けの、申請書作りやプレゼンのコツを知るための講座を開催します!

 

「補助金・助成金
申請書の作り方とプレゼンテーションのコツ
~チャレンジの可能性を広げよう!~」


参加無料
2回連続講座です

日時:2019年10月12日・19日 (土)13:30~16:00
会場:山形県産業創造支援センター3階 会議室A
定員:12名(1団体2名まで)
対象:地域を元気にする活動を行うために補助金・助成金の活用を検討している団体、個人(高校生~40歳位までの方)

何か活動を始めたい時に、活動資金をどうやって得るかは頭を悩ませるハードルのひとつ。銀行からの融資やクラウドファンディングも手ではありますが、公益性の高い活動であれば、行政の補助金制度を利用してみてはいかがでしょうか?この講座では、特に山形県で実施している「やまがた若者チャレンジ応援事業」に焦点を当て、申請書の作り方からプレゼンのコツまでを学びます。

≪講座詳細≫
1日目 10月12日(土) 13:30~16:00
講 師:笹渕 美香 氏
ゲスト:吉野 敏充 氏
(kitokitoマルシェ運営委員会 代表)
1.補助金、助成金とはどんなもの?
2.実際に活用した事例を聞いてみよう
3.申請書類の書き方と準備の進め方
4.申請書を書いてみよう

2日目 10月19日(土) 13:30~16:00
講 師:笹渕 美香 氏
ゲスト:白石 祥和 氏
(NPO法人With優 代表)
1.申請書を書いてみて(質疑応答)
2.プレゼンテーションをしてみよう
3.ゲストからのアドバイス
4.学んだことをシェアしよう

★1回目から2回目にかけて、申請書を書く宿題があります
(期間中はメッセンジャーでの質問相談ができます)
★講座終了後、希望者には個別相談を実施します


≪参加のお申し込み≫
◆ メール、お電話のいずれかの方法でお申し込みください。
メール:下記URLのフォームからお申し込みください
https://www.aisoho.jp/concierge/kouza20191012
お電話: 023-646-3274(月~金 9:00~17:00)
◆ 定員は12名(1団体2名まで)となります。先着順で定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。
◆ 本講座は2回連続講座です。両日ともご参加くださいますようお願いいたします。

チラシダウンロードはこちら

 

お申し込みお待ちしております!

お問い合わせ先
若者支援コンシェルジュ事務局(AISOHO企業組合)
〒990-0832 山形県山形市城西町五丁目29番19号
TEL 023-646-3274 FAX 023-673-0703
委託元: 山形県子育て推進部 若者活躍・男女共同参画課

2019.09.11:aisoho:コメント(0):[イベントのお知らせ]