HOME > 事業概要

若者サポーター那須泰志さんにインタビューしました!

  • 若者サポーター那須泰志さんにインタビューしました!

こんにちは!事務局のリエです!

若者支援コンシェルジュを支えてくれている、若者サポーターさんたち。これまでの相談の依頼には、本当に頼もしい成果を上げてくれています。

そんな若者サポーターへのインタビュー、第2回目は、那須泰志さんです。

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?
一般企業への勤務を経て数年前から現職。現在籍を置いているのはNPOを支援するNPOで、設立相談・運営相談・会計も含めたマネジメント支援等と支援内容は多岐にわたります。通常は、山形市市民活動支援センターにて支援業務を中心に活動しています。また、支援センターでの講座開催の他に、県内4地域でのマネジメント講座開催と個別相談対応を行っています。その他に、広報や記録用の撮影協力と写真と映像の提供も行っています。

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?
一般企業とは違った形・考え方での活動や事業、代表を含めた役員やそこで働く人たちの熱い想いに接することが出来ている事。

 

3.今までの失敗談はありますか?
運営やマネジメントに関する相談に来られる方たちは難しい状況で苦慮されている方が大半です。相談者には喜んではいただいていますが、思い描くような成果が出ることは稀ですし、失敗は支援者の責任で成功は相談者の成果と考えていますので、成功と言えることがないと思っています。

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?
「秘策」はないと企業時代から思っています。自責で考え自らのアイディアの合理性 と非合理性の両面を常に見つめながら行動し、真摯に人と向き合い人を動かすことがまずは第一歩と考えてきました。

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?
プロフィットセンターと呼ばれていたところでのマネジメント業務から、ノンプロフ ィットであることが存立条件のNPOで仕事をしている事

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。
一人でやれることには限界があることを、自身の支援業務と相談者の姿を通じ改めて感じています。成功した起業家の「バンドを組むように仲間と起業しろ」という言葉にたくさんのことが詰まっていると実感しています。

 

「一人でやれることには限界がある」だからこそ人の力を借りて前に進めるのかもしれません。那須さんの冷静で真摯なお言葉に、秘めた熱いものを感じました。

那須さん、ありがとうございました!

2018.09.20:aisoho:コメント(0):[事業概要]

バブルサッカー交流会 in 戸沢村

  • バブルサッカー交流会 in 戸沢村

こんにちは! 事務局のケイです。
秋と言えば…スポーツの秋!
9月の風を感じながら、バブルサッカーのイベントがあるということで戸沢村へとやってきました。

会場の戸沢村中央公民館へ入ると、受付で若いスタッフの皆さんが笑顔で出迎えてくださいました♪♪♪

「バブルサッカー」とは、どんなスポーツ?

あまり聞いたことがない「バブルサッカー」とは、いったいどんなスポーツなんだろう?
ちょっと調べてみました。
バブルサッカーとは、ノルウェーで生まれたBUMPER(バンパー)と呼ばれるバブルボールを身に付けてお互いに押し合いながらサッカーをする新しいスポーツ。2014年ごろ、日本に紹介され、今では全国各地に広まっているのだそう。

↑空気が入ったバブルボール。大と小のサイズがあり、これを身に付けてプレーします。

世界的に統一されたルールは特にはなく、日本では4人対4人、5人対5人で行われることが多いそうです。
そして何より、運動神経とかスポーツ経験はあまり関係なく
自分もボールのように転がったり、爆笑したりしながら楽しめるみんなのスポーツというところが新しい!
なるほど、なんだかとても面白そうな予感です。

バブルサッカー交流会のスタート

戸沢村や鮭川村、最上町、新庄市など最上全域から約30名の若者が集まり、開会行事では大場和夫協議会会長や来賓の皆さんのご挨拶がありました。

まずはじめに、戸沢村保健師さんによる「ケンコーミーティング」

ロコモティブシンドローム予防の講話では、全員真剣に耳を傾け、
そのあとは、ロコモ度テスト。
「貯金と貯筋は若いうちから」
適度な運動と十分な栄養が不可欠なんだと今さらながら納得です。

いよいよ試合開始

5人対5人で男女混合の5チームで試合に挑みます。
試合時間は前半5分、後半5分の計10分。
今日は特別ルールとして、音楽が流れている間だけ得点が2倍になるというボーナスタイムが!

