HOME > 突撃訪問!

With優フェス2018に行ってきた

  • With優フェス2018に行ってきた

(↑フェスに展示されていた絵画作品より)

こんにちは、ミッチです。
暑い日差しの中にも、爽やかな風と高い空。
秋の訪れを感じる季節になってきました。
読書の秋、食欲の秋、芸術の秋・・・・
みなさんは どんな秋を過ごしますか?

■With優フェス2018は、ゆるくてあったかいイベントだった

米沢市を拠点に活動している特定非営利活動法人With優さんは、
フリースクールを中心に、就業支援としてカフェレストランや会員制居酒屋「結」を経営するなど、多角的・精力的に活動を展開しているNPO法人です。
9月15日に「With優フェス~With優 みんなで頑張るフェス~」なる文化祭を開催するというので、お邪魔してきました!

With優フェス2018 With優フェス2018

会場は、米沢南部コミュニティセンターの多目的ホール。
会場に近づくと、きれいな歌声が響いてきます。

With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018

ステージでは、フリースクールに通う生徒をはじめ、
その友だちや卒業生などによる発表が。
コーラス、演奏、ピアノの弾き語り・・・
内容もバラエティに富んで飽きさせません。

With優フェス2018

演奏が終わると、司会の青年が登壇してインタビュー。
笑いが起きる一幕もあり、楽しいステージが続きます。

With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018

会場には、展示や販売ブース、飲食コーナーなども。
手づくり感たっぷりで、ゆるくてアットホームな雰囲気は、
With優さんならではの素敵な空間でした。

With優フェス2018

来場した子どもに「おう!よく来たな」と優しく声をかけていたのは、
代表の白石祥和さん。(写真左)
With優を立ち上げ、次々に事業を展開してきた白石さんに、
今日のフェスについて聞いてみました。

「去年はフェスができなかったんですよ。今年は子どもたちからの『したい』という声もあって、なんとかできました。スタッフも生徒たちも、時間のない中でよく頑張りました。特にスタッフは、他の事業も多忙を極める中の準備だったので、大変だったと思います」

会場はゆるやかな時の流れを感じる和やかさがあるけど、
イベントを成功させるというのは、やっぱり大変なもの。
スタッフのみなさん、生徒のみなさん、関係者のみなさん、
楽しいひとときを、ありがとうございました!

■With優の新たな挑戦!
 平成30年度やまがた若者チャレンジ応援事業

With優フェス2018

受付に置いてあったチラシには、
With優さんの新たな挑戦が!

「今度、With優さんで新しいお店開くみたいだけど知ってっか?」
「はい、アクティー米沢の1階のテナントに今年の冬に入るんですよね?」
「んだ。まだ働いたことがなかったり、これから働こうとしている人がトレーニング出来る飲食店を出すんだってよ。小さい子も遊べる場所もあるみたいだから、子どもと一緒に行ってみっといいっさ」

なんと、飲食店をまたオープンするらしいですよ!

そしてそのチラシのうら面には、
「オリジナルの募金箱を設置してみませんか?」の文字。

With優フェス2018

With優で運営するお店で購入をすると、500円ごとにオリジナルコインを進呈。
そのコインを選んだ団体の募金箱に入れることで、1枚につき10円をその団体に寄付する、という仕組みをスタートするそうです。

「今は、コインの製造について準備を進めているところです。飲食店で提供するメニューもこれから決めていきます。居酒屋とはまた違うので、悩みどころですね」と白石さん。

■すべては地域のために
 そこで暮らす子どもたち、人々のために

今回は限られた時間の中でしたが、
それでもWith優さんの持つあたたかさとエネルギーを
ふんだんに感じることができた時間でした。

フリースクールだけにとどまらず、
居酒屋、レストラン、就業支援と活動の場を広げ、
さらに新店舗オープンと募金システムまで始めようという
その勢いは止まりません。
もちろん、始める数だけ”産みの苦しみ”もあるでしょうが、
新しい事業が産まれた後は、
また一回りも二回りも
まわりの笑顔が大きく広がるんだろうなぁ。
With優さんを訪問して、そう感じました。

With優フェス2018

2018.09.16:aisoho:コメント(0):[突撃訪問!]

