セピアが似合う街 クスコ

  • セピアが似合う街 クスコ
街のカラーももともとセピアチックなのだけど・・・道路は石畳になっている場所が多い。
これがまた趣き深い。

インカ帝国がアンデスに君臨した15世紀半ばから1世紀、その首都として繁栄を極めた。
黄金で覆われた神殿や宮殿が立ち並んでいたらしい。

そのインカ帝国は、「エル・ドラド」の夢に取り付かれたスペイン人により、
16世紀から侵略されて滅んでしまうのである。まさに悲劇。

現在のクスコはスペイン人が築いたものだが、建築物の土台にはインカ時代の
堅牢な石組が見られる。

人口のほとんどが先住民のインディオで、毎年6月に太陽の祭りがあるので
この時期に行くのがよいでしょう。

*「エル・ドラド」とはアンデスのどこかに眠ると伝えられる黄金の都で、そこでは
人々は皆黄金で身を包み、街には金銀財宝が満ちあふれ、湖には金が満ちているという伝説。

2006.03.01:[ ⇒ ペルーの記憶]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 49件
昨日 853件
合計 1,533,174件