はじめは恐る恐るプレーをしていた参加者たち。でも、若い人たちは違います。
バブルボールの感覚に慣れるにつれ、だんだんと動きもスピードアップ! 速い速い!
ぶつかったり、転がったり、一回転して起き上がれなくても全然平気wink
ボールを蹴る迫力にも拍車がかかってスリル満点★★★
笑いあり、拍手あり、歓声が上がり、会場のムードも最高潮。とても盛り上がりましたyes

鮭川村から参加した女性は、
「最初は怖かったけれど、バブルボールのビニールが予想より厚くて、ガードがしっかりとされていて、ぶつかっても痛くないから安心した」とのこと。
戸沢村から参加した女性2人組みは、
「顔に当たらないから、意外と安全にプレーができて面白い」、「男女関係ないし、サッカーの経験がなくても、運動神経も関係ないから、またやってみたい!」と満面の笑みで答えてくれました。
そしてなんといっても、この会場の一体感がとてもいい雰囲気。

私もエキシビジョンマッチに出場し、(若干若者ではなかったので)試合時間を短くしてもらってプレーしました。汗びっしょり。
面白くて、楽しくて、新感覚の体験をさせてもらいました。

芋煮会でお腹も満足!

バブルサッカーで体を動かしたあとは、美味しい芋煮を食べながら、さらに若者同士の交流を深めました。
しょうゆ味とみそ味の2種類の芋煮がふるまわれ、秋空の下、笑いが絶えない楽しいひと時を過ごしました。

最上地区では初めての開催となる「バブルサッカー交流会」は、今年度「やまがた若者チャレンジ応援事業」採択団体の「山形県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会最上地区協議会」が主催のイベントです。
市町村の垣根を超えて、気軽に体を動かせるバブルボールを活用した健康づくりの推進や若者同士の交流を目的として活動されています。

最上8市町村の記念すべき1回目のバブルサッカー交流会でしたが、これからますます盛り上がっていくことに違いありません!
次回は11月4日に最上町で開催されます。
たくさんの人と出会えて、本気で楽しめるスポーツイベントです。
ぜひ参加してみてくださいね!

2018.09.19:aisoho:コメント(0):[事業概要]

若者サポーター堀川敬子さんにインタビューしました!

  • 若者サポーター堀川敬子さんにインタビューしました!

こんにちは!事務局のリエです。

若者支援コンシェルジュ事業がはじまって、2か月がたちました。相談なども徐々に舞い込んできております。少しずつ認知されてきている実感が・・・。そんな若者支援コンシェルジュを支えてくれている10人の若者サポーターさんに、インタビューしました。

第1回目は、堀川敬子さんへのインタビューです。

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?
NPO法人では県から受託してコミュニティビジネスの啓発事業を行ってきました。個人でも地球温暖化防止活動や男女共同参画に関する活動、青年事業などに関わりました。また、県や市の審議会等に参加し意見を求められる機会が増えました。

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?
活動を通していろいろな人や団体と関わる機会を得たことで、自分の視野と活動範囲がぐんと広がりました。いまだにお付き合いしている方が多いのは、一緒に事業を行ったことが大きいように思います。私が結婚出来たのは、NPO活動を行ったからだと言っても過言ではありません。(笑)

 

3.今までの失敗談はありますか?
例えば講座を企画したものの人が集まらなかった、なんてことはよくありました。

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?
まずは「始めてみること」「面白がること」だと思います。まちづくりの活動に間違いも失敗もないと思って取り組んできました。すべてが学びになります。また「来るもの拒まず、去るもの追わず、されどまた来たら受け入れる。」このくらいのゆるさで人と繋がると楽ですよ。更に、私の場合は「直に」がキーワードでした。例えば、講師やスタッフをお願いする場合、出来るだけ直接会って交渉しました。

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?
県内NPOの有志で「山形まちづくり学校」を組織し、まちづくりや生涯学習活動に関わる上で必要とされるコーディネート能力を身につける人材育成事業を行いました。(山形県生涯学習文化財団からの事業受託)単なる座学ではなく、途中トライアル事業を盛込み、受講生が実際に企画・運営・検証を行う内容でした。その初代事務局を担い、それまでに例のない画期的な講座内容だっただけにかなり大変でしたが、でも実に面白かった!

