HOME >  ⇒ ペルーの記憶

偶然!!山火事発見

  • 偶然!!山火事発見
マチュピチュの遺跡を観にいった時の出来事。

さすがは「空中都市」といわれるだけあり山の上で景色もいいなぁ~
などと写真を撮りまくっておりました。

英語のガイドはわからないが、わかる部分を食い入るように聞きながら
あちこち回っていると・・・なんだか騒がしい。

あ!山火事・・・


こんな感じに燃えておりました。
同じ場所をアップで撮った写真です。

ヘリでしか消火は無理でしょうがどうなったのかは不明です。
消えたとは思うのですが・・・次の日、山火事のために遺跡への立入りは禁止。
一日遅れていたら旅のメインでもあるマチュピチュを観ずに
帰国することになるとこでした。




セピアが似合う街 クスコ

  • セピアが似合う街 クスコ
街のカラーももともとセピアチックなのだけど・・・道路は石畳になっている場所が多い。
これがまた趣き深い。

インカ帝国がアンデスに君臨した15世紀半ばから1世紀、その首都として繁栄を極めた。
黄金で覆われた神殿や宮殿が立ち並んでいたらしい。

そのインカ帝国は、「エル・ドラド」の夢に取り付かれたスペイン人により、
16世紀から侵略されて滅んでしまうのである。まさに悲劇。

現在のクスコはスペイン人が築いたものだが、建築物の土台にはインカ時代の
堅牢な石組が見られる。

人口のほとんどが先住民のインディオで、毎年6月に太陽の祭りがあるので
この時期に行くのがよいでしょう。

*「エル・ドラド」とはアンデスのどこかに眠ると伝えられる黄金の都で、そこでは
人々は皆黄金で身を包み、街には金銀財宝が満ちあふれ、湖には金が満ちているという伝説。

こんなでかい石をどうやって・・・  ~ペルー~

  • こんなでかい石をどうやって・・・  ~ペルー~
「サクサイワマン」の遺跡

標高3300メートルの高地にある都市、クスコ。
そのクスコの東側にある市街地を見下ろす頂きに築かれた城塞の跡。

インカ帝国軍とスペイン人の争いがあった面影は今はなく市民の憩いの場となっている。
驚くべきは・・・クレーン車や鉄製の車輪の車がない時代に
こんなでかい石をどうやって運んだのか?それも1個や2個ではなく数百という数を。
インカ帝国はエジプトに匹敵するミステリーの宝庫です。

俺の身長が180cmなので岩のでかさがわかると思います。
たぶん1個数トン~数十トンあると思うんですよねぇ。


サクサイワマン遺跡から見下ろしたクスコの街
この街の茶色と空の青さのコントラストがすごく感動なのです。

何に見えるでしょうか????

  • 何に見えるでしょうか????
この山は何に見えますか?
これで、あなたのインカ人度がわかります(笑)














正解は・・・
「コンドル」
山をこんな風に改造しちゃうとは、インカ帝国は壮大だなぁ~って
わけのわからん関心をしたものです。囲い方は正確かはわかりませんが・・・


なぜにコンドル?
理由はあると思いますが、ガイドが英語だったのでわかりませんでした。
簡単な英語しか理解できないもので・・・語学力の乏しさを毎回海外にて悔やんでおります。

ペルー ピサックの日曜市

  • ペルー ピサックの日曜市
ウルバンバ川のほとりの小さな村。
日乾しレンガの家々に囲まれた広場の中で行われる日曜市。

たくさんのインディオ達がいます。

地元の人や観光客用のお土産市が開かれている広場。
広場に所狭しと並ぶのは圧巻です。
雑多な雰囲気がい~感じ。民族衣装を着た人がたくさんいて目にも鮮やかです。

値引き交渉も楽しめますよ~。

*ツアーだとお昼ご飯もついているのですが、果物は食べないようにしましょう。
日本人だとお腹を壊すこと間違いなし!
友達が旅行中ずっと大変な思いしてました。苦笑
今日 323件
昨日 1,100件
合計 1,498,251件