天空の城イナワ 【秋田県湯沢市稲庭町 稲庭城】

  • 天空の城イナワ 【秋田県湯沢市稲庭町 稲庭城】
キレイな虹がでてます。
私と虹のコラボ300%似合います!!
別に深い意味はありません・・・

攻め落とすにもかなり大変そうな山にそびえる!?城。
マチュピチュを思い出します…ペルーにまた行きたいなぁ。



眼下には稲庭ののどかな田園風景が望めます。
殿さまになるって結構いいかも??

でも、城下へ遊びいくのかなり大変だなぁ~。

稲庭城
住所:秋田県湯沢市稲庭町字古舘前平50
電話:0183-43-2929

こんなに間近に虹が!!

まるで樹のすぐ後ろから虹が立ち上がっているように見えます!
こんな光景に遭遇したことがありません!

高校時代の参考書を思い出し引っ張り出して確認したところ、
虹が七色に光を出す理論を初めて明らかにした人は、なんと
あのデカルトだそうです。デカルトと言えば、デカンショ、
デカンショで半年暮らす、ヨイヨイ!で知られるデカルト、
カント、ショーペンハウエルの一人である哲学者ですが、昔は
哲学・科学の区別はなかったのでしょう。
彼の理論によると、空中に浮かんでいる水滴がプリズム的に
作用し白色光が七色に分光されるのですが、結果 本来の
虹の上に、第二の虹が薄く出ているとか。(色の順序は逆)

虹が森を背景に弧を描いていることにより、雄大な空間が感じ
られます!
2008.12.14:Yamamoto:[編集/削除]

何度もありがとうございますコメント(笑)

高校時代の参考書って・・・
よく持っていましたね!!そちらに驚きです。

デカルトは名前を聞いたことしかありませんが
「虹の人」だったのですねぇ。他にもあるでしょうが・・・有名な哲学者ですから。

虹を見かける機会が以前よりも増えているような気がします。
2008.12.15:わたなべ:[編集/削除]

これでわが心も晴れました!

前回のコメントを書いているときは気づかなかったのですが、
ほんとうに虹の画面の左上隅に第2の虹が見えますね。
2008.12.16:Yamamoto:[編集/削除]

気付かなかった…

うっすらと確かに第二の虹がありますねぇ。
何という幸運!!

得した気分感でいっぱいです。
しかし、よく気付きましたねぇ~さすがです。
2008.12.21:わたなべ:[編集/削除]

理論的には、さらに

理論的には、さらに第3、第4の虹が出ているのですが、
太陽の側にあり、まぶしいので、肉眼では見えないとか。
反射を繰り返してのち出来るので、薄くて、巧妙に太陽
を遮蔽しても、肉眼では見えないでしょう。

今日横浜では、生暖かい風が吹いていて、まるで春一番!?
2008.12.21:Yamamoto:[編集/削除]

今年は暖冬なのでしょうか?

毎年そういいながら・・・しっかりどっさり降るものは降る!
一気にではなくて小出しに降って欲しいものです。
2008.12.25:わたなべ:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 527件
昨日 669件
合計 1,525,460件