「再建築不可物件」に関して・・・

安い中古物件で「再建築不可」と表示されているものがあります。

これは文字通り、「再建築」=「新しく新築」することが出来ない物件です。
なぜに再び建てることが出来なくなっているか?というと・・・

「建築基準法」という法律があり、都市計画区域内おいて基本的に
道路に2m以上接道していないと建物が建てられないことになっているから
です。この接道義務を果たしていないために再建築不可の物件が大半です。

『買っちゃいけないのか?』

というと、そうではありません。

コストを極力抑えたい人にはよい物件だと思います。
通常の物件に比べて、3~5割程度安いものが多いです。

「再建築不可」物件は、再建築が出来ないだけでリフォームは可能です。
極端な話、昔の柱や壁を残した状態で新築に近い形にすることも可能!!

しかし・・・結構ムリがあり、逆に金かかるかもしれません(笑)
あとは、火事などにはじゅうぶん気をつけないと燃えたら終わりです。苦笑

可能性は薄いのですが・・・
「再建築不可」物件も建築可能にできることがあります。

たとえば、接道義務を果たしている隣地を購入することができれば
自分の土地も含めて再建築可能となります。
そうなれば、買った当初よりも土地価格が上昇する可能性があります。
でも、その隣地を買う際に高い値段を言われる事もあるかも・・・

収入面もあることとは思いますが不動産は安さだけを追及しないで
それぞれのライフスタイルに合わせてお選び下さい。

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 301件
昨日 670件
合計 1,534,096件