ワイン遠征【山形市 プチノエル】

  • ワイン遠征【山形市 プチノエル】
ワイン教室という名の飲み会に参加して
はや1年以上、まったく進歩の見られない私。

今回、友人の友人からのお誘いで
定期的に楽しく飲んでいる別の集まりにお邪魔してきました
と言ってもこれまた遠い記憶のお話^_^;

でも、まだきっと続けているはずです

ワインの味なんてわからぬ私は
「おいしく飲んでおいしく食べる」
これをモットーに参加

味の違いはわかるのですがそれ以上もそれ以下もわかりませぬ…
スパークリング・白・赤全部で8種類を堪能してきました



カルパッチョ
いつものワイン教室はアットホーム
こちらはシェフの作った本格料理

たまにはこういうのもいいですねぇ~



確かスズキを使っていたと思います
料理名はすっかり記憶から欠落・・・
おいしかったことだけ記憶にあります

「プチノエル」
住所:山形市七日町2-3-12 協和ビル1F
電話:023-623-8350
営業時間:ランチ11:30~14:30
     月~土18:00~22:30(L.O
     ※金曜日のみ23:30(L.O)
定休日:日祝日

わからないねぇ、ワインの良さ

ほぼ毎日ワインを飲んでいると、当然ビミョ~な違いが分かってくるでしょう。
そして料理との組合せで、そのビミョ~な差が大きい差となって感じられる。
そうなると甘いワインなんてキモチワルくなってくる、 だろうな。
前も書いたかも知れませんが、戦後売られていたワインと言えば寿屋の赤玉ポートワイン! 
これはワインみたいな液体に砂糖をたくさんぶち込んだもの。と言われる。
日本人には大受けしたらしい。それがワインの味だと信じていた。
で、成功した会社は赤丸のマークを太陽(サン)とみなして、社長の名を使い、
サン鳥井 → サントリーと社名を作ったとかや。

『カルパッチョ』: どっかで聞いたことあるなあ。ひょっこりひうたん島だったかな?
2009.02.26:Yamamoto:[編集/削除]

ひょっこりひょうたん島って…

ドン・ガバチョ??のことですか?
あれ?そんなキャラいませんでしたっけ??

2009.02.28:わたなべ:[編集/削除]

ドン・ピシャリです!

その赤玉ポートワインが出ていたころは、庶民には肉は、ほとんど
関係ありませんでした。そのころかな? 日本では「お肉」って敬称を付けて扱っていました。今では毎日でも食える。
とは言え、吉野家では牛ドンに合わせてワインは出さないようです。ナゼ? どうして?
2009.02.28:Yamamoto:[編集/削除]

ワイン自体がまだ…

そう好み飲まれているわけではないでしょうからねぇ
それなりのブームはきたとは思いますけど・・・

もっともっと大衆的になると出てくるのかもしれませんねぇ
「吉牛ワイン」(笑)
2009.03.01:わたなべ:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 232件
昨日 418件
合計 1,594,883件