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。
人と出会って刺激しあって化学反応が起きます。自分がかけたエネルギー(時間、お金、気持ち 等)は必ずそれに比例して結果をもたらします。そしてそういった姿を誰かが必ず見ていてくれる。まずは声を出しましょう。行動しましょう。未来は今の自分が作るのですから。

 

「未来は今の自分が作る。」堀川さんのお言葉に何かできそうな気がしてきました。皆さんも未来を作るため、なにか始めてみませんか?

堀川さん、ありがとうございました!

2018.09.13:aisoho:コメント(0):[事業概要]

ユニバーサルマナー検定3級講座を受講してきました!

  • ユニバーサルマナー検定3級講座を受講してきました!

こんにちは! 事務局のリエです。

山形県で初開催となる、第1回ユニバーサルマナー検定(3級)を受講してきました。

そもそも、ユニバーサルマナーってなんだろう?

爽やかな風の吹く中、受講会場の南陽市の赤湯公民館「えくぼプラザ」へと行ってきました!

会場に入ってみると、テレビ局のカメラや記者の人達の姿が。
このユニバーサルマナー検定の注目度の高さを感じました。

 

講師は一般社団法人山形バリアフリー観光ツアーセンター代表理事の加藤健一さん。
スーツ姿がバッチリ決まって素敵です★★★

 

会場に集まったのは25人。
高校生からご年配の方まで、幅広い年齢層の方々が参加していました。

セミナーでは
・マナーとは何か
・ユニバーサルマナーとは何か
・なぜユニバーサルマナーが必要なのか

その歴史や時代と共に変化してきた人の意識と環境の変化、
そして、今の日本の現状や私たちに求められる姿勢と心得の講義がありました。

どんな人がどんなことに困っているのか。

皆さん、真剣に加藤さんのお話に耳を傾けています。

その後も、高齢者や障がい別の日常生活における困難や不便なことを知り、
声がけするときの注意点、迷った時の対応などを学び、
それはもう、目からウロコの連続でした。

 

講義が終わってからは、グループに分かれて演習問題に取り組み、
みんなで意見を出し合い共有しました。

私のグループでは、
「なんだか自分たちが今まで思っていたこととは違う」
「良かれと思ってやっていたことが、逆に相手の負担になっていたかもしれない」
「こういうときは、こんな風に声掛けすると良いんだね」
気づきの意見がたくさん出ました。

 

ちょっとした「こころづかい」「さりげない配慮」

自分とは違う誰かの視点に立ち、
ユニバーサルマナーの実践に必要な「マインド」と「アクション」を身に付けるという良い機会となりました。

 

女の子と車いすに乗った男の子が手を繋いでいるロゴマーク。

これは、一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会のロゴマークなのですが、
協会の代表理事であり、株式会社ミライロの代表取締役社長でもある垣内俊哉さんの実体験をもとにしてデザインされたそうです。

その経緯に感動して胸がジーンと熱くなりました。

そして、無事に3級の認定証をもらいました!! 

皆さんも気軽にこのユニバーサル検定を受けてみませんか?
きっと新しい気づきがあると思います!

 

一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会

http://www.universal-manners.jp/

一般社団法人山形バリアフリー観光ツアーセンター

http://yamagata-bftc.jp/

 

 

2018.08.24:aisoho:コメント(0):[事業概要]

第1回テーマサロンを開催しました

  • 第1回テーマサロンを開催しました

昨日は第1回テーマサロン「チームを楽しむミニゲーム」を開催。満員御礼の中、YBCさんのTV収録もあり、にぎやかな一日となりました。

 

 

テーマゲストの佐藤恒平氏のレクチャーで実施したボードゲームでは、全員が遊びに集中して声を出し、コンプリートすると歓声が。サイコーに盛り上がりました!



 


 

その後のフリートークは、ゆるっとした空気の中ですすみ、
あっという間に終了時間の16時。
そして全員が帰路についたのはその1時間後。
みなさんたっぷりお話していただいて、サロン冥利につきます(^ ^)。

庄内町や米沢市、新潟県など遠方からいらして下さった方もおり、
初回から感謝感謝のサロンとなりました。

参加くださった皆さま、本当にありがとうございました!

次回サロンもテーマを決めて実施したいと思いますので、楽しみにお待ち下さいませ♪♪

2018.08.23:aisoho:コメント(0):[事業概要]