庄内恋愛教習所 「見晴らしの丘 de ブルーベリーparty」

  •  庄内恋愛教習所 「見晴らしの丘 de ブルーベリーparty」

こんにちは!若者コンシェルジュ事務局のナンシーです。

平成30年度「やまがた若者チャレンジ応援事業」の企画提案で採択された庄内恋愛教習所(代表 三浦明弓さん)の一回目のイベントが、

7月15日(日)月山高原鈴木ブルーベリー農園で行われました。


『庄内恋愛教習所 【見晴らしの丘 de ブルーベリーparty】 夏の恋愛集団模試』 というテーマで、20~35歳までの独身男女が集まりました。

庄内恋愛教習所は、

  • 結婚相手ではなく恋愛相手を探したい!
  • 恋のハウツーを学びたい!
  • 自信をつけたい!
  • 友達を作りたい!

・・・そんな思いの方に 1回目の顔合わせのイベントから継続して参加する新しい出会いの場 を提供しています。


月山高原鈴木ブルーベリー農園

庄内恋愛教習所

複数回活動を共にして、様々なプログラムがお互いの真の魅力を知る機会となる・・・

のんびり、ゆるりとしたつながりが魅力の一つ。

無理なく、参加できるときに参加するという気軽さと仲間を思いやるルールがあり、

雰囲気がとってもよいのです。

庄内恋愛教習所

 



初回の集まりは、県内各地から集まった男女10名。ブルーベリーを食べながら、近くにいる人と会話を楽しみます。

 

月山高原鈴木ブルーベリー農園

庄内恋愛教習所

ブルーベリーを堪能した後は、5分程歩いて、見晴らしの良い展望台へ。緑と広がる台地を眺めながら、コミュニケーションの講師によるミニ講座が始まりました。

無理なく自然と会話する場となり、楽しい時間となります。きっと次もまた参加したくなりますね。

 

 


今回参加してなくても次回からの参加もOKだそう。

ご興味ある方は、ぜひお問い合わせしてみてくださいね。

 

庄内恋愛教習所

https://shonairenai.jimdo.com/

 

2018.07.22:aisoho:コメント(0):[突撃訪問!]

新庄市「のくらし」さんで赤紫蘇ジュースづくり!

  • 新庄市「のくらし」さんで赤紫蘇ジュースづくり!

こんにちは、事務局のミッチです。
毎日本当に暑い日が続きますね(+ +)

夏と言えば、、いろいろありますが、
私が特に欲しくくなるのが 辛いものと紫蘇ジュース なんです。

新庄市の「のくらし」さんで、「赤紫蘇ジュースを作ってみよう~!」というイベントがあるのを発見し、さっそく申し込んで行ってきました!

 

のくらし



5月にオープンしたばかりという、「のくらし」さん。
商店街の一角にあり、黒っぽい建屋が目を引きます。


中に入ると、まぁなんと ノスタルジックな素敵な空間!
今はなかなか見ることがない 足踏み式ミシンやちゃぶ台が置かれていて・・・

 

 

掲示コーナーに 若者支援コンシェルジュのチラシを置いてもらいました。
(ちゃっかり)

 

さて、本題の「赤紫蘇ジュース」づくりが始まりました!
教えてくださるのは、
一般社団法人「最上のくらし舎」代表理事の、吉野優美さん

赤紫蘇ジュースは、最上地方では一般的らしく、
昔から作られていたそう。

 

本日の材料。赤紫蘇、青紫蘇、塩、きび砂糖、酢!

 

作ってる時の写真はほぼないのですが(作ってたので)、
みんなで工程を楽しみました♪♪

 

吉野さんのお隣には、TV等でお見かけする方が!( ^ ^ )

 

最終工程、酢を入れることで 鮮やかなワイン色になるんだそうです。

 

そして、完成したのがこちら!

 

これを炭酸水で3倍に薄めると・・・

う~うまい!!

 

「今日は砂糖を多めにしましたが、作っていく中で、砂糖の量を加減したりしてくださいね。でもあまり少ないと、紫蘇の苦みが勝ってしまうので気を付けて」と、吉野さん。

詳しいレシピが欲しいかたは、「のくらし」さんまで問い合わせてくださいね。

 

「のくらし」さんでは、おいしいカフェメニューを味わえるほか、
貸しスペースもあり、お茶会をしたり展示・物販も可能だそう。
8月からは、ワンコインのパソコン教室も開催される予定のようです。

 

 

参加者の中には、小さなお子様連れの方がいたり、いろいろな出会いもあって
とっても楽しい時間でした。

今夏は はじめての手作り赤紫蘇ジュースで乗り切ります!^ ^
 

★のくらしさんのFacebook
https://www.facebook.com/nokurasi.omusubi/
 

 

 


 

 

2018.07.21:aisoho:コメント(0):[突撃訪問!]
1