空が泣いた日

  • 空が泣いた日
3月11日・・・私は仙台におりました

本当は前日に行く予定が忙しく行けずに
お昼を食べてから仙台へと電車に乗り向かいました

市街から少し離れた山手の駅で電車を乗り換えようと降りた時に
地震速報メールのあとすぐに地震発生!!

その場で踏ん張って耐えることできない地震は初めての体験で
時間にしてどのぐらいだろうか?1~2分??
ずいぶんと長く感じましたが周囲に何もない場所にいたので
状況がつかめずとりあえず目的地に行くことに…



天井が抜け落ち…



ガラスも粉々に…



壁も崩壊・・・
この物件と隣接マンションを調査に行ったのですが
部屋から慌てて飛び出した住民たちが外に震えながら茫然としていました

このような状態では調査は行うまでもなく終了
しかし帰ろうにも既に電車は終日運休

既に停電していたので情報は何も入らず
携帯もこんな事態になると思わないので充電も中途半端…
会社に何度も連絡してもつながらず
周りの人は使えているのに自分は山形の携帯だから?などと思いながら

街中の状況がわからないので様子見がてらに
バスなら動いているだろうと思い仙台中心部へ歩いて戻ることに



途中、塀も倒壊

歩いていて寒いことは寒かったのですが
雪の降る気配なんてなかったのに街中へ近づくと猛吹雪に…
もともとの気候なのか?
地震の影響なのか?

その時はまだ私はいつもより少し大きい地震程度に思っており
早く帰ろう!そう思っておりました・・・
2011.03.13:[徒然な記憶]

仙台におられたとすると

震源により近いところにおられたのですね!
出張中の地方が地理に疎いところの場合は、たいへんです。
山形でも被害はかなりあると思われます。
この記事を書いた時点では無事だったのですね。
津波に直撃されなくても、落下物で重傷を負う恐れがあり、
身の守り方は極めて重要です。こんなコンクリ破片が落ちて
くるとは! よく覚えておきます!
津波による被害はテレビで報道されていて明らかですが、
仙台市内の家屋の倒壊はどの程度でしょう!
耐震構造が普及しているとの評価が報道されていますが。

まったく、地震発生直後では、全体像が分かりません。
一夜明けてだんだんと詳細が分かるにつれ大変な災害で
あることが確実になりました。広域にわたる自然災害は
いつもこのような経過になりますね。
横浜でも大きく揺れて、家屋が倒壊するか?と感じたほど
でした。テレビ報道では新潟、長野・茨城、神奈川と次次
に新しい震源での地震が速報されていて、日本半分が地震
にさらされている印象でした。なお「神奈川震源」は速報
用の未精査なしによる誤報でした。

まだ春になっていない東北での大地震と大津波。たいへん
きびしいことになっております。

以上、とりあえずの地震お見舞いといたします。

2011.03.13:Yamamoto:[編集/削除]

無事です

もうすでに山形に戻り
電気も復旧したのでこうやってブログを書いたりしています

山形の被害は茨城や東京よりも少ないかもしれません
これからの物資や燃料の供給や経済的な影響など
他の部分での心配が残るところです

雪が融け始めている時期だったのが不幸中の幸いで
これが冬真っ只中なら建物倒壊など深刻になっていたと思います

まだまだ災害は起きたばかり
耐え忍びながら活路を見い出すしかありません
2011.03.13:わたなべ:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 590件
昨日 666件
合計 1,527